沖縄県八重瀬町の産品を県内外へ広げる「八重瀬の旬」コラボ第1弾「八重瀬のアグー豚を使ったカツカレー丼を期間限定で新発売!」

 沖縄県八重瀬町の平成28年度「八重瀬ブランド販路構築支援業務」の一環でスタートした「八重瀬の旬」プロジェクト。八重瀬町内の農産・水産・畜産の“旬”に注目し、それらの素材をさまざまなコラボレートを通じて広げる動きをおこなっています。そのコラボ第1弾が決定しました!



 今回は、沖縄県那覇市・うるま市で3店舗を展開するカツ丼専門店チェーン「一どん(那覇市、代表:向江 司)」と、八重瀬町内で育てられた南国アグー(株式会社沖縄南国フーズ、代表:國場 勉)がタッグを組みました。さらに期間中、八重瀬町内でEMを活用して育てる仲座養鶏場のこだわり卵を使用します。丼の中が八重瀬づくしのコラボレーションです。

 


  八重瀬の旬素材を使った「南国アグーのメンチカツカレー丼on玉のせ」は、 10月18日(火)~11月19日(土)までの期間限定で、一どん(那覇市泉崎、首里、うるま)3店舗で注文できます。期間中、1,000食の販売を予定しています。

<南国アグーのメンチカツカレー丼on玉のせ 商品概要>

南国アグーのメンチカツカレー丼on玉のせ 880円(税込)


 神戸カツ丼として10年前にオープンした沖縄カツ丼専門店の草分け的存在。八重瀬町出身の一どん店主が、幼い頃から眺めた八重瀬岳からの光景をイメージしています。のどかな土地で生産されるアグー豚や農産物、満月を連想する温泉卵を使ったメンチカツカレー丼を提供します。アグー豚のジューシーな味わいを、温玉入りカレーのまろやかさに合わせた、期間限定の一品です。

 販売期間:2016年10月18日(火)~11月19日(土)
店舗:一どん泉崎本店 那覇市泉崎1-7-7 電話:098-862-3313
   
一どん首里店  那覇市首里平良1丁目36 電話:098-885-1333
   一どん うるま店 うるま市塩屋502-1(ドン・キホーテ内) 電話:098-974-8468


<南国アグーとは?>
 

八重瀬町で生産される南国アグー


 快適環境の専用農場で、県産アグー豚の飼育から徹底してこだわる沖縄南国フーズ。ストレスの無い環境で育てられた豚は、うまみ成分が豊富でジューシーな味わいが特徴です。八重瀬では「南国亭」として店舗・直売所もオープンしています。

 株式会社沖縄南国フーズ
沖縄県島尻郡八重瀬町仲座1075番地2
電話:098-998-1739
http://www.okinawa-nangokufoods.jp/


<仲座養鶏場 仲座のこだわり卵とは?>


 今回のメンチカツカレー丼では、満月をイメージした温泉卵で使用されます。幼雛時期やエサに発酵したEMを活用し、ストレスがかからないよう育てた鶏からとれる「仲座のこだわり卵」。旨み成分がアップし美味しく、安心な卵を生産しています。

 仲座養鶏場
沖縄県島尻郡八重瀬町字小城408
電話:090-7381-1312(仲座辰也)


【本件に関するお問い合わせ先】
■八重瀬町役場 観光振興課
■TEL:098-998-2344

観光サイト http://www.town.yaese.lg.jp/yaese_sight/
八重瀬八景 http://www.town.yaese.lg.jp/yaese_sight/hakkei/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 八重瀬町 観光振興課
  4. >
  5. 沖縄県八重瀬町の産品を県内外へ広げる「八重瀬の旬」コラボ第1弾「八重瀬のアグー豚を使ったカツカレー丼を期間限定で新発売!」