駐車場シェアサービスの『akippa』が6億円の資金調達

グロービス、トリドール、朝日放送、DeNAに第三者割当

駐車場シェアリングサービス『akippa』を運営する akippa 株式会社(大阪市 / 代表取締役社長: 金谷元気)は、グロービス・キャピタル・パートナーズ等4社を割当先に、第三者割当増資による約6億円の資金調達を実施いたしました。割当先は、グロービス・キャピタル・パートナーズ の他に、トリドール、朝日放送、ディー・エヌ・エーとなります。

グロービス・キャピタル・パートナーズは 2016年1月に新設された5号ファンドの第1号案件となり、朝日放送は 2015年7月に設立された100%出資の投資子会社であるABCドリームベンチャーズの運営する1号ファンドの第1号案件となります。

トリドールは 2015年4月に設立された100%出資の投資子会社であるTDインベストメントからの出資となり、既存株主のディー・エヌ・エーは追加出資となります。

今回の増資で、akippaの累計調達額は約9.5億円となります。 調達した資金は、人材採用の他に、PRや駐車場獲得のための施策に使用します。

 

【駐車場シェアアプリakippaとは】

https://www.akippa.com/

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫に、1日単位でネット予約して駐車できるアプリです。誰でも簡単に空き駐車場をシェアリングできます。

現在、コインパーキング業界3位の4,410箇所の拠点数を確保しています。(2016年1月現在)



 

 

【利用数が高まるスペースシェアリング】

2015年10月21日発行の日経MJによると、シェアサービスを認知している人で、サービスを利用したことがある割合は、空き部屋仲介のAirbnbが2.2%、akippa が 1.7%となっています。akippa は前年同月比で20倍以上の売上を記録しています。



 

 

【規制がなく、心理的ハードルが低い駐車場シェア】

総務省のデータによると、各シェアサービスの利用意向のうち、 駐車場に関しては「利用したい/利用を検討してもよい」が56%を超えています。他のシェアリングサービスと比較してもその気軽さが分かります。要因のひとつとして、駐車場シェアが規制や法律にしばられることなく、合法に安心して利用できることがあります。


 


【akippaは業界ナンバーワンの伸び率で、駐車場拠点数が業界3位】


左記は時間貸し駐車場事業者の拠点数上位3社となります。

akippaは、2017年中に日本一の駐車場拠点を持つ、時間貸し駐車場サービスとなることを目指します。



 
【メディア出演/掲載】

・テレビ東京『ガイアの夜明け』、TBS『がっちりマンデー!!』などに出演。

・『日経 TRENDY』ヒット予測 2016 に選出。

・『DIME』ヒット商品 2015 に選出。


 

【会社概要】

企業名:akippa株式会社

大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1丁目2番1号AXIS本町ビル9F

東京オフィス:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目1番11号郁文堂青山通りビル5F

名古屋オフィス:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5番33号名古屋有楽ビル6F

代表取締役社長:金谷元気

設立:平成21年2月2日

資本金:9億4943万6576円(資本準備金含む)

従業員数:73名(アルバイト22名含む) ※2015年12月現在

企業理念:indispensable to the world  ”なくてはならぬ”をつくる



【本プレスリリースについてのお問い合わせはこちら】

akippa株式会社

広報チーム 担当:森村 優香(モリムラ ユカ)
                 菅田 安利沙(スゲタ アリサ)

Tel:03-6450-6090 菅田直通:080-9744-4422 
Mail:info@akippa.co.jp
URL: http://akippa.co.jp








  

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. akippa株式会社
  4. >
  5. 駐車場シェアサービスの『akippa』が6億円の資金調達