ビッグデータ有効活用で売上はまだ伸びる!

論より証拠。発案者自身が乗務し、結果を出した仕組みの提供開始

数年間のタクシー乗務員全員の実車実績データ(ビッグデータ)の中から、月、曜日、時間帯に応じてスマホ、タブレットの地図上に、魚群探知機のように、お客さんの乗車した位置を売上金額に応じた旗で表示します。
これで、新人乗務員もすぐに売上を出せる。
main image
株式会社カイエンシステム開発 (代表取締役: 金子一彦) は、スマホ、タブレットを利用したタクシー乗務員向けアプリ「ポケットタクシー地図ナビ」と「動態管理(IP無線配車システム)」の大幅機能強化版を開発、サービスを2014年7月22日に開始しました。

背景)
現状のタクシー業界では一車両当たりの売上で、現状維持がやっとの状況であり、新人乗務員の継続勤務にも大きな壁があり、乗務員の高齢化が進んでいる業界でもあります。
そのためか国の力を借りて新規参入禁止、増車禁止という規制強化をして競争を失くす方向での生き残りを模索している状況です。
これは乗務員個人の努力に頼り切った営業であり、組織的な営業活動がなされていないことも業界低迷の起因の一つです。
この改善の為には乗務員個人の営業力強化と、会社としての配車依頼増加の施策と配車システムの効率化が必要です。

概要)
「ポケットタクシー」では、乗務員自らの売上を上げることを支援する「ポケットタクシー地図ナビ」とお客様の迎車依頼に対応するための「ポケットタクシー動態管理(IP無線配車システム)」のサービスを提供します。

「ポケットタクシー地図ナビ」について
乗務員自身の売上を上げるための3つの機能があります。

1.実車実績データ活用機能 (画面1)
GPS対応電子日報で蓄積された乗務員全員の過去の乗車位置を、月・曜日・時間帯別に地図上に表示します。一定距離の移動か、一定時間の経過で自動的に表示データの更新を行います。
また、時間帯別に各地域の実車位置の変化も見られるので学習にも役立ちます。
漁業で使われる魚群探知機の統計データ版のような機能です。
この仕組みのメリットは、今までの経験と勘に頼っていた流し営業、つけ待ち営業のポイントを瞬時に取得することができる点です。これにより経験のない新人乗務員でもすぐに結果を出すことができ、売上がなかなか上がらない新人乗務員が給料保証が切れると退社していくことを減少させることができます。

2.魚群探知機的機能(画面2)
現在の実車発生位置を地図上で見ることができます。
今どこの街、駅周辺でお客様が増えているのか一目で分かります。

3.乗務経路検索(画面3)
一日の自分の走行経路を検索、表示、実車回数と実車位置まで正確に表示できます。よくタクシーを利用するお客様の中には、定期的に長距離の乗車をされるお客様がいます。そのお客様の乗車曜日、乗車時間帯、乗車位置を検索、登録することにより独自の顧客データベースの構築ができます。わざわざ迎車依頼をかけない上客への攻めの営業を支援する機能です。

IP無線配車システムの「ポケットタクシー動態管理」について

スマホで乗車希望位置を指定して直接迎車依頼をするお客様も一部いらっしゃいますが、まだまだ通話で迎車依頼をされるお客様は多いです。
その両方に対応できるのが、「ポケットタクシー動態管理」です。

稼働中の車両の位置、状態を地図上に表示します。条件にあった車両の検索やお客様からの迎車依頼に対して、お客様に近い順の通知、または検索範囲内の車両に対して一斉に顧客情報を通知することもできます。
配車係は動態管理画面でお客様の位置を設定でき、乗務員のスマホアプリの地図上に表示させることができるので、的確に乗務員に指示を出すことができます。
迎車対応可能な乗務員の中から、車両等お客様の希望にあった乗務員の選出もできます。
また、ポケットタクシーの本来の機能を利用すれば、お客様のスマホから直接乗務員に迎車希望のリクエストを送ることもできるので、配車係の人件費を削減することもできます。

環境)
パソコンとスマホまたはタブレットがあれば、すぐに始められます。

料金)
乗務員側アプリのサービス料金は東京都特別区の日車営収を基準として、一車両当たり月額2,300円(税別)。
東京特別区に対比しての日車営収が30%下がれば、料金も30%下がる仕組みです。
動態管理システムサービス料金は、PC一台月額9,800円(税別)からとなります。

以上

株式会社カイエンシステム開発
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-27-7
Tel: 03-5333-5586
問合せ担当: 金子一彦
詳しくはこちらをご参照ください
URL: http://pockettaxi.jp/driver/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社カイエンシステム開発
  4. >
  5. ビッグデータ有効活用で売上はまだ伸びる!