マネーパートナーズ、海外利用専用プリペイドカード 「マネパカード」のシステムにTISの『PrepaidCube+』を採用

~ 複数通貨に対応するプリペイドカード事業のスピーディな立上げを実現 ~

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下TIS)は、FX・証券取引事業者の株式会社マネーパートナーズ(本社:東京都港区 代表:奥山泰全、以下 マネーパートナーズ)が、同社の海外利用専用プリペイドカード「マネパカード」のカード発行システムに、TISが提供する国際ブランドプリペイドカード※1事業サポートサービス『PrepaidCube+(プリペイド キューブプラス)』を採用したことを発表します。

 ※1:ペイメントカードの国際ブランドが運営するインフラを利用したプリペイドカードサービス
main image
 マネーパートナーズは、MasterCardブランドを活用して、複数通貨に対応する海外利用専用の個人向けトラベルプリペイドカード「マネパカード」を2014年9月3日よりサービス提供しています。

 プリペイドカード事業の立ち上げに必要な各種業務システムからカード発行に関する運営業務までをサービス形式で提供する『PrepaidCube+』の採用により、マネーパートナーズはMasterCardブランドライセンスの取得後、約1年という短期間で、同社では初となるカード事業「マネパカード」サービスの開始を実現しました。

■『PrepaidCube+』導入の背景と選択理由
 マネーパートナーズでは、顧客基盤の拡大を目的に外貨両替関連のサービス拡充を進めており、この一環としてユーザーの間口を広げる海外利用専用の個人向けトラベルプリペイドカード事業への参画を数年前から検討していました。MasterCardのブランドライセンスの取得後、同社ではカード事業の立上げのための様々な情報収集を行い、検討の結果、以下の点を評価してTISの『PrepaidCube+』を選択しました。

・TISのカード業界における実績とノウハウ
TISは、長年にわたり数多くのカード関連のシステムを手がけており、業界・業務知識が豊富で、提案フェーズでの質問に対するレスポンス・対応力や提案資料が充実していた

・機能の充実
『PrepaidCube+』は、1枚のカードで複数通貨※2の取り扱いを可能とする「マルチカレンシー機能」を実装しており、マネーパートナーズが持つ統合顧客システムとの柔軟な連携が可能だった
 ※2:「マネパカード」では、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨に対応

・低価格と短納期
『PrepaidCube+』は、ASP型で提供されているため、最小限のカスタマイズで利用でき、プロジェクト立ち上げから約1年という早期でのカード事業が開始できる点

株式会社マネーパートナーズ外貨サービス営業部 村瀬真氏は、『PrepaidCube+』導入に関して以下のように述べています。
「カード業界における実績に加えて、提案の過程や内容を高く評価して、TISの『PrepaidCube+』を選択しました。『PrepaidCube+』は、サービス化されたシステムを効果的に利用できるため、高い品質のものを低コストで、スピーディに導入できました。システム的なことは勿論、当社の事業担当部門とのコミュニケーション力や、課題や問題への対応力には感心しました。課題に対しては状況を考えた的確な提案があり、非常に心強い対応をしていただきました」

■『PrepaidCube+』の今後の展開
 2013年12月より提供開始した『PrepaidCube+』は、ブランドプリペイドカード市場の盛り上がりを背景に多くの企業より引き合いがあり、既に数社において採用実績があります。
 TISでは、『PrepaidCube+』に、POS入金やクレジット入金などの“入金チャネルの拡大”といった機能追加や、“決済データのマーケティング活用”などのオプションサービスを拡張していき、更なる拡販を図っていきます。

■「マネパカード」について
 「マネパカード」は、国内のFX専業会社としては初のMasterCardのカード発行ライセンスを取得して発行した個人向け海外利用専用のトラベルプリペイドカードです。海外への渡航前に円貨から外貨に両替を行い、カードにチャージしておけば、海外のMasterCard ATMからの現地通貨引き出しや、MasterCard加盟でのキャッシュレス決済が可能になります。詳細は以下をご参照下さい。http://card.manepa.jp/ 

■株式会社マネーパートナーズについて
 株式会社マネーパートナーズは、 FX(外国為替証拠金取引)、CFD、証券取引を取り扱うインターネット証券会社です。“投資家の為に、投資家目線で”を思いに、業界初の手数料無料化、100通貨単位のサービス開始、新規決済の区別なく売買が出来るASストリーミング注文、お客様資産全体での利食い・損きり指定ができるアセット・コントロール、株券を担保にFX取引が出来る代用有価証券サービス、成田・関空での外貨両替・受取サービスなど、お客様に喜ばれる他社にない画期的なサービスに取り組んでいます。詳細は以下をご参照ください。http://www.moneypartners.co.jp/ 

■『PrepaidCube+』について
『PrepaidCube+』は、TISのリテール決済ソリューションのトータルブランド「PAYCIERGE(ペイシェルジュ)」を構成するサービスの一つです。
国際ブランドプリペイドカード事業を行うために必要な各種業務システムをサービス提供し、入会受付やコールセンターなどの運営業務までをトータルでサポートするワンストップサービスです。国際ブランドプリペイドカードの発行・運営に必要な各種システムと、入会受付やコールセンターなどの業務オペレーション(BPO)をサービス形式での利用できるため、“導入時の初期費用を抑制”や“事業の早期立ち上げ”が可能になります。また、月額利用料は、使用量(入金額、利用額など)に応じた従量課金方式のため、カード発行事業者のビジネス成長に沿った形での活用ができます。サービスの詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.jp/service_solution/prepaidcard/

■『PAYCIERGE』について
 ペイシェルジュは、リテール決済を必要とするすべてのお客様に、利便性の高い、安心できるしくみを提供するリテール決済ソリューションのトータルブランドです。暮らしの中のさまざまな場所にキャッシュレス決済の便利さがひろがる「新しい社会」を目指し、カード業界で圧倒的なシェアを持つTISの先進的な技術や、豊富なノウハウをいかした、信頼できるシステムと安全な運用を組み合わせることで、ビジネスの成功を幅広くお手伝いします。
 PAYCIERGE特設サイト http://www.tis.jp/branding/paycierge/index.html

■TIS株式会社について
 ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/ 

■ITホールディングスグループについて
 ITホールディングスグループは、約2万人、50社から成るIT企業グループです。グループ各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. TISインテックグループ
  4. >
  5. マネーパートナーズ、海外利用専用プリペイドカード 「マネパカード」のシステムにTISの『PrepaidCube+』を採用