カブク、3Dプリンターを使ったオリジナルブランド 「mOment(モーメント)」を発表

〜雨の季節をテーマにした女性向けイヤーアクセサリー[AME]が登場〜

株式会社カブクは3Dプリンターを使ったオリジナルブランド「mOment(モーメント)」を発表、2014年5月13日より公式サイト(http://www.rinkak.com/moment/ame )」にて販売開始しました。話題の3Dプリンター技術を使った、在庫を抱えない完全受注生産の新しいスタイルでアクセサリーが販売されます。


株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田 雅彦)は3Dプリンターを使ったオリジナルブランド「mOment(モーメント)」を発表し、2014年5月13日より公式サイト( https://www.rinkak.com/moment/ame )」にて販売を開始いたしました。


今シーズンでは「雨の季節」にちなんだ女性向けのアクセサリーが登場。
話題の3Dプリント技術を使った、在庫を抱えない完全受注生産の新しいスタイルで販売される。
「白雨 -HAKU-U-」「時雨 -SHIGURE-」「五月雨 -SAMIDARE-」と、3つの雨の名前から作られたイヤーアクセサリーは、ピアスとイヤリングから選べる。

価格は全て¥11,880-(税込/配送料別)。



■mOmentについて
(1)ブランドコンセプト
mOment(モーメント)は「物語の瞬間を、かたちにする。」をキーワードに、想いや情景をデザインするシーズンプロジェクトです。

(2)ブランドミッション
rinkakのワンストップサービスによる3Dプリンターなどの製造技術を活用した完全受注生産で、店舗在庫の無駄を削減。3Dプリンター製のアイテムをもっと身近に感じてもらえるラインとして、スマートな時代にマッチするスタイルとオリジナリティの両立を目指します。



■rinkakについて
「rinkak(りんかく)」(https://www.rinkak.com)は、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた新しいものづくりマーケットプレースです。rinkakに3Dデータをアップロードするだけで高性能な製造設備でプロダクトを製造・販売できます。プロダクトは購入依頼された時にオンデマンドで製造するため、クリエイターは在庫を持つことなくプロダクトの販売ができます。プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバーのものまで多様な素材の作品を製造することが可能です。多種多様な分野のクリエイターやユーザーが集まることで創発性の高いコラボレーションが生まれ、今までに見たことのない新しく面白いプロダクトがどんどん生まれる世の中をつくることを目的としております。



■株式会社カブクについて
株式会社カブクは、新しい価値観を発見し創り出すことで、世界がはじめて目にするものをつくっていく、そしてそれを時代を超えて愛されるものに育てていく、「かぶくもの」集団です。



━━ 会社概要 ━━


【社 名】 :株式会社カブク(kabuku Inc.)
【所在地】 :〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町42-6 co-lab Shibuya #102
【URL】 :http://www.kabuku.co.jp
【代表者】 :稲田 雅彦
【設立年月】:2013年1月
【事業内容】:インターネット関連サービス、コミュニティ運営、プロダクトデザイン・開発、先端テクノロジーの研究

「白雨 -HAKU-U-」ピアスイメージ

「五月雨 -SAMIDARE-」ピアス着用イメージ

「時雨 -SHIGURE-」イヤリング着用イメージ

ブランドロゴ

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社カブク
  4. >
  5. カブク、3Dプリンターを使ったオリジナルブランド 「mOment(モーメント)」を発表