向きがバラバラ「ムカデまつ毛」!?抜けてスカスカ「貧乏まつ毛」!?「ひじきまつ毛」だけじゃない新種“ブスまつ毛”が多数目撃! !

スカルプD まつ毛に関する情報をまとめたWEBサイト『#まつ育アカデミー』オープン

まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」をはじめ、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山熊裕)では、2014年11月11日(火)の「美しいまつ毛の日」に、まつ毛に関する情報をまとめたWEBサイト 『#まつ育アカデミー』をオープンいたしました。今回当社では、サイトの公開開始にともない、全国の20~30代 有職者男女500名を対象として、「女性のまつ毛メイク」に関する意識・実態調査をおこないました。
main image
■「まつ毛メイクは見た目を大きく左右する!」女性の約8割が回答
はじめに20~30代の女性250名に、普段のメイクについて調査を実施しました。
まず「普段、メイクをするときに、最も力を入れているのはどこですか?」と質問したところ、最も多かった回答は「アイメイク」で49%。また、「まつ毛メイクは女性の見た目を大きく左右すると思いますか?」と聞いたところ、76%と約8割が「そう思う」と回答しました。


■「カワイイ」を目指して、逆効果に?近年目撃されている新種“ブスまつ毛”
しかし一方で、かわいくなろうと「まつ毛メイク」をやりすぎてしまい、結果的に残念な“ブスまつ毛”状態になっている女性も多い様子。実際に、「残念な“ブスまつ毛”状態の女性を見たことがありますか?」と聞いたところ、女性では68%と約7割、女性の細かなメイクにはなかなか気づきにくい男性でも36%と3人に1人が「ある」と回答しました。

そこで、具体的に「目撃したことのある“ブスまつ毛”」を聞いたところ、下記のような回答が上位に。これまで、「まつ毛メイク」を張り切りすぎて、かえって“ブスまつ毛”になってしまう例と言えば、マスカラのダマによっておこる「ひじきまつ毛」が昔からの定番ともいえる存在でしたが、最近では「新種」の“ブスまつ毛”も多数目撃されているようです。

【新種“ブスまつ毛”はこんなまつ毛!? 目撃率と解説 】

●「ひじきまつ毛」…72%
以前から目撃される“ブスまつ毛”で、マスカラの重ねづけでダマになり、ひじきの煮物のようになったまつ毛

●「ヤマンバまつ毛」…76%【新種】
つけまつ毛・エクステを無駄につけ、ヤマンバのような見た目になったまつ毛

●「福笑いまつ毛」…67% 【新種】
つけまつ毛のズレ、はがれによって福笑い状態になったまつ毛

●「直角まつ毛」…50%【新種】
まつ毛を根元からビューラーでグイッと上げ、角度が90度になったまつ毛

●「貧乏まつ毛」…49%【新種】
まつ毛エクステがメンテナンスできず、一部が抜けてスカスカになったまつ毛

●「ムカデまつ毛」…46%【新種】
つけまやエクステが変にくっついて、まつ毛の向きがバラバラになったまつ毛

調査結果からは、つけまつ毛やまつ毛エクステなど、ここ数年で「まつ毛メイク」の手法が多様化したことが、さまざまな新種の“ブスまつ毛”が登場する一因になっている様子がうかがえます。

さらに、“ブスまつ毛”目撃者たちの声としては、次のような厳しい回答が挙がっています。
・「まつ毛エクステの量が多過ぎて、目元がクドい印象の女性がいる。」(28歳・女性)
・「後輩と遊園地に行った時、絶叫マシンに乗るたびに、まつ毛がどんどんズレて怖かった。」(36歳・女性)
・「気合いを入れてメイクしたのはわかるが、乱れているとむしろ無神経さや品のなさを感じる。」(38歳・男性)
・「容姿が良かったとしても、まつ毛ひとつがダメだと、かなり台無し。」(34歳・男性)
・「手入れできないのであれば、そのままのまつ毛のほうがキレイだと思ってしまう。」(27歳・男性)

小さなパーツではありますが、“ブスまつ毛”を目撃した人は男女問わず、かなり残念な印象をもってしまうことが多いようです。


■女性たちもやりすぎメイクの“ブスまつ毛”自覚症状アリ…しかし、ケアには無関心
そこで、「“ブスまつ毛”の原因は何だと思いますか?」と質問したところ、「不十分なまつ毛ケア」と回答した人が46%という結果に。「まつ毛メイク」に力を入れる女性は多い一方で、やりすぎて“ブスまつ毛“状態になってしまったまつ毛を、十分にケアできている女性は少ない様子がうかがえます。こうした女性たちのまつ毛ケアへの意識の低さは、今後さらなる“ブスまつ毛”を生み出す可能性もありそうです。


■スカルプDまつ毛美容液開発担当に聞いた、「まつ育」の心得
<アンファー株式会社 エイジング研究所 研究員 中本万里子>

このような“ブスまつ毛”状態は、「見た目」もさることながら、まつ毛への負担も大きいもの。特に、誤ったビューラーの使い方や、つけまつ毛の雑な取扱い、まつ毛エクステの継続的な利用などは、地まつ毛に大きなダメージを与えることが多いと言えます。

とはいえ、女性であれば、まつ毛のおしゃれを常に楽しんでいたいもの。365日、スキのない目元でいるためには、まつ毛を育てるという意識と行動が大切になってきます。マスカラやつけまつ毛を落とす時には、専用のリムーバーで負担をかけないようにする、ビューラーのゴムはこまめに付け替える、まつ毛美容液で地まつ毛そのものを元気にするなど、日常的なケアを心がけましょう。

まつ毛は頭髪よりヘアサイクルが短いので、しっかりとケアしていれば、効果が現れやすい部分です。クリスマス・年末年始など、イベントの多いこれからの時期、しっかりケアしてスキのないまつ毛を目指しましょう。


■女性に正しいまつ毛ケアの知識を…まつ毛の情報サイト『#まつ育アカデミー』
まつ毛美容液市場シェアNo1*の「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ」を展開するアンファーでは、2014年11月11日(火)の「美しいまつ毛の日」に、現代女性に対して正しいまつ毛ケアの情報を提供することを目的としたまつ毛の情報サイト『#まつ育アカデミー』をオープンいたしました。

サイト内には、今回のレポートで紹介した調査結果のほか、まつ毛の正しい知識を問う「まつ育統一テスト」など、まつ毛をテーマにしたコンテンツが盛りだくさん。また今後も、女性のみなさまに「まつ育」を通じてイキイキとした美しいまつ毛を目指していただくべく、まつ毛に関するさまざまな情報も配信してまいります。

*トリートメント・マスカラ市場(ブランドシェア)2013年実績(富士経済調べ)


▼『#まつ育アカデミー』WEBサイト
http://sd-beaute.angfa-store.jp/matsuge/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アンファー株式会社
  4. >
  5. 向きがバラバラ「ムカデまつ毛」!?抜けてスカスカ「貧乏まつ毛」!?「ひじきまつ毛」だけじゃない新種“ブスまつ毛”が多数目撃! !