(取材依頼)遺児たちに「進学の夢」叶える奨学金を! 第91回あしなが学生募金オープニングセレモニー開催のお知らせ

10月16日(金)新宿駅西口小田急百貨店前で遺児ら20名が支援を訴えます

平成27年10月16日(金)10:30より、新宿駅西口小田急百貨店前にて、病気・災害・自死遺児たちの進学を支援するための秋の「あしなが学生募金」オープニングセレモニーを開催いたします。現在奨学金を受けて学校へ通う遺児学生ら20名が支援の必要性を訴えます。
あしなが学生募金事務局は、病気・災害・自死で親を亡くした子どもや、親が重度の障害を持つ子どもたちへの奨学金を募る「第91回あしなが学生募金」の全国オープニングセレモニーを、開催いたします。

遺児家庭や障がい者家庭の窮状を、より広く社会に訴え、支援の輪をさらに大きく広げていくためには、報道機関の皆様のお力が必要です。どうかご取材・ご報道くださいますよう何卒よろしくお願い申しあげます。

第90回あしなが学生募金オープニングセレモニーの様子

 

近年日本では子どもの貧困が大きな問題になっています。当事務局が支援する遺児や、親が障がいを持つ子どもたちの多くまさにその当事者であり、そのために進学が危ぶまれています。

自らの学費や家族の生活のために遺児高校生の多くがアルバイトをしていますが、それでもお金が足りず進学を断念する遺児が多くいます。遺児たちが勉強の時間を確保でき、夢を諦めることなく進学するため、ますます奨学金の必要性が高まっています。

第90回募金の様子

 

【オープニングセレモニー内容】


■遺児家庭の実情と生の声発表
昨年末に初めて実施した調査で、バイトをしている遺児高校生が、そのバイト代を学費や生活費に充てていることがわかりました。大学・短大進学希望率の低さも明らかになっています。今回は、遺児高校生の生の声もあわせて発表いたします。

■岡嶋信治さんによるよびかけ
約50年前、ひき逃げで親代わりの姉を亡くし、遺児救済運動が始まるきっかけを作った岡嶋信治さんが、支援を呼びかけます。

■遺児学生によるよびかけ
実際にあしなが奨学金によって進学を果たした遺児学生が、自身の体験などもふまえて、支援をよびかけます。
 

第90回募金の様子

 



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. あしなが育英会
  4. >
  5. (取材依頼)遺児たちに「進学の夢」叶える奨学金を! 第91回あしなが学生募金オープニングセレモニー開催のお知らせ