日本初 行動科学理論にもとづくソーシャルマーケティングを行うキャンサースキャンが「ソーシャル・インパクト・ボンド」を活用したがん検診受診率向上実証事業に関する協定を締結

行動科学理論にもとづくソーシャルマーケティングを行う株式会社キャンサースキャン(本社:東京都品川区、代表取締役:福吉潤、以下キャンサースキャン)は、健康科学ビジネス推進機構と和泉市、同機構と高石市と「がん検診受診率向上に向けた実証事業に関する協定」を締結いたしました。本実証事業は民間の資金・ノウハウを活用し、社会的課題の改善や行政コストの削減を図る「ソーシャル・インパクト・ボンド」の仕組みを、がん対策に適用する日本で初めての取り組みとなります。


実証事業の概要

<目的>
ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の仕組みを活用することで、がん検診の受診率が向上し、早期発見・早期治療による医療費抑制効果が得られるか、検証をいたします。
   
※SIB:行政と民間事業者が連携して、社会的課題の解決や行政コストの削減を図るための社会的投資の仕組みの1つ。民間資金提供者から調達した資金をもとに、民間事業者が委託された行政サービスを実施し、成果を上げた場合、行政が成果に応じて報酬を支払う。民間のノウハウを活用し、コストを削減しながら、行政サービスを民間資金によって実施することができ、民間資金提供者もリターンを得ることができる。事前に設定された目標が達成されない場合、民間資金提供者への支払いは発生しないため、行政は金銭的リスクを伴わず、新しい取り組みを導入することができる。目標値やKPI(重要業績評価指標)、評価方法については、中間支援組織が中心となり、第三者評価機関も交えて、民間資金提供者や行政と協議しながら設定する。

<背景>
ヘルスケア産業の成長期待が常々謳われていますが、実態としてはなかなか進展することが少ないということがあります。その進展を阻む要素としては、ビジネスの原則として受益者負担を前提とした場合、受益者に予防医療にまで取組む余裕がないということがあります。本来、健康寿命が延びることでの受益者は当事者であり、7割から9割の医療費を負担する保険者ということになります。しかし、年々増加する医療費によって、財源にゆとりは全くなく、予防医療への取組み予算は限られており、新しい取組みを行なう人的、金銭的余裕がないのが多くの保険者の状態です。そのため、常々真摯に向き合っておられる現場の保健師さんなども、効果が期待できる民間が開発する新しいサービスを導入したいと思っても、成果もわからない中で限られた予算を割くという判断は難しく、結果、委託するまで至らないことが多くの保険者の実態ではないかと思います。その結果、民間がよりよいサービスを開発しても、それを活用してくれる発注者がいなければビジネスは発展しません。そして発注者がいなければ、更によりよいサービスを開発する事業者も生まれてきません。今回取組むソーシャル・インパク・トボンドの仕組みはその膠着状態を打破する一助にすることが出来るのではないかと思っております。

<体制・役割>

   なお、今回の実証事業は、日本財団の「SIB案件組成事業」による助成で実施。
 (今回、民間資金提供者の募集は行わない)

<事業概要>


<分析及びレーフレットイメージ>


参考:健康健康科学ビジネス推進機構及びキャンサースキャン概要

【健康科学ビジネス推進機構 概要】

設立月日:
2012年10月31日

所在地:
大阪市中央区高麗橋3-3-11 淀屋橋フレックスタワー5階

役員:
・代表理事
阿部 孝次(公益社団法人関西経済連合会 理事) 
間  健一(関西バイオメディカルクラスター健康科学推進会議 顧問)
・監事
木下 年哉(公益財団法人都市活力研究所 専務理事)

事務局:
・事務局長
野島  学(公益社団法人関西経済連合会 産業部長)
・事務局員
鋤納 心(ソフトプラティカ株式会社 代表取締役)
前井 宏之(北浜国際特許事務局長 弁理士) 等

事業概要:
・エビデンス構築支援
  エビデンス構築に係わるコンサルティング、エビデンス評価支援 等
・ビジネス創出および推進支援
  健康科学ビジネスの創出支援、健康科学ビジネスベストセレクションズ 等
・人材育成・普及啓発、その他の支援
  健康科学ビジネスに係わる人材育成、健康科学分野に関する広報・普及・啓発 等

会員:
積水ハウス、シャープ、パナソニックヘルスケア、ロート製薬、関電アメニックス、日立製作所、大阪大学、大阪市立大学、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター、先端医療振興財団、淀川キリスト教病院、大阪府、京都府、兵庫県 等


【株式会社キャンサースキャン 概要】

代表者:
福吉 潤

設立年月日:
2008年11月19日

所在地:
〒141-0031 東京都品川区西五反田2丁目8-1 五反田ファーストビル5階
Tel03-6420-3390/Fax03-6420-3394/www.cancerscan.jp

事業内容:
ソーシャルマーケティング / 調査・研究 / データ解析

委託実績:
・厚生労働省様 自治体向けの検診/健診における「今すぐできる受診率向上施策ハンドブック」の企画制作
・国立がん研究センター様 検診啓発ホームページの作成
・100以上の自治体様の健(検)診受診率向上事業を受託
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社キャンサースキャン
  4. >
  5. 日本初 行動科学理論にもとづくソーシャルマーケティングを行うキャンサースキャンが「ソーシャル・インパクト・ボンド」を活用したがん検診受診率向上実証事業に関する協定を締結