日本トイザらス、「Earth Hour (アースアワー)2012」に参加!!

main image
玩具とベビー用品の国内最大級の総合専門店である日本トイザらス株式会社(本社:神奈川県川崎市、以下、日本トイザらス)は、世界約100カ国において活動する環境保全団体WWF(世界自然保護基金)主催の地球温暖化防止のための世界最大イベント「Earth Hour(アースアワー)2012」に参加し、2012年3月31日(土)20時30分から、全国80を超えるトイザらス、ベビーザらス店舗の屋外照明を一斉消灯します。

「Earth Hour」は、世界中の人々が同じ日、同じ時間に照明を消すことで、地球温暖化防止を願う思いを示すイベントで、2007年にオーストラリアのシドニーで始まり、2011年までに、世界135カ国、5200超の都市で18億人超の人々が参加しています。個人、団体問わずどなたでもご参加いただけますので、詳しくは公式サイトにてご確認ください。(http://earthhour.wwf.or.jp)

今年は現地時間の3月31日(土)20時30分から21時30分に開催されます。パリのエッフェル塔やニューニョークのエンパイアステートビルといった世界的なシンボルの照明が消されるとともに、今回初めて国際宇宙ステーションで、欧州宇宙機関の宇宙飛行士アンドレ・クーパー氏が、世界各地の現地時間にあわせて電気が消えていく様子を観測する予定です。

今回の発表にともない、トイザラス アジア・パシフィック社長モニカ・メルツは次のように述べています。「日本トイザらスは、玩具とベビー用品のオーソリティとして、次世代に受け継いでいくために、環境保護活動を積極的に行なっています。今年も地球温暖化防止のためのイベント『Earth Hour』をサポートできることを大変嬉しく思っております。年1回、1時間電気を消すという簡単な行動が、世界中の人々の心をひとつにし、地球温暖化への注意喚起につながっています。当社は引き続き、『Earth Hour』のような積極的な環境への取り組みをサポートするとともに、ビジネスにおける環境負荷軽減にも努めてまいります」。

日本トイザらスの環境保護活動について
・全国165店舗のトイザらス、ベビーザらスの電気や空調を本社で一元管理し、店舗の営業時間にあわせて自動的に電源の入/切をコントロールし、不要な電力消費を抑制しています。
・店舗や物流センターを改装する際にエネルギー効率の良いLED照明を使用し、冷暖房機器の性能を向上させ、またリノリウムのような環境に優しい床材に交換しています。
・トイザらス、ベビーザらス店舗では、レジ袋を不要とされるお客様に割引サービスを実施しています※。これまでに490万枚超のレジ袋の削減を実現しています。
・本社と店舗において、エコキャップ運動を実施しています。ペットボトルのキャップを回収し、リサイクルした売却益で世界中のお子様にワクチンをお届けする活動で、2010年11月からこれまでに、156人分のワクチンに相当する12.5万個超のキャップを回収しています。
・地域の清掃活動にも取り組んでいます。昨年は「2011年藤沢ビーチクリーニングプロジェクト」に協賛し、日本トイザらスや他企業のボランティアにより、神奈川県の鵠沼海岸で165袋分(198kg)のゴミを収集しました。


※500円以上(税込)お買い上げいただいたお客様対象のサービスで、ベビーカーなどの大型商品やオムツ、すでに袋に入っている商品などは対象外となります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本トイザらス株式会社
  4. >
  5. 日本トイザらス、「Earth Hour (アースアワー)2012」に参加!!