LBSTとテュフズードの年次評価:2015年は世界で新たに54の水素供給ステーションが開設

ミュンヘン。2015年、世界では新たに54の水素供給ステーションが開設されました。2016年1月時点で、稼動中の水素供給ステーションは合計で214か所です。この数字はLudwig-Bölkow-Systemtechnik(LBST)とテュフズードが運営するウェブサイト、H2stations.orgによる8回目の年次評価から明らかになりました。より高密度な水素供給インフラを開発する具体的な計画が、いくつかの国々で進められています。2015年は大きな進歩の年となりました。

 

2015年に開設された54のステーションのうち、48か所は公的に利用可能な施設です。それ以外は、バスへの供給や、多数の車両を所有する顧客向け専用となっています。北米で開設した7つのステーションはすべてが公的に利用可能で、そのうち6つはカリフォルニア、1つはコロラドに位置しています。最も多く開設されたのは日本で、28か所すべてが公的に利用可能なステーションです。欧州では19か所が開設され、そのうち4つはドイツにあります。ドイツでは水素供給ステーションの数が34か所まで増加しており、そのうち21カ所は公的に利用可能です。LBSTが入手した情報によると、欧州は95、北米は50、南米は1、オーストラリアは1、アジアは67の水素供給ステーションがそれぞれ稼動中です。公的に利用可能なステーションは世界で121か所にのぼります。

さらに、104のステーションの開設がすでに発表されており(米国35、日本5、欧州64、うち34がドイツ)、今後さらに増えると見込まれています。欧州において、水素供給ステーションの数が最も多いのはドイツ(34)で、英国(14)、デンマークとフランス(各9)、ノルウェー(6)が続きます。フランスのステーションは多数の車両を保有する顧客向けですが、それ以外の国々のステーションは公的に利用可能です。

インタラクティブな地図と個別の分析
ウェブサイトH2stations.org(www.H2stations.org)は、インタラクティブな地図を利用して、最近の変更の概要を含め、稼動中、開発中、閉鎖済みのすべての水素供給ステーションを一覧化しています。H2stations.orgは、すでに閉鎖されたステーションに関する情報に加え、水素インフラの開発の歴史を読むこともできる、とてもユニークなサイトです。

このサイトは、新しいステーションの情報を継続的に更新しているデータベースや、既存のステーションに関する最新情報などを活用し、全体で約644の供給ステーションに関する詳細な情報を提供しています。「データの収集に費やされた努力は多大なものですが、私たちはこれらをウェブサイト上で、非商業的な利用向けに無償で提供しています」と、LBSTのマネージングディレクター、Uwe Albrechtは述べています。

「プロのユーザーは、より詳細な情報や新しい開発に関する定期報告、個別分析などのデータのライセンスを取得することができます」。加入者は、LBSTのサービス「Market Cockpit Hydrogen(マーケット・コックピット・ハイドロジェン)」の一環として、四半期ごとに更新される関連諸国における水素供給ステーションのデータや、市場や水素技術に関する最新ニュースを3カ月ごとに入手できます。

水素・燃料電池のための情報とサービス
テュフズードとLBSTは、水素・燃料電池のポータルwww.netinform.de /H2を共同で運営し、プロのユーザーや関心を持つ一般会員向けに、豊富な情報とサービスを提供しています。このポータルはウェブサイトwww.H2stations.orgとwww.H2mobility.orgから構成され、後者は1807年にまで遡るあらゆる水素自動車の歴史や、専門家向けの幅広い情報、規格や規制に関するガイドなどを提供しています。

Ludwig-Bölkow-Systemtechnik GmbH(LBST)は、持続可能なエネルギーとモビリティを専門とする国際的な専門家コンサルタント会社です。当社は、専門知識で技術と市場、戦略を結び、製造、金融、政策から非政府組織まで、国際的なクライアントの戦略、実現可能性、市場評価をサポートしており、その確実な判断には国際的な優良企業からも厚い信頼が寄せられています。LBSTの最先端の能力は、30年以上にわたる継続的な実績と、一流の専門家から成る学際的なチームを基盤としています。

水素供給ステーションのすべての地図(世界、欧州、ドイツ、北米、アジア)は、 www.tuv-sud.com/pressphotosから高解像度でダウンロードできます(「Hydrogen」で検索)。Ludwig-Bölkow-Systemtechnikおよびテュフズードに関する詳細は、www.lbst.deまたはwww.tuev-sued.de/wasserstoffにてそれぞれご覧いただけます。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. テュフズードジャパン株式会社
  4. >
  5. LBSTとテュフズードの年次評価:2015年は世界で新たに54の水素供給ステーションが開設