エンバカデロ、フリーミアムモデルのスマホアプリ開発機能を提供

Appmethodの新バージョンのリリースよりC++言語によるAndroidスマホアプリ開発を無料で実現

•エンバカデロがモバイルアプリ開発環境「Appmethod」の新バージョンで、期限なく0円で使える無料版を6月19日より提供開始
•エンバカデロの初めてのフリーミアム戦略。完全無料でAndroidアプリ開発が行える。個人だけでなく、企業も利用できる。まずは使い勝手のよさを体感してもらう目的
•ユーザーは1つのツールの使い方を習得するだけで、Android、iPhone両方のアプリを作ることが可能(*1)。学習コストが大幅に削減できる。同じ操作でWindows / Macのアプリも作成できる。
•日本語版、英語版、ドイツ語版、フランス語版が使用でき、オフショア開発等でも活躍
main image
エンバカデロ・テクノロジーズ(日本法人:東京都文京区、日本法人代表:藤井 等、以下エンバカデロ。本社:米国サンフランシスコ)は、マルチデバイス向けアプリケーション開発プラットフォーム「Appmethod(アップメソッド)」の新バージョンを本日より提供開始したことを発表しました。新バージョンでは、無料版の提供を開始し、Androidベースのスマートフォン向けのC++開発機能を期限なく無料で使えるようにしました(今までは30日間利用可能なトライアル版のみ提供*2)。さらに、最初の30日間は、Androidのすべてのプラットフォーム、iOS、Windows、Mac OS X向けの開発も無料で利用でき、一回の開発で複数のプラットフォームに対応できるAppmethodのメリットを体感できます(30日以降はAndroidベースのスマートフォン向けの開発機能のみ無料で利用できます)。

今回の無料版の提供は、Appmethodのフリーミアム戦略に基づくものです。世界でもっとも使われるC++言語によって、幅広く普及しているモバイルプラットフォームであるAndroidベースのスマートフォン向けのアプリを開発できる環境を無料で提供することで、Appmethodの使い勝手のよさを体感してもらうことを目的としています。無料版で開発したアプリは、パブリックアプリストア(Apple App Store、Amazon App StoreおよびGoogle Play)で公開できます(他の方法で配布する場合には、年間サブスクリプション(利用料)契約で使用できる「個人プラン」または「ビジネスプラン」の購入が必要です)。

モバイルアプリ開発では、Android、iPhoneそれぞれで別のプログラミング言語、ツールを使う必要がありました。高度なユーザーインターフェイスやユーザーエクスペリエンス(UI/UX)を実現しようとすると、格段に難しいコーディングが必要となっていました。Appmethodは、性能に妥協することなく簡単さを追及した開発ツールです。コンポーネントと呼ばれるプログラム部品を用いたビジュアル操作で開発を行い、すばやく動くアプリを作成できます。ひとつのツールでAndroid、iPhone / iPad双方のアプリを作成できる(*1)ので、学習コストや開発工数を大幅に削減できます。加えて、Windows / Mac向けの開発も同じコードを利用して行えるので、モバイルから始めて幅広いプラットフォームに対応する「モバイルファースト開発」を効率的に実践できます。

Appmethod新バージョンが提供する主な機能は以下のとおりです。

・C++によるマルチデバイス開発をサポート:C++言語によってAndroid、iOS、Windows、Mac OS X、さらにはGoogle Glassなどのウェアラブルデバイス向けの開発をサポートしています。開発したアプリは、CPUで直接実行されるネイティブコードなので、デバイスの機能を最大限活かした性能を発揮します。

無料から始められる手軽さ:無料版では、30日間すべてのプラットフォーム向けの開発機能を利用できるのに加えて、期限なしでC++によるAndroidベースのスマートフォン向け開発機能を利用できます。パブリックアプリストアで公開するために、費用はかかりません。

コンポーネントフレームワーク:マルチデバイス対応のコンポーネントフレームワークが、100種類以上のすぐに利用できるプログラム部品を提供します。マウス操作で設計画面に配置し、ビジュアル操作で設定を行うことで、すばやく複数デバイス向けのアプリを構築できます。コンポーネントには、ユーザーインターフェイスを構築する部品や、GPSなどのセンサー機能の利用、アプリ内課金、アプリ内広告などの機能も含まれます。

・エンタープライズモビリティサービス:主要なエンタープライズデータベースや企業のバックエンドシステムと連携するためのミドルウェア機能を用いることで、ビジネス用途のモバイルアプリを効率的に開発することができます。

・クラウドサービスの利用:RESTやSOAPベースの任意のサービスと容易に連携できます。ParseやKinveyといったMBaaSサービス、SecureAuthやShephertzといったクラウドサービスをアプリで簡単に利用することができます。

・多言語に対応済:モバイル開発環境は英語版のみのツールが多い中、Appmethodは、開発環境やドキュメントがすべて日本語化されています。日本語版、英語版、ドイツ語版、フランス語版が使用できるので、海外での開発でも同じ製品を使うことができます。

Appmethod無料版の提供時期
Appmethod無料版は、本日より http://www.appmethod.com/jp にて提供開始します。

*1 Android、iPhone / iPad双方のアプリを作成する場合は、最初の30日以降は有償版が必要です。Androidアプリのみ無期限で作成できます。
*2 Object Pascal(Delphi)によるマルチデバイス開発機能を提供する「Appmethod」(アップメソッド)は、既に4月21日より提供開始しています(30日無料トライアル版の提供有り)。C++対応及び期限のない無料版は今回が初めての提供となります。

以上

■エンバカデロ・テクノロジーズについて
エンバカデロ・テクノロジーズは、1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」との合併によって、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーとなりました。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のコミュニティが、エンバカデロのDelphi®、C++Builder®といったCodeGear™製品やER/Studio®、DBArtisan®、RapidSQL®をはじめとするDatabaseGear™製品を採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。エンバカデロ・テクノロジーズは、サンフランシスコに本社を置き、世界各国に支社を展開しています。詳細は、http://www.embarcadero.com/jp をご覧ください。

#Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。

# # #

読者のお問い合わせ先:
エンバカデロ・テクノロジーズ
〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル 5F  TEL 03-4577-4520
E-mail: japan.info@embarcadero.com URL: http://www.embarcadero.com/jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. エンバカデロ・テクノロジーズ合同会社
  4. >
  5. エンバカデロ、フリーミアムモデルのスマホアプリ開発機能を提供