10年後は宇宙や海底へのツアー、絶滅危惧種を訪ねる旅行が人気に

スカイスキャナー、未来旅行白書「2024年の旅行」 第三弾「旅行先とホテル編」公開

海外旅行検索サイト、スカイスキャナー(本社:エディンバラ、代表取締役社長:ガレス・ウィリアムズ)は未来の海外旅行に関する白書「Future of Travel 2024(2024年の旅行)」を英国の未来コンサルティング会社であるThe Future Laboratoryと共に作成致しました。2014年4月にウェブサイトで公開した第一弾「計画と予約編」、6月公開の第二弾「旅行当日編」に続き、最終章である第三弾「旅行先とホテル編」を9月29日(月)から公開いたします。
当白書は、10年後の旅行者がどのように旅行を計画・予約し、旅行先での滞在を楽しむのかについて、現在の技術の発展予測を中心に各界の専門家の見解を交えながら、「計画と予約編」「旅行当日編」「旅行先とホテル編」の3編に分けてまとめています。
 今回公開する「旅行先とホテル編」では、技術革新や嗜好の多様化により旅行先やホテルがどう変化するのかについて研究しています。

▼2024年の旅行「旅行先とホテル編」の詳細はこちらからご覧ください。
http://www.skyscanner2024.com

未来旅行白書「2024年の旅行」旅行先とホテル編トップ画面

 

【 2024年の旅行「旅行先とホテル編」の概要】

1. 未来のホテル客室

· ホテルはゲストのソーシャルメディアプロファイルをもとに、カスタマイズした客室を準備するようになり、個人の好みに最も合う食事、アクティビティなどを紹介するようになる。
· 客室のドアは網膜認証で開閉する。枕はマッサージ機能を持ち、客室内で血糖値などがモニタリングされ、健康状態を反映したメニューのアドバイスが提供される。
· 3D画像が投影されるホログラフシステムや、映画や画像が表示される壁が導入され、壁全面が歌い踊ることも可能になる。鏡はモーションジェスチャー機能を搭載したタッチスクリーンになり、歯を磨きながらクラウド上の情報にアクセスできる。
· センサーを備えた浴室では、ゲストの状態を感知し自動的に水温やシャワーパターンを調節。サウンドテクノロジーが導入され、振動による体の洗浄が行われる。体調を整える効果を持つクロマセラピーに基づく照明が導入され、洗浄のレベルが光で示される。
· 以上から、2024年には、ゲストのプロファイルに合わせた、高度にパーソナル化されたホテル滞在が実現する。客室にはタッチ式のインタラクティブな壁や鏡が備わり、ビデオ画面や通信ハブとして機能する。備品や浴室はゲストの体調をケアし、快適な滞在をサポートするようになる。

2. 空と海へ

· 宇宙旅行は富裕層の手の届く商品となり、長期滞在も可能になる。宇宙旅行よりリーズナブルな体験として提供されるのが地球周回軌道の旅行。低地球軌道(地球から最も近い軌道)の旅は2016年に実現し、ヘリウムガス風船を利用して移動するキャビンが打ち上げられる。
· 再利用可能なロケットの技術を用いた宇宙船開発が進んでおり、月や火星でのコロニー計画も実現する。
· 低軌道を飛行する宇宙船の技術が商用飛行機に転用され、フライトにかかる時間が格段に短縮される。
· 海中を客室のガラス越しに眺める海底ホテルはすでに存在する。今後は建物全体が水面下に建築されるホテルが登場する。
· 以上から、2024年には宇宙や水中が滞在先となる。地球周回軌道の旅では超高度からの地球の眺めや無重力体験が楽しめる。また、水中ホテルが実現し、水中の生物を眺めながら休暇を過ごせるようになる。

3. パーソナルな現地体験を求めて

· エアビーアンドビー社が提供するような、自宅をゲストに貸し出す協力型の旅行が増加。先進国の5~10%の人が旅行者に自宅を貸し出し、自宅に有料で人を招き食事をとるサパークラブも増加する。
· 地域の人と交流するソーシャルトラベルは、5年以内に旅行業界の定番となる。その交流のサポートとしてソーシャルメディアが活用される。
· 以上から、2024年にはより多くの人々が自宅を旅行者に貸し出し、現地の人や風土と関わる協力型のアクティビティが提供される。その影響からホテルやリゾートはアットホームな雰囲気やエッセンスを取り入れ、第二の家のようになる。

4. 最初と最後の旅行者

· 旅行先での希少な体験をソーシャルメディアで情報発信することが旅行のモチベーションになり、人から注目されるようなスリルある旅先が選ばれるようになる。
· 中国人の旅行熱が高まり、主な観光地が混雑する。そのため大衆化されていない地域への旅が好まれるようになり、アフガニスタン、北朝鮮、イラン、ボツワナ、アンゴラ、レバノン、ブータンなどの国が注目される。
· 希少な生物や種を保護する地域は、情報を発信し活動資金を調達するためにサファリなどの観光事業を推進させ、エコツーリズムが発展する。以上から、2014年には、アジアやアフリカ、中東の禁止区域であった地域を訪ねる“最初の旅行者”になることが名誉となる。同時に“最後の旅行者”となる欲求も高まり、絶滅危惧種を見ることを目的にした旅が人気を博す。旅行者はエコツアーに参加することで、旅を通じて自然保護への支援を行うとともに、最後の目撃者となる満足感を得る。

未来旅行白書「2024年の旅行」旅行先とホテル編 ウェブ画面


<スカイスキャナー リミテッドについて>

スカイスキャナーは多様な海外航空券やホテル、レンタカーについて、各種の検索サイトを一括して比較検索できるメタサーチシステムによる世界3位の無料旅行検索サイトです。2003年にイギリスで設立して以来、月間2,500万人のユニークユーザーに対し、ウェブサイトを通じて最適な旅行ソリューションを提供してきました。また、スカイスキャナーのモバイルアプリはiPhone、iPad、Android、Windows Phone、BlackBerry、Windows 8にて利用が可能で、3,000万件以上ダウンロードされるなど高く評価されており、2013年にはグローバルにおいて前年比99%の成長率で100.44億円の売上を達成しています。
本検索サイト(アプリを含む)は世界中のフライトをカバーしており、30言語・70通貨による検索を可能にしています。オフィスはエディンバラ、グラスゴー、シンガポール、北京、マイアミ、バルセロナにあり、35国籍からなる400名以上の社員が勤務しています。
http://www.skyscanner.jp/

<The Future Laboratoryについて>

The Future Laboratoryは世界で最も著名な未来コンサルティング会社です。そのユニークなトレンド予測や消費者インサイト、ブランドイノベーションに関する技術や戦略、統合方法によって、様々なブランドと共同で世界の消費者ニーズの変化に即した未来予測を行っています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. スカイスキャナー リミテッド
  4. >
  5. 10年後は宇宙や海底へのツアー、絶滅危惧種を訪ねる旅行が人気に