「ママになる」を応援するメガネ屋

〜仕事と家庭の両立支援。小売業の妊婦社員を支援する制度設立〜

メガネの製造販売を手掛け、日本、台湾、シンガポールに120店舗を展開する 株式会社オンデーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 修治)は、女性社員の妊娠・出産を支援するため、産前休業前の30日間を出産準備期間として給与を支給しつつも休業できる「出産準備特別休業制度」を2015年2月より導入します。
【小売業における妊娠期間中の業務】
小売業は、接客・販売がメインの業務でそのほとんどが立ち仕事です。
長時間連続して売り場に立ち続けたり、重い商品を持ち上げて移動したりするなど、妊娠した女性への身体的負担が大きい作業もあります。妊娠中の女性販売員に負荷のかかる作業としては、主に『立ち仕事』 『重量物取り扱い』などです。
いずれにおいても、負荷が過大になると切迫流早産の頻度が増す可能性があります。

それ以外にも、「妊婦浮腫(むくみ)」「妊婦貧血」「腰痛症」「膀胱炎」になりやすい傾向があり、周囲の協力体制、支援が必須となります。
一般社団法人 女性労働協会の妊婦販売員を対象としたアンケート調査によると、妊娠中の1日あたりの『立ち仕事』の合計時間で最も多いのは「6~8時間」(39.1%)で、6割の人が「(立ち仕事は)つらかった」と答えています。つらかった症状は「お腹が張った、痛かった」(155件)、診断された病気は「切迫流産」「切迫早産」(同35件)が最も多くあがっています。

多くの女性販売員が日々仕事に励んでいる小売業界は、オフィスワークを主とする企業よりも業務内容を考慮した妊娠・出産に対する周囲のバックアップ体制が必要と考えられます。

【女性活躍推進への取り組み】
当社は、意欲と能力のある女性を積極的に採用・登用しており、女性社員の活躍推進への取り組みに注力しています。
女性社員の活躍が企業の成長につながると確信しており、企業として妊娠・出産を経ても働き続けられる環境を整備し、継続的・安定的に質の高いサービスの提供を目指しています。

【出産準備特別休業制度】
出産予定日から遡って42日間産前休業の前に、出産準備期間として30日前から休業できる制度です。
休業期間は30日間。その間は給与全額支給。
また、育児休業後、「時短社員制度」の利用も可能。
※時短社員制度…勤務日数18日/月。勤務時間6時間(休憩45分)、残業なしの、子が小学校3年生3月までの場合適用可能な社内制度。
 

【株式会社オンデーズ】
株式会社オンデーズは、日本全国、中国、シンガポールに120店舗を展開し、年間70万本のメガネを販売するメガネチェーンです。日本のみならず世界的なメガネのファストファッションチェーンとして日本から世界の市場へと拡大しています。 今後も世界を舞台に新しい需要の開拓とサービスの提供を積極的に挑戦し続け、「オンデーズに関わる全ての人の幸せを最大化させるために…」の信条を掲げ世界中の人たちから必要とされるオンリーワンの企業を目指しています。
WEB:http://www.owndays.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社オンデーズ
  4. >
  5. 「ママになる」を応援するメガネ屋