デジタル広告・マーケティングのためのアワード「コードアワード2016」、本日3/16から作品エントリー受付開始

株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山卓志、以下D2C)は、デジタルを活用したマーケティングコミュニケーション全般を網羅した、総合的なデジタル広告・マーケティングのアワード「コードアワード2016」(URL:http://www.codeaward.jp/)の受付を、本日3月16日より開始します。

●作品の応募は無料、応募締切は4月20日まで。
対象となるのは、2015年4月1日から2016年3月31日の期間に実施/開始された、企業・ブランド・自治体などが提供する商品やサービスなどのデジタルを活用したマーケティングコミュニケーション施策です。デバイスや施策の規模に関係なく、その手法やアイデア、成果などを評価します。

応募は、広告主・広告会社・制作会社のどなたでも可能ですが、応募の際には必ず作品権利者(広告主含む)への許諾をお取りください。
作品の応募は無料で、2016年4月20日(水)までにコードアワードオフィシャルサイトのエントリーフォーム(URL:http://www.codeaward.jp/users/login)からご応募ください。


●国内外のスペシャリスト9名による審査と一般投票で、グランプリの他、各賞の頂点を選出!
審査員長にTBWA HAKUHODOの佐藤カズー氏が就任し、Googleのジョン・メリーフィールド氏やサイバーエージェント・クラウドファンディングの坊垣佳奈氏など5名の審査員を新たに迎え、クリエーティブ、テクノロジー、マーケティングなど国内外のスペシャリスト計9名による審査を行います。
応募作品の中で最も優れた作品に授与される「グランプリ」のほか、新設された「ベスト・ユース・オブ・データ」や、復活した「ベスト・ユース・オブ・メディア」、一般投票により決定する「パブリックベスト」など各賞の受賞作品を選出し、6月下旬に発表する予定です。

 D2Cはパートナー企業、メディア、業界団体の方々と共に、本アワードを通じて、デジタルを活用した広告コミュニケーションおよびマーケティングの一層の普及と発展に貢献するべく努めてまいります。



■「コードアワード」とは■
「コードアワード」は、モバイル広告およびモバイルマーケティングの健全な発展と普及を目的として、2002年より開催されてきた「モバイル広告大賞」を前身とし、2014年よりその対象をデジタル全域へと拡大させた、総合デジタル広告・マーケティングのアワードです。

デジタル・マーケティングの「いま」を刻み、「未来」を拓くアワードとして、より多くの秀逸な作品を顕彰し、デジタルを活用した広告コミュニケーションおよび、デジタル・マーケティングの活用事例を発信します。

 

名称      :    コードアワード
        ※2016年開催の名称「コードアワード2016」
主催      :   株式会社D2C
サイト     :   http://www.codeaward.jp/
Facebook   :  https://www.facebook.com/codeaward/
Twitter    :   @code_award
名称の由来 :    「コード(CODE)」とは、Creativity Of Digital Experiences(デジタル体験の創造性)の頭文字であり、デジタル世界を形成するソースコードにちなみ名付けました。


●ロゴ

 

●トロフィー

 


■「コードアワード2016」概要■
●選考対象
2015年4月1日から2016年3月31日の期間に実施/開始された、企業・ブランド・自治体などが提供する商品やサービスなどのデジタルを活用したマーケティングコミュニケーション施策を広く対象とし、デバイスや施策の規模に関係なく、その手法やアイデア、成果などを評価します。

応募は、広告主・広告会社・制作会社のどなたでも可能ですが、応募の際には必ず作品権利者(広告主含む)への許諾をお取りください。

 
●応募期間

2016年3月16日(水)~2016年4月20日(水)
 

●スケジュール(予定)

応募受付開始 : 2016年3月16日(水)
応募締切     : 2016年4月20日(水)
一般投票     : 2016年6月6日(月)~6月12日(日)
結果発表     : 2016年6月下旬
贈賞式    : 2016年7月27日(水)


●審査員
マーケティング、プランニング、クリエーティブ、テクノロジーなど様々な分野の第一線でご活躍されている以下9名の審査員により、厳正なる審査を行います。
 

<審査員長>

佐藤 カズー 株式会社TBWA HAKUHODO エグゼクティブクリエイティブディレクター

 

<審査員>

伊藤 直樹 PARTY クリエイティブディレクター
キリーロバ・ナージャ(新任) 株式会社電通 電通総研Bチーム
クリエーティブ/コピーライター
ジョン・メリーフィールド(新任) Google Inc. チーフ・クリエイティブ・オフィサー
グーグル・アジアパシフィック
田中 里沙 株式会社宣伝会議 取締役副社長 兼 編集室長
築地 Roy 良(新任) 株式会社BIRDMAN 代表/クリエイティブディレクター
橋田 和明(新任) 株式会社博報堂ケトル クリエイティブディレクター
深津 貴之 株式会社THE GUILD インタラクティブデザイナー/ファウンダー
坊垣 佳奈(新任) 株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング 取締役

※敬称略、五十音順

なお、審査員の体制は、新たな観点および多角的な視点での審査を目指し、毎年、改変・選出を行っております。


●賞と審査基準

グランプリ 応募作品を通して最も優れた作品と評価された「コードアワード2016」を代表する
1作品に授与されます。


以下の5賞では、異なる審査視点に基づき、ベスト(1作品)、また次点としてグッド(1~2作品)を各賞選出し、贈賞します。

ベスト・イノベーション これまでになかった新たなビジネスモデルやプロダクト/サービスの付加価値を創造した施策、また画期的な手法を用いたマーケティングコミュニケーション施策。
ベスト・クラフト 企業のマーケティング活動を目的に制作されたキャンペーンサイト、アプリ、デジタル上で展開された広告などを対象に、そのデザイン性・コンテンツの企画性・ユーザビリティなどを総合した技術力が伴う施策。
ベスト・イフェクティブ 成果(売上、ブランディング、会員獲得、イベント参加者、シェア数など)が伴ったマーケティングコミュニケーション施策。
ベスト・ユース・オブ・メディア デジタルメディアを有効活用したプロモーションや、既存の概念にとらわれない新しいメディアの活用方法、もしくは全く新しいメディアの形を創造した施策。
ベスト・ユース・オブ・データ 世の中に存在するあらゆるデータを有効活用した画期的なマーケティング施策や、
データとクリエーティブを結びつけた創造的なマーケティングコミュニケーション施策。

※審査員の判断によって、上記の視点以外に際立った要素がある場合は、特別賞に値する賞を新設します。また、審査の結果、該当作品なしとする場合があります。

 

パブリックベスト 一次審査を通過し最終審査に残った全作品を対象に、コードアワードオフィシャルサイト上にて一般投票を行います。
対象作品の中から秀逸と思われる1作品に投票していただき、最も投票数が多かった1作品に贈られます。   

 


●応募方法
コードアワードオフィシャルサイトにて、ユーザ登録を行ってください。ログイン後のマイページよりご応募頂けます。
尚、作品はマイページより応募期間中であれば何度でも取り消し・修正が可能です。
応募期間終了後は、作品の取り下げができませんので、予めご了承ください。

 

●応募条件
応募は無料です。
詳細は、オフィシャルサイトの応募要項(http://www.codeaward.jp/terms/)をご覧ください。
 


●2015年贈賞式の模様



 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社D2C
  4. >
  5. デジタル広告・マーケティングのためのアワード「コードアワード2016」、本日3/16から作品エントリー受付開始