シグマクシス、自律学習型のIT運用管理自動化ソリューションを提供する米IPsoft社と協業を開始

-人工知能を活用して、IT運用コストの削減と品質向上を実現-

 株式会社シグマクシス(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:倉重 英樹、コード番号:6088 東証マザーズ、以下 シグマクシス)は、このたび、自律学習型のIT運用管理自動化ソリューションを提供する米IPsoft社(本社:米国ニューヨーク州、代表:Chetan Dube、以下 IPsoft)と、同社製品の日本市場への展開における協業を開始いたしました。シグマクシスは、同社が提供するソリューションの日本における販売活動の支援を行うと共に、ITマネジメントに課題を抱える国内企業に対して、同社ソリューションを活用したコンサルティングサービスを提供いたします。
 

 

 デジタル化の急速な進行に伴い、企業におけるITマネジメントの重要性と難易度は、これまで以上に増しています。しかし、「ビジネスのデジタル化」が進んでいく一方で、IT運用管理業務はいまだ属人的な業務運営から脱却できていません。IT運用のサービスレベルに対する経営からの要求の高まり、IT人材の絶対的な不足を背景に、自動化に取り組む企業は増えているものの、その中身は一部の監視業務やジョブ管理等の「タスクの自動化」にとどまっており、劇的な成果を実現するには至っていません。

 IPsoftが提供する自律学習型IT運用管理自動化ソリューション「IPcenter」は、人工知能(エキスパートシステム)を使って、ITマネジメント業務を統合的に管理し、業務効率および運営品質の向上を実現します。具体的には、IPsoftがIT運用サービスプロバイダーとして培った1200以上のテンプレートを活用することで、オペレータやエンジニアのタスクを自動化するだけではなく、障害の検知から修復、クローズまでの一連の対応を、24時間×365日で稼働する「仮想エンジニア」が遂行することを可能にします。また、ITIL® (※1)のベストプラクティスのプロセスに準拠することで、これまで困難だったプロセスおよび意思決定の自動化も実現し、人手による業務量を最小化すると同時に、圧倒的な低コスト・高品質のサービス提供を可能にします。(※2)

 「IPcenter」は、IT運用サービスプロバイダー向け、およびユーザー企業向けソリューションとして全世界の多くの企業で採用されており、合計100万台以上のデバイスの管理を行っています。顧客は「IPcenter」を活用することで、実際に以下のような効果を挙げています。

・インシデント自動修復率70%(グローバル通信プロバイダー)
・障害解決時間平均40分→3分以下(グローバル金融機関)
・オペレーションセンター全体の作業時間を40%削減、L1エンジニアを半減。(国内IT運用プロバイダー)
・DB運用管理の要員コスト削減44%(グローバル金融機関)
ž・大量の変更作業が伴うシステム移行プロジェクトでのヒューマンエラー0%(米国大手保険会社)

 あわせて、業務効率化の結果新たな技術を習得する時間的余裕が生まれることで、情報システム部門の要員能力・モチベーションの向上、また運用サービスプロバイダーの新規サービス開発からサービスインまでのスピード向上など、事業価値向上に貢献する成果をもたらします。

 シグマクシスは、日本におけるITIL®Manager取得第1号のコンサルタント、および同日本最年少取得(2006年当時)のコンサルタントを含む、経験豊かなITILエキスパート人財を擁し、2008年設立来、大手企業に対してITマネジメントコンサルティングサービスを提供してまいりました。加えて、2015年2月に出資を行った情報セキュリティソリューション提供会社のグローバルセキュリティエキスパート株式会社、および、ネット詐欺対策ソリューションを提供する米イージー・ソリューションズ社との協業も開始し、サイバーセキュリティへの取り組みも拡大しております。このたびのIPsoftとの協業を通じて最新テクノロジーの活用をより一層加速させ、日々高度化するデジタル時代における、新たなITマネジメントの実現に向けて貢献してまいります。

(※1) ITIL®:ITサービスマネジメントのベストプラクティスをまとめた、公開されたフレームワーク。
        ITマネジメント領域におけるグローバル・デファクト・スタンダードになっている。

(※2)サービス提供形態として、「IPcenter」を活用したマネージド・サービスであるSaaS型と「IPcenter」の
   ライセンスを供与し、自社で自動化を推進するオンプレミス型のサービス形態がある。

■IPsoft Inc.について

社名    :IPsoft Inc. (IPsoft)
本社所在地 :米国ニューヨーク州
代表者   :Chetan Dube (CEO)
設立年   :1998年
事業内容  :エキスパートシステムを活用し、継続的なIT・ビジネスプロセスの自動化サービスを提供
営業拠点  :ニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、バンガロール、東京 他全13拠点
実績    :世界中で100万台以上のクリティカルなITデバイスを運用管理し、人手を介さずに56%のインシデ
       ントを解決。Fortune 1000の企業の10社に1社がサービスを活用
URL    :http://www.ipsoft.com/

■株式会社シグマクシスについて

社名    :株式会社シグマクシス(SIGMAXYZ Inc.)/東証マザーズ(6088)
所在地   :〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス9F
代表者   :代表取締役会長兼社長 倉重 英樹
設立日   :2008年5月9日
資本金   :23億99百万円
主な株主  :三菱商事株式会社・株式会社インターネットイニシアティブ・株式会社インテック
事業内容  :企業価値創造を支援するビジネス・コンサルティング・サービス
       および関連する各種事業の運営
URL    :http://www.sigmaxyz.com/

シグマクシスは、戦略立案、M&A、業務、ITシステム、テクノロジー、プロジェクトマネジメントおよび新規事業開発のプロフェッショナルを揃え、社内外の能力を組み合わせてプロジェクトチームを組成し、企業の価値創造、競争力向上に貢献しています。コンサルティングサービスに加え、企業間連携による事業創造、関連する各種事業への出資も行い、市場を牽引する新たな価値の創出に取り組んでいます。詳しい情報は http://www.sigmaxyz.com/をご覧ください。

■関連情報

グローバルセキュリティエキスパート株式会社への出資
株式会社ビジネスブレイン太田昭和の子会社との包括サービス提供に係る合弁契約締結に関するお知らせ
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS02648/606cb5f0/d025/4685/b56d/33b56f0a51f5/140120150129013880.pdf

シグマクシス サイバーセキュリティソリューションを提供する米Easy Solutions社と包括的提携契約を締結
-不正行動検知で共同サービスを提供開始-
http://www.sigmaxyz.com/news/2015/0820/

■本プレスリリースのURL
http://www.sigmaxyz.com/news/2015/1222
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社シグマクシス
  4. >
  5. シグマクシス、自律学習型のIT運用管理自動化ソリューションを提供する米IPsoft社と協業を開始