元プロテニスプレーヤー杉山愛さんがビーンスターク・スノー母乳調査に参加

 本年7月にご出産されたスポーツコメンテーターで元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんが、雪印メグミルクグループのビーンスターク・スノー株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平田 公孝)で実施している第3回全国母乳調査に参加されることになりました。
 今後、母乳調査に参加される杉山さんのインタビュー記事などを随時発信させていただく予定でございます。
 弊社は雪印乳業時代から約60年にわたり母乳研究を継続しており、1960年の第1回母乳調査から得られた知見は『日本食品標準成分表』に引用されるなど、乳児栄養における社会貢献にも寄与してきました。
 第3回全国母乳調査は、母親の生活習慣と母乳成分が乳児に与える影響を明らかにするために、平成27年秋から雪印メグミルク㈱と共同で実施しております。
 具体的には、母乳哺育をしている全国の母親約1,200名を対象に、母乳試料をご提供いただくとともに、食事や生活習慣のアンケート、乳児の発育や疾病

 

状況のアンケートを実施し、母乳成分とお子様の発育や疾病罹患との関係等を研究いたします。
 今回の調査を通じて、歴史ある母乳研究を更に深め、お子様のすこやかな成長を願うお母様やご家族のご期待にお応えするため、粉ミルク等の商品開発に生かしてまいります。
 

(杉山愛さんコメント)
母親としては母乳の成分にも興味がありますし、時代と共にどういった変化があるか興味深く思ったので、ぜひ参加したいと思いました。


 杉山 愛さんプロフィール
 4歳でラケットを握り、15歳の時に日本人初の世界ジュニアランキング1位に。
 17歳でプロ転向、25歳のスランプをきっかけに実母がコーチになり、二人三脚で34歳までプロツアーを転戦。グランドスラムでは女子ダブルス3回、混合ダブルス1回の優勝を経験し、シングルス連続出場62回の世界記録を樹立。引退後は若い選手の育成とともに、情報番組のコメンテーターや解説者などとしても活躍。
 2011年に入籍し、40歳となる2015年7月に男児出産。現在は、赤ちゃんを母乳と「すこやかM1」の混合で育てながら仕事に復帰した。

第3回全国母乳調査につきまして

母親の生活習慣と母乳成分が乳児に与える影響に関する研究のために実施いたします。

①目  的:母乳成分とともに母子の背景情報を収集しその相互関係を把握する
②対  象:母乳哺育している母親約 1,200 名
③方  法:母親から母乳を提供いただくとともに、食事や生活習慣のアンケート、乳児の発育や疾病状況のアンケートを実施
④募集方法:全国の協力施設(産婦人科病医院)にて、母乳授乳中の母親を対象に募集
⑤結果公表:平成 28 年以降調査研究結果がまとまり次第随時学会発表やリリースにてお知らせ
⑥実施期間:平成27年秋~平成35年(追跡調査を行うため長期実施となります)

※第1回(1960年実施)と第2回(1989年実施)の母乳調査につきましては弊社ホームページをご覧ください。

(関連サイト)http://www.beanstalksnow.co.jp/labo/milk/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 雪印ビーンスターク株式会社
  4. >
  5. 元プロテニスプレーヤー杉山愛さんがビーンスターク・スノー母乳調査に参加