BI業界初となる、仮想化された「データ準備モジュール」を備えた「Yellowfin 7.3」を発表

分析時のデータ準備プロセスを大幅に削減し、すべてのデータを一つのBIプラットフォームで一元管理

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツール/分析ソフトウェアのグローバルベンダーであるYellowfin Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 CEO:グレン・ラビー、以下Yellowfin Japan)は、BI業界初となる、データ準備モジュールを備えた「Yellowfin 7.3」を発表します。
「Yellowfin 7.3」では、データ準備に関する課題を解決するためのデータ準備モジュールに加え、新たなビジュアライゼーション手法などの機能を提供します。

データ準備とは、データを検証し、分析作業、レポート作成に適した一貫性のある書式に変換するためのプロセスです。データ準備モジュールの一つである、データプロファイリング機能では、特定のデータに基づき推奨されるアクションが提供されるだけでなく、目的の分析タイプに合わせて、一度にデータセット全体や選択した行や列を、簡単にプロファイリングすることができます。これらのデータ準備モジュールは、標準ライセンスの一部として利用できるため、追加費用は一切必要ありません。

「Yellowfin 7.3は、BI/分析ソフトウェア分野の常識を覆す画期的な機能と新たな価値を提供します。」と、Yellowfinグローバル本社 CEOであるGlen Rabieは述べています。「Yellowfinの仮想化されたデータ準備モジュールは、分析データを準備する際に誰もが遭遇する、構築費用、複雑さ、セキュリティ、非効率性と言った典型的な課題に対応しています。BI/分析業界内でこの課題を解決するために、Yellowfinと同様の方法による対処をしているベンダーは他にいません。

Yellowfinのデータ準備モジュールは、企業内のデータアナリストやIT部門、そしてビジネスユーザーのニーズを本質的にサポートします。データアナリストは分析作業のデータ準備をより短時間で完了することができ、IT部門はより簡単にデータを管理することが可能になります。またビジネスユーザーは、重要な課題を解決するために、信頼できるデータへ素早くアクセスすることができます。必要なすべてのデータを、ひとつのBIプラットフォームへ簡単に統合し、書式を整えてデータの価値を高めることでスムーズに分析作業やレポート作成をおこなうことができるようになります。

【データ準備モジュールが下記の方法によりデータ準備の負担を軽減】
  • レポート作成のための、データ準備プロセスをひとつのプラットフォームへ統合
  • 一度にデータセット全体や一部の行、列をプロファイリングすることができるデータプロファイリング機能の提供
  • データに基づいて、推奨されるアクションが提案される、メタデータモデリング機能の提供

【仮想化というアプローチ:すべてのデータと分析コンテンツを一つの統合されたプラットフォームで管理】
「これまでのデータ準備における問題点は、BIを活用する企業に事前にデータ移行を強いてきたことです。それによって、ガバナンスとセキュリティの危険にさらされていました。」とRabieは述べています。

「ある環境から別の環境へのデータ移行は、不正なデータアクセスの危険性を高めます。Yellowfinの仮想化されたアプローチでは、データアナリストがひとつのプラットフォームから直接データソースに接続し、データ準備、分析することができます。仮想化されたデータ準備モジュールの提供により、Yellowfinのユーザーはデータと分析コンテンツのガバナンス、セキュリティ、一貫性を維持することができます。データ準備におけるすべての設定は、レポート、グラフ、ダッシュボードからストーリーボードに渡るすべてのコンテンツに、均一に反映されることになります。」とRabieは述べます。

YellowfinのプロダクトマーケティングマネージャーであるIvan Seowは「データ準備と分析作業をひとつのアプリケーション内で実行できるようにしたことにより、マルチツールアプローチによる多額のコストと複雑さから解放されます」と述べています。
これまでのデータ準備と分析作業は、それぞれ別のソフトウェアアプリケーションで実行され、二重にデータ準備をおこなわなくてはならないという課題がありました。また二つの製品について学び、管理するためのコストが発生します。信頼できず、安全とは言いきれない別々のデータを作成する、セルフサービスデータ準備ツールのスタイルであることは言うまでもありません。Yellowfinはすべての企業内データのために、ひとつの信頼できるプラットフォームを提供することで、既存のデータ準備作業の複雑さからユーザーを解放し、ダッシュボードから分析対象のデータソースへの接続を一つの分析プラットフォームで実施することができます。

【データプロファイリング:新しい分析用データソースを素早く導入】
Yellowfinのデータプロファイリング機能により、データアナリストは、目的の分析タイプに合わせて、一度にデータセット全体や選択した行、列を、簡単にプロファイリングすることができ、アナリストはデータ型や品質を素早く検証することができます。プロファイルされたデータの数と分布はビジュアル化され、各列に含まれる値の統計(最小、最大、中間値、平均、Null値、外れ値など)も提供します。

「Yellowfinは、業界で唯一データプロファイリング機能を提供するBIベンダーです。」とRabieは述べています。「Yellowfinのデータプロファイリング機能によりデータアナリストは、新しいデータセットを効果的、効率的に整え、さらに価値を高めることができます。」

【メタデータモデリングのベストプラクティス:推奨アクションを提案】
データプロファイリングが実現する重要な機能強化は、検証した結果に基づいてメタデータ設定の最良策を利用者に提案する機能の実装です。Yellowfinはこの機能で検証された結果に基づいて、よりデータを美しく整えてデータの価値を高める方法を、推奨される操作として提案します。これにより、より信頼でき、多くの気づきを得るレポートを短期間で提供することができます。

【Yellowfin 7.3】
Yellowfin BIプラットフォームの最新バージョン、「Yellowfin 7.3」では、新しいデータ準備モジュールのほか、Set分析や、より自由度の高いコンテンツ作成キャンバスなど、Yellowfinの高度なデータビジュアライゼーション機能を大幅に強化しています。

「データを比較することは、ビジネスの現場で最も頻繁におこなわれている最も重要な分析手法のひとつです」とRabieは述べています。「Yellowfin 7.3の新しいSet分析機能を使えば、高度な技術やサブクエリーの利用は必要なくなり、比較分析を瞬時に、かつ簡単に実行できます。」

Seowは、「今回大幅に刷新されたコンテンツ作成キャンバスは、シンプルで簡単にコンテンツ作成や書式適用ができるようになり、美しく、目的にマッチしたビジュアライゼーションやインフォグラフィックを、ドラッグ&ドロップで作成できるようになりました」と述べています。


<Yellowfin Japan株式会社の製品・サービスに関するお問い合わせ>
Yellowfin Japan株式会社 
MAIL: pr.jp@yellowfin.bi
http://www.japan.yellowfin.bi/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Yellowfin Japan株式会社
  4. >
  5. BI業界初となる、仮想化された「データ準備モジュール」を備えた「Yellowfin 7.3」を発表