エリクソンのクラウドシステム、ハイパースケールへとアップグレード

• クラウドの需要が高まる反面、クラウドへの移行はセキュリティとガバナンスの懸念により鈍化
• 新しいソフトウェアとハードウェアを追加してスピードと制御面を改善し、高度なガバナンスとセキュリティを備えたハイパースケールクラウドを実現したエリクソンのクラウドシステム
• 通信事業者に、NFV、IT、商用クラウドを含む最新の自動化ITに重点を置いた競争力あるクラウドベースサービスを提供する機会を提供
世界有数の大企業ではクラウドがもたらす迅速性、運用規模、経済的効果への期待が高まる反面、セキュリティとガバナンスの懸念があるためクラウドへの完全な移行が遅れています。

エリクソン (NASDAQ: ERIC) は、自社のクラウドシステムに多くの企業の懸念を払拭する新しいソフトウェアとハードウェアを導入することを発表しました。複数のクラウド間で連係し今までにないレベルの性能、運用性、コンプライアンス、経済性を創出するこのアップグレードは、通信事業者とその大手法人顧客の差別化と付加価値をもたらします。

エリクソンのクラウドシステムの新製品には、Intel® Rack Scaleアーキテクチャベースで構築されたEricsson HDS (Hyperscale Datacenter System) 8000、Ericsson Secure Cloud Storageと、出資先のApceraの資産を活用してハイブリッドクラウドに世界最高水準のポリシー設定に基づき動作するプラットフォームを提供するEricsson Continuum®が含まれます。
 
今回のアップグレードによりデータ、アプリケーション、分散クラウドインフラが自動化され、セキュリティとコンプライアンスの管理が可能になることで、グローバル企業のポリシー要件と地域固有の法令の遵守が確保されます。エリクソンのクラウドは、これらの新技術を導入した企業からの信頼を迅速に構築できるプラットフォームです。

新世代のハイパースケールデータセンターシステムであるEricsson HDS 8000は、Intel® Rack Scale アーキテクチャによるハードウェア分離のアプローチを採用し、効率性、使用率、自動化、所有コスト面で大幅な改善をもたらします。

 エリクソン・グループ代表取締役社長兼CEOのハンス・ヴェストベリ (Hans Vestberg) は、次のように述べています。「ICT業界の技術の発展は指数級数的ですが、インフラ投資は同じようにはいきません。エリクソンはインテルや他の業界リーダーとともに、ソフトウェアとハードウェアの両方にハイパースケールというアプローチを適用し、全体のアーキテクチャと経済性の両面から、将来のデータセンターのコンセプトを再創造しています」
 
インテルコーポレーションCEO、ブライアン・クルザニッチ (Brian Krzanich) 氏は次のように述べています。「企業間の連携を通してネットワークインフラを変革し、通信、クラウド、データセンターのサービスの提供を推進することは、産業全体にとって重要です。インテルとエリクソンによる努力と、エリクソンによるIntel® Rack Scale アーキテクチャの導入は、データセンターの継続的なイノベーションを促進することでしょう」
 
HDS 8000は光インターコネクトを使用します。ハードウェア分離アーキテクチャと光インターコネクトを組み合わせることで、従来の電気的接続に起因する距離と容量の制限を取り除きます。これによってリソースのプール化効率を上げ、使用率、エネルギー消費が改善されます。
 
事前統合型データサービスのポートフォリオであるEricsson Secure Cloud Storageは、ポリシー設定に基づき動作するハイブリッドPaaSレイヤを補完し、ウェブスケールの開発や大量データを使用する新規アプリの導入を効率化します。Secure Cloud Storageは、最先端のクラウドソフトウェア・データベースを導入し、従来のリレーショナルデータベースをウェブスケールのビッグデータNoSQLデータベースに拡張します。エリクソンはこの分野で、ウェブスケールオブジェクト・ストレージの最大手であるCleversafeと提携しています。今回エリクソンは、ポリシーベースのアクセス制御でキャリアグレードのデータとシステムのセキュリティとデータのインテグリティを保証するセキュアオブジェクト・ストレージを初めて採用します。

Ericsson Continuum®は、ハイブリッドクラウドをサポートしてアプリの展開、オーケストレーション、ガバナンスを実現する、ポリシー設定に基づき動作する独創的なPaaSです。複数のクラウドに対するハイブリッドアプローチをサポートするEricsson Continuum®は、強力なITガバナンスと制御を通じて、グローバル企業によるパブリッククラウド、プライベートクラウド、産業クラウドのインフラ・リソースを活用した最高レベルの性能、アジリティ、スケール、コスト効率、コンプライアンスの実現を支えます。Ericsson Continuumはまた、Dockerコンテナの確実な導入もサポートします。
 
エリクソンのクラウドシステムは、エリクソンネットワークのソフトウェアリリース15BでOPNFVをフルサポートし、テレコムクラウド運用の変革を成功に導きます。新しいソフトウェア全体の提供開始時期は第2四半期となります。HDS 8000の提供開始時期は第4四半期となります。

 今回のバルセロナのMWCで、エリクソンはデジタル産業化戦略の実現方法、そしてそれを実現するための数多くの製品とソリューションをご紹介しています。エリクソンクラウドに関する詳しい情報はhttp://www.ericsson.com/cloudをご参照ください。

エリクソン:Mobile World Congress 2015

スペインのバルセロナで開催されるMobile World Congress 2015で、エリクソンは世界トップレベルの技術、サービス能力、イノベーションをご紹介します。ネットワーク化社会はすべての産業に変革をもたらします。ICTを活用したツールは、今や企業、人々、社会の日常に欠かせない基本的なリソースとなりました。エリクソンは、モビリティ、ブロードバンド、クラウド分野の発展を導くハードウェア、サービス、ソフトウェアソリューションを通じて新たなエコシステムの基盤を築き、あらゆる産業に本質的な転換をもたらします。この転換がもたらす変化はすべての人々の利益となります。だからこそエリクソンは、今年のMobile World Congress (MWC) で、ネットワーク化社会におけるチェンジメーカーがデジタル体験を進展させる機会についてお話しします。
エリクソンのブースは、MWCのホール2、スタンド2N60です。イベント期間中は@Ericssonでエリクソンをフォローし、また#MWC15で議論にご参加ください。イベント中はエリクソンの専門家やネットワーク化社会の唱道者の見識もエリクソンのブログに掲載されます。

報道関係の皆様へ

エリクソンのクラウドシステム
エリクソンのクラウドシステムは、複数の産業にまたがる作業負荷をすべて処理するフルスタックのソリューションです。スタック内の各レイヤーは、上位または下位のレイヤーとは独立で提供できます。これらをセキュアストレージなどのコンバージドサービスに組み合わせて付加価値をもたらすことも可能です。
Ericsson Cloud Managerをベースに動作する本ソリューションは、次々と出現する新規サービスに求められる要件に対応するために必要なネットワークの柔軟性を、サービスプロバイダーに提供します。エリクソンによる市場最先端の取り組みに関する情報は、下記のリンクをご参照ください。
エリクソンクラウド(英語)
http://www.ericsson.com/spotlight/cloud

ホワイトペーパー(英語)
http://www.ericsson.com/news/150227-next-generation-data-center-infrastructure_244069647_c?categoryFilter=white_papers_1270673222_c

高解像度の写真とブロードキャスト品質の動画は以下でご覧いただけます。
http://www.ericsson.com/press

エリクソンは通信技術とサービスを提供する世界有数の企業として、ネットワーク化社会 (Networked Society)の実現を目指して邁進しています。エリクソンは世界中の大手通信事業者との長期的な関係を通じて、人々、ビジネス、社会がそれぞれの可能性を追求し、持続可能な未来を創成しようとする取り組みを支援していきます。
エリクソンのサービス、ソフトウェア、インフラストラクチャ、特にモバイル、ブロードバンド、クラウド分 野におけるそれらの技術は、通信とその他の分野における事業の改善、効率の向上、より良いユーザー体験の提供、新しいビジネス機会の創造を実現します。
180 カ国で事業を展開し、11 万5000 人を超える社員を擁するエリクソンは、グローバルな事業規模と、テクノロジーおよびサービスにおけるリーダーシップを備えています。エリクソンは今日、25 億人を超えるエンドユーザーへのサービスをサポートしています。世界のモバイルトラフィックの40%以上がエリクソンの提供するネットワークを利用しています。エリクソンは、我々のソリューションとそれらを活用するお客様が常に時代の最先端にいられるよう、研究開発への投資を行っています。
エリクソンは 1876 年に設立され、本社所在地はスウェーデンのストックホルムです。2014 年の売上高は331 億USドル(2,280 億SEK)です。2014 年の売上高は331 億USドル(2,280 億SEK)です。エリクソンは、NASDAQ OMX ストックホルムおよび NASDAQニューヨーク証券取引所に上場しています。


http://www.ericsson.com
http://www.ericsson.com/news
http://www.twitter.com/ericssonpress
http://www.facebook.com/ericsson
http://www.youtube.com/ericsson

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. エリクソン・ジャパン株式会社
  4. >
  5. エリクソンのクラウドシステム、ハイパースケールへとアップグレード