〈1,000万円以上の貯蓄を抱える30代男女600名を対象に調査〉貯蓄賢者は「論理性」が高く、さらにデビットカード保有者はより「計画性」に長けることが判明!

計画的な支出・貯蓄を行う上で、貯蓄賢者は、デビットカードの特徴「即時決済」を最も評価

 ビザ・ワールドワイド(以下Visa、代表取締役:ジェームス・ディクソン、所在地:東京都千代田区)は、2015年2月、貯蓄を1,000万円以上抱える30代の男女600名を対象(Visaでは、この調査対象を「貯蓄賢者」として定義)に、「貯蓄賢者の買い物や貯蓄意識に関する調査」を実施しました。
 Visaの委託を受け、楽天リサーチ株式会社が実施した本調査において、貯蓄1,000万円以上を抱える30代男女の買い物や貯蓄に関する意識や行動を調べたところ、次のような実態が分かりました。

●貯蓄賢者は、「長期的な視野があり、論理性が高い性格」の持ち主。
さらに、デビットカード保有者は非保有者より、「計画性」に長けていることが判明!

●「4~5万円未満」が貯蓄賢者の月々の自由に使えるお金の相場に。
デビットカード保有者は相場より高い5万円以上を使えるユーザーが多い結果に!

● 貯蓄賢者は、計画的な支出や貯蓄を行う上で「即時決済」や「使い過ぎの心配がない」といったデビットカードの特徴を評価!


 全国の貯蓄1,000万円以上を抱える30代男女(以下、貯蓄賢者)に対し、買い物時の意識と行動を調査。貯蓄賢者は、「役に立つのかをじっくり考える」、「何を買うのかを決めてから買い物行くことが多い」といった意識を持ち、「高額商品は価格比較検討サイトで最安値を調べる」といった行動を取る傾向が分りました(図1)。ファイナンシャルプランナーの横山氏は、「貯蓄できる人は、お金の使い方を意識しており、高価な商品は比較して最安値を調べるといった行動に納得します。総合的に買ってお得か、生活上損を感じることはないかをよく考え、計画性のある判断をしていることがよくわかります。家計相談でよく見る『お金を貯めている人の行動』と重なる結果です」とコメント。

 次に、貯蓄賢者の性格を分析すると、貯蓄賢者は全体的に「長期的な視野があり、論理性が高い」性格の持ち主であることが分かりました。デビットカードの保有者と非保有者で比較すると、保有者は、非保有者より「計画性」に長けているのに加え、「優しさ」の指標が高いということが判明(図2)。保有者は、論理性が高いだけでなく、他人に対する配慮、優しさを持つ人が多いということが分かります。ディグラム・ラボの木原氏は、「『自分は計画性がある方だ』という論理性の高さを示す質問で、貯蓄賢者は全体的に高いポイントですが、デビットカード保有者はさらに10ポイントと差が出ています。デビットカードを利用している貯蓄賢者の方が、よりお金の使い方や貯金が上手だと言えるでしょう」とコメント。

 また、一ヶ月あたりの自由に使える金額を聞くと、「4万~5万円未満(14.8%)」が貯蓄賢者の相場であることが分りました。尚、相場より高く5万円以上の金額を使えている人について、デビットカード保有者が58.7%であるのに対し、非保有者は、50.7%と8%の差が見られる結果となりました(図3)。

 さらに、1,000万円以上の貯蓄を達成するために行ってきた節約項目をたずねると、「外食に使うお金(30.2%)」が第1位に(図4)。月々の貯金額の収入に対する割合では、「20~30%未満(22.0%)」が最も多い結果となりました(図5)。「20代当時の自分へ貯蓄を増やすためのアドバイスを行うとしたら」という質問に対しては、「積立預金・定期預金」、「資産運用」が多く挙がりました。貯蓄賢者へ近づくために、貯金や効率的な資産運用の方法についての見識を持つことが重要であることが分かりました。

 最後に、計画的な支出や貯蓄を行う上でプラスに働くと思われるデビットカードの特徴についてデビットカードを保有する貯蓄賢者に質問したところ、「使うたび、即時に預金口座から引き落とされる(42.3%)」、「利用可能額は口座の預金残高の範囲内(使いすぎの心配がない)(25.0%)」といった特徴が、保有支持を得る結果となりました(図6)。

※本調査結果について、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏と、「心理学」×「マーケティングリサーチ」で日本人の本音を解明するディグラム診断プログラムを開発、研究しているディグラム・ラボ株式会社の木原誠太郎氏より監修を頂いております。
          

 

 

 


 


■ファイナンシャルプランナー 横山光昭氏

司法書士事務所を経て、「家計再生コンサルタント」として独立。ファイナンシャルプランナー(以下FP)の資格をもち、債務整理に関する知識を活かしなが ら、「家計の負債」を中心とした家計相談を行っている。FPとしては異例の活動として注目され、業界紙にも取り上げられる。株式会社 マイエフピー 代表 取締役社長 各々に合った債務整理、家計管理を重視し、弁護士、司法書士のみでは管理しきれない部分を整え、家計がうまく再生できるよう相談・指導を進めている。 ホームページ(http://www.myfp.jp/



■ディグラム・ラボ株式会社 木原誠太郎氏

1979年生まれ、京都府出身。電通やミクシィでマーケティングを担当し、さまざまな企業のマーケティングコンサルティングにたずさわる。2013年、ディグラム・ラボ株式会社を設立。心理学×統計学で人間の本音を分析し、カウンセリングするプログラム「ディグラム」の研究を進めながら、同時に事業展開。「オイコノミア」(NHK)、「性格ミエル研究所」(フジテレビ系)、「有吉ゼミ」(日本テレビ系)などテレビ出演多数。




【調査概要】
調査実施会社:楽天リサーチ株式会社                調査名:貯蓄賢者の買い物や貯蓄意識に関する調査
実査期間:2016年2月6日(土)~2月8日(月)  調査方法:インターネット調査
調査地域:全国                                             調査対象:貯蓄1,000万円以上を抱える30代の男女 600名

※次の条件に該当する回答者に対して調査を実施
①デビットカードを保有する300名   ②デビットカードを保有していない300名

                        ###

■ビザ・ワールドワイドについて
ビザ・ワールドワイド(以下、Visa)は、世界規模のペイメントテクノロジーを提供する企業です。世界の200以上の国と地域において、迅速、安全かつ信頼のおける電子決済で消費者、企業、金融機関、政府機関を結ぶ役割を果たしています。毎秒65,000件を超す取引を処理できるVisaNetは世界でも最先端の情報処理ネットワークで、電子通貨の基盤であると同時に、消費者を詐欺や不正行為から守り、加盟店への確実な支払いを可能にしています。Visaの事業の特色として、カード発行、融資、会費や利息の設定を消費者に直接行わないことが挙げられます。Visaは取引先金融機関を通じて、デビットカードによる即時決済、プリペイドカードによる事前決済、クレジットカードによる事後決済といった多彩な選択肢を提供しています。詳しくはwww.corporate.visa.com(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社
  4. >
  5. 〈1,000万円以上の貯蓄を抱える30代男女600名を対象に調査〉貯蓄賢者は「論理性」が高く、さらにデビットカード保有者はより「計画性」に長けることが判明!