ベストセラー作家・水野敬也のAmeba公式人気ブログ、待望の書籍化! 「ウケる日記」4月17日発売

過激すぎてブログ未公開!水野敬也の人生史上最も衝撃的な事件も掲載

株式会社文響社(東京都港区、代表取締役社長:山本周嗣)は2015年4月17日(金)に、「夢をかなえるゾウ」(飛鳥新社)や「人生はニャンとかなる!」(文響社)などの著者:水野敬也の人気ブログ「ウケる日記」を書籍化した「ウケる日記」を発売します。
  • 日常を面白くするヒントや女性にも支持される下ネタの表現テクニックが満載
 株式会社文響社は2015年4月17日(金)に、「夢をかなえるゾウ」の著者で知られる水野敬也の人気ブログ「ウケる日記」を書籍化した「ウケる日記」を発売します。

 

 ブログ「ウケる日記」は水野敬也の日常で本当に起きた出来事を、コメディドラマのようにエンターテインメントに表現したり、世の中の出来事や問題に対して水野敬也ならでのアイデアなどを伝えたりしているAmeba公式の人気ブログです。
 今回書籍化した理由として、著者の水野は「昔からサブカルチャー系の本が好きで読んでいたけど、最近はそういう本が少なくなってきたと感じました。そこで自分の日記を書籍にすることで本のサブカルチャーのジャンルを少しでも盛り上げられるきっかけになれればと思いました」と、思いを語りました。また、読者からもブログの書籍化への要望の声もたくさんあり、その声に応えてブログの内容に加筆・修正をおこない書籍化を実現しました。

◆ 下ネタがほとんどの内容でも女性からも支持を受ける水野ブログの魅力とは
 書籍「ウケる日記」に収録されている記事は、ブログの中でも特に読者からの人気の高かったもので構成されています。「ウケる日記」のブログは書籍「ウケる日記」にも掲載されている、2011年に起きたある事件をきっかけに再開しました(※1)。そしてこの事件は下ネタ満載の内容で、それが理由でAmebaからも削除されたと言われています。
 水野敬也のブログはこのように下ネタもたくさん書かれているにも関わらず、更に言えば、今回読者からの評価が高かった記事で構成されている書籍の4分の1以上の内容が下ネタにも関わらず女性の支持を集めているのはなぜでしょうか。水野敬也の下ネタは、ごまかさない・かっこつけない潔さと、下ネタを使う際は言葉遊びを取り入れて表現したりしていて、読んでいる時も読み終わった直後も不快感を残さないところにあります。また、情景をコミカルに描くことでギリギリのラインを楽しく表現しているところに魅力があります。
 「ウケる日記」の魅力は、このように下ネタをも嫌われないエンターテインメントに仕上げる作家・水野敬也としての文章表現力だけでなく、人間・水野敬也の行動力と考え方にもあります。自分が思い描いた卒業式のあり方を実現するために大学の卒業式で起こした「錦野あきら事件」や松屋で盲目のお客さんに話しかけてみたことで得られた「240円の授業」など、日常を面白くしていく水野敬也の行動力や、東日本大震災後に世の中に一石を投じた「生きてるだけで不謹慎 」、「震度ゼロの恐怖」、「正しい花見のやり方2011」をはじめとする、物事を俯瞰して見た上で本質を突いていく、世の中のおかしい部分への指摘とユーモラスな解決策を提示した考え方が評価を得ています。

※1 2008年6月まで楽天ブログでブログを掲載していました。
 

◆ ブログ未公開!水野敬也が今までの人生で最も衝撃的で、一番読んでもらいたい事件「富士急ハイランド事件」を収録
 書籍「ウケる日記」では、水野敬也が最も読んでほしいと思いながらも、長すぎたり衝撃的過ぎたりする内容のためブログで公開できなかった「富士急ハイランド事件」を収録しています。この「富士急ハイランド事件」は1日に多くの出来事が起きすぎて50ページ近くにも渡るちょっとした物語作品のようになっています。

「ウケる日記」は、水野敬也を知らない人でも、水野敬也という人間に興味を持たざるを得ない面白さが詰め込まれています。これまでの水野敬也作品とは違った、等身大の「人間・水野敬也」の姿を感じていただき、クスっと笑ってもらえたらと思っています。そして、水野敬也の生き方から、人生を面白くするヒントを得ていただければと思っています。

  • 書籍詳細
    【タイトル名】ウケる日記
    【著者】水野敬也
    【本体価格】1,380円(税抜)
    【発売日】2015年4月17日
    【判型】四六判並製
    【ISBN】978-4-905073-12-3
    【出版社】文響社
    【掲載内容】
    ・オナニー事件・アメブロ削除事件・ウケるESの書き方・錦野あきら事件・生きてるだけで不謹慎・震度ゼロの恐怖・正しい花見のやり方2011・ポスティング界の島耕作・水野の顔はアリかナシか問題・タイト事件・テンガ事件・自分フロンティア・ジャー水野・かわいそうなチャッピー・絶賛プロジェクト( 仮)・神の住む町、神谷町・おみくじ事件・240円の授業・世界一伝えたい下ネタ・未公開日記 富士急ハイランド事件

 

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ3ブラックガネーシャの教え』『人生はニャンとかなる!』『人生はZOOっと楽しい!』『それでも僕は夢を見る』(画・鉄拳)『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』などがある。
恋愛に関する講演、執筆は恋愛体育教師・水野愛也として活動し、著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、講演DVD『スパルタ恋愛塾』がある。
また、DVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手掛けるなど活動は多岐に渡る。
公式ブログ「ウケる日記」http://ameblo.jp/mizunokeiya/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 文響社
  4. >
  5. ベストセラー作家・水野敬也のAmeba公式人気ブログ、待望の書籍化! 「ウケる日記」4月17日発売