【イベント報告】ラグビー世界最強オールブラックス ファンや⼦どもたちとケガ予防をしながらラグビーを楽しむ交流イベントをAIG が開催

元格闘家の髙⽥延彦さん、元ラグビー⽇本代表の⼤⻄将太郎さんとオールブラックスの選⼿によるトークセッションも実施

AIG ジャパン・ホールディングス株式会社(代表取締役社⻑兼CEO ロバートL.ノディン、以下、AIG ジャパン)は、
本⽇、スポンサー契約を結んでいるラグビーニュージーランド代表(愛称:All Blacks、以下オールブラックス)を招き、
東京駅前の丸の内⾏幸通りの特設会場にて、ラグビーファンや⼦どもたちとのラグビー交流イベントを開催したことをお知
らせします。

オールブラックス流ストレッチ体操


 

オールブラックス選⼿と髙⽥延彦⽒、⼤⻄将太郎⽒、 ロバート・ノディンAIG ジャパン社⻑兼CEO と⼦どもたち


このイベントは、まさかの時だけでなくまさかが起こらないように、世界中の知⾒と最先端テクノロジーを駆使してお客さまをお守りする新事業戦略コンセプト「ACTIVE CARE」を提唱している⽇本におけるAIG グループ(AIG ジャパン・ホールディングス株式会社、AIU 損害保険株式会社、富⼠⽕災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、AIG 富⼠⽣命保険株式会社など)が、ニュージーランドラグビー協会とのパートナーシップならびに⽇本ラグビーフットボール協会にご後援いただき実現しました。⼩学⽣やラグビーファン約130 名が参加し、オールブラックスの選⼿9 名の指導の下、ケガ予防のためのオールブラックス流ストレッチ体操に始まり、タックル練習やトライ練習を体験しました。また、⾃⾝が主宰する体育教室でもケガの回避やそのためのストレッチの重要性を教えている元格闘家でタレントの髙⽥延彦さんが会場に駆けつけ、ラグビーを通じた交流に加え、オールブラックスの選⼿とのトークセッションも⾏われました。


AIG ジャパンは、傘下の保険会社を通して保険事業を展開していますが、起きてしまった出来事への経済的な補償だけでなく、そもそも事故が起こらないようなリスクを最⼩化する予防的サービスを積極的に提供していくことも、今後の保険の重要な役割として位置付けています。この「ACTIVE CARE」のコンセプトの下、イベントに参加した⼦どもたちやファンがケガをすることなくスポーツに打ち込めるよう、ケガのリスクを回避する⽅法を伝えながら、参加者に“予防”や“事前の備え”が重要であることを体験していただきました。

今後もAIG グループは、「リスクを未然に防ぐこと」の重要性を広く啓発していくため、⾃社ならびに協賛先とも連携しながら、様々な取り組みを積極的に⾏ってまいります。

<実施概要>
開催⽇:2016 年12 ⽉1 ⽇(⽊)
場所:特設会場(丸の内⾏幸通り)
参加選⼿:ジェローム・カイノ、ブロディ・レタリック、タウェラ・カーバーロー、スティーブン・ルアトゥア、
コーディ・テイラー、アントン・レイナートブラウン、リアム・スクワイア、スコット・バリット、ダミアン・マッケンジー
参加者:千代⽥区⽴お茶の⽔⼩学校5〜6年⽣約80名と公募参加者合計約130 名
ゲスト :髙⽥延彦⽒(元格闘家・タレント)、⼤⻄将太郎⽒(ラグビー元⽇本代表)
内 容:オールブラックスの選⼿によるタックル練習、トライ練習、アクティブケアストレッチ、オールブラックスの選⼿と元格闘家・タレントの髙⽥延彦さん、ラグビー元⽇本代表・⼤⻄将太郎さんとのトークショー
 

髙⽥⽒、⼤⻄⽒、オールブラックス選⼿のトークショー

 

 

オールブラックス選⼿から髙⽥⽒へのユニフォーム贈呈

 

オールブラックス選⼿と⼦どもたちのタックル練習

 

ロバート・ノディン社⻑と参加⽣徒

 

オールブラックス選⼿から⼦どもたちへの記念品贈呈

 

オールブラックス選⼿と左から髙⽥⽒、ロバート・ノディン社⻑、 ⼀般社団法⼈⼤⼿町、丸の内、有楽町地区まちづくり協議会 合場理事⻑、⼤⻄⽒

 


<参加者コメント>
オールブラックス ジェローム・カイノ選⼿
「オールブラックスのパートナーであるAIG に⽇本のラグビーファンと触れ合える貴重な機会をいただけて感謝しています。今⽇のイベントを通して⼦どもたちにケガ予防の⼤切さを学んでもらえたと思います。今後、⼦どもたちがスポーツについて学び、ケガなく安全に楽しんでくれることを願っています。将来、オールブラックスのライバルとなるような選⼿が⽇本からたくさん誕⽣するのを楽しみにしています。」

元格闘家・タレント 髙⽥延彦さん
「オールブラックスの選⼿たちはまさに男の中の男でしたね。⼤きな体と実⼒はもちろん、事前準備の⼤切さをすごくよく理解していて、『ACTIVE CARE』していることが世界最強のチームを作り上げているんだなと感⼼しました。」

元ラグビー⽇本代表 ⼤⻄将太郎さん
「世界最強チームの選⼿と触れ合えたことで、⼦どもたちがラグビーにもっと関⼼を持ってくれると嬉しい。AIG はこれまでも⽇本でのラグビー普及に貢献していただいているが、今⽇のイベントでより多くの皆さんにラグビーの魅⼒を知っていただけたと思う。2019 年に⽇本で開催するラグビーワールドカップ2019 の成功を願っています。」

AIG ジャパン・ホールディングス社⻑兼CEO ロバート・ノディン
「今回、オールブラックスの選⼿たちを迎え、⽇本のラグビーファンの皆様にご紹介することができることを⾮常に嬉しく思います。オールブラックスは、リスクを減らすために積極的に⾏動することによって、チャンピオンの⽴場を維持し続けることができるということを実際に⽰してくれています。これはまさに、『ACTIVE CARE』のコンセプトを通して私たちが世の中に訴求していきたいポイントと合致すると考えています。」

<ニュージーランドラグビー協会のスポンサーシップについて>
AIG は2012 年からニュージーランドラグビー協会(NZR)とスポンサーシップ契約を結んでおります。以来、世界64カ国においてラグビーの普及活動を展開し、東京を含む9 都市で国際レベルのラグビーイベントを開催し、世界中の何百万⼈の⼈々にラグビーの魅⼒を発信してきました。2016 年11 ⽉の契約更新により、引き続きNZR のメジャーグローバルスポンサーならびにオールブラックスのオフィシャルインシュアランスパートナーとして、今後6年間、オールブラックスをはじめ、オールブラックス・セブンズ(7 ⼈制ラグビー代表)男⼦・⼥⼦、マオリ・オールブラックス(ニュージーランド先住⺠族マオリ族によって構成される代表)、ブラックファーンズ(⼥⼦15 ⼈制代表)、U20 ニュージーランド代表(20歳以下男⼦15 ⼈制代表)をサポートしてまいります。

<AIG について>
AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、100 以上の国や地域で顧客にサービスを提供しています。1919年に創業し、現在では、損害保険、⽣命保険、リタイヤメント商品、モーゲージ保険およびその他の⾦融サービスを幅広く提供しています。AIG グループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法⼈および個⼈のお客様の資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社AIG, Inc.はニューヨークおよび東京の各証券取引所に上場しています。⽇本では、AIU 損害保険株式会社、富⼠⽕災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、AIG 富⼠⽣命保険株式会社、ジェイアイ傷害⽕災保険株式会社、AIG 富⼠インシュアランスサービス株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。
詳細は、ウェブサイトwww.AIG.com をご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. AIGジャパン・ホールディングス株式会社
  4. >
  5. 【イベント報告】ラグビー世界最強オールブラックス ファンや⼦どもたちとケガ予防をしながらラグビーを楽しむ交流イベントをAIG が開催