MUGENUP、KADOKAWA Contents Academyと業務提携

台湾のクリエイター育成施設「角川国際動漫教育」で、 ゲームイラストに特化したカリキュラムを完全監修

株式会社MUGENUP(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:一岡 亮大、以下「MUGENUP」)は、KADOKAWA Contents Academy株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀鉄也、以下「KADOKAWA Contents Academy」)と、業務提携契約を締結することをご報告いたします。
main image
新しいコンテンツを生み出す才能を日本だけではなくグローバルに求めるため、台湾クリエイター育成施設「角川国際動漫教育」を設立したKADOKAWA Contents Academyと共に、MUGENUPはより実践的な技術とクリエイターデビューまでの筋道を提供いたします。MUGENUP完全監修の元、2014年9月、「カードゲームイラストレーターコース」が開講されます。

◆角川国際動漫教育とは
KADOKAWA Contents Academyより、新たな時代を担う優秀なクリエイターを育成することを目的として設立された教育施設。角川国際動漫教育では、ツールオペレーション(技術)だけではなく、魅力的な作品を生み出すテクニックを中心に、日本が世界に誇る 「日本独自のコンテンツ制作ノウハウ」を実践的に学ぶことができます。

◆カードゲームイラストレーターコースとは
人気カードゲームのイラストレーターを育成するコース。MUGENUPがカリキュラムの完全監修・講師を務め、全2コース(1年間)を通して学ぶことで、ビジネスに直結したデザイン技術やコミュニケーション能力を身につけます。国を越えて活躍できる、優れたプロクリエイターの育成を想定したプログラムです。
MUGENUPの教育プログラムは、最新の市場を意識した企画設計、カリキュラムの制作から講師派遣までをワンストップで提供いたします。

【お問い合わせ先】
info@mugenup.com

■会社概要
株式会社MUGENUP http://mugenup.com/
株式会社MUGENUPは「クリエイティブを科学する。」をミッションとし、コンテンツ制作時に発生する煩雑な制作の管理、リソース確保のシステム化、制作支援ツールの開発•提供を行っております。2012年に開始したクラウドソーシング事業では、日本•中国•台湾を中心とした様々な得意分野をもつ国内外のイラストレーター•3DCGクリエイター18000人をネットワーク化し、プロジェクトごとにクラウド上でチームを組み、分業制でコンテンツを制作するクラウドソーシングプラットフォームを提供しております。2014年に発足したエンターテイメント事業部では、ライブコミュニケーティングアニメーションをはじめ、弊社のクラウドソーシングプラットフォームを用いた新しい3DCGコンテンツの制作・開発を行っています。

KADOKAWA Contents Academy株式会社 http://www.kadokawa-ca.co.jp/
株式会社KADOKAWAならびにKADOKAWA Contents Academy株式会社は、国内外の政府機関、有力企業、教育機関とともに、海外における、アニメーター・漫画家・キャラクターデザイナー・カードゲームイラストレーター・小説家・声優などの育成を目的として、「海外コンテンツスクール事業」の展開を進めています。

◆参考情報
【角川国際動漫教育(英名:KADOKAWA International Edutainment)】
台北市館前路43號7樓
Tel: 02-2311-3767
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. MUGENUP
  4. >
  5. MUGENUP、KADOKAWA Contents Academyと業務提携