シェアリングエコノミー型ネット運送・配送サービス『ハコベル』経由地機能追加のお知らせ

複数拠点を持つ企業様向け、急なルート便の手配もハコベルにおまかせ!

ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:松本恭攝)は、ネット運送・配送サービス『ハコベル-hacobell-』(以下:ハコベル)に、2016年3月8日(火)より新たに「経由地機能」を追加いたしました。

 

今回の「経由地機能」の追加では、これまで1箇所しか指定できなかった配送先に加え、新たに経由地も登録できるようになり、複数拠点への集荷・配送が可能になりました。食品や資材の配送など、急な手配が必要になったルート便の配送にも、より便利にお使いいただけます。

ハコベルは車両1台を貸切でご利用いただけるサービスのため、普段、宅配便で複数拠点に配送している荷物も、拠点間の距離によっては、ハコベルで一度に配送することで、より効率よくコストを抑えて配送することができます。このたび、「複数拠点に効率よく荷物を届けたいと」いう需要に応えることで、配送の新たなニーズを取り込んでまいります。
 


【経由地機能が追加された新たな注文画面】

 


【ハコベルとは】
パソコンやスマホアプリから最適なドライバーをマッチングして、荷物の配送予約から支払までを行えるネット運送・配送サービスです。本サービスでは、インターネットを使って各運送会社の非稼動時間を有効活用し、低価格な運配送の仕組みを実現。サービス利用後には利用者がドライバーを評価する仕組みを設け、優良ドライバーのみをネットワークすることで、高品質のサービスを提供しています。
URL:https://hacobell.com/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ラクスル株式会社
  4. >
  5. シェアリングエコノミー型ネット運送・配送サービス『ハコベル』経由地機能追加のお知らせ