日本の技を世界へ発信!ギネス世界記録®『匠ニッポン』キャンペーン開始のお知らせ

ギネスワールドレコーズジャパン株式会社(所在地:東京都港区/本社:イギリス、代表取締役:小川 エリカ)は、日本の技術力、職人の技などを「世界一」の名の下に発信することを応援する『匠ニッポン』の特設サイト(http://www.guinnessworldrecords.jp/jptakumi2016/jptakumi2016)をオープンしました。また、キャンペーン開始にともない、お問合せ窓口を設置いたしました。

©Guinness World Records Limited


■『匠ニッポン』プロジェクトとは


『匠ニッポン』とは、日本の技術者、研究者、職人たちの探究心・挑戦心を刺激し、その力を世界に発信することを応援するギネスワールドレコーズジャパンのプロジェクトです。一部の業界の話題や賞賛に留まらず、世界中の多くの人々へ日本の技を伝える術として、「ギネス世界記録」をご活用ください。

該当する挑戦記録は以下のタイプとなります。

1.   ダイレクト・アプローチ - 「速い」、「大きい」、「薄い」、「軽い」などを作り出す技術力を競う

世界で最も「速い」、「大きい」、「薄い」、「軽い」など、技術や商品の特徴そのもので世界記録に挑戦するタイプ。ギネス世界記録のルールに基づき、同様の技術を持っている企業と比較の上、名実ともに世界一であることを第三者機関によりリサーチ、証明いただく必要があります。

2.   クリエイティブ・アプローチ - 技術のすばらしさを楽しく、分かりやすく表現する

一般には理解しづらい高い技術力も、アイディア一つで楽しく、分かりやすく伝えることが可能です。
******************************************************************************
上記内容を対象にしたキャンページ実施中!!

サービス内容:専用メールアドレスにてご質問等の回答(無料)
キャンペーン開始日:2015年11月2日(月)~
専用メールでのお問合せ: jp-takumi@guinnessworldrecords.com(担当者:伊東)

ギネス世界記録への申請は、HPより承っております。
ギネスワールドレコーズ日本公式サイトをご検索ください。http://www.guinnessworldrecords.jp/

*本サービスは、ギネス世界記録に認定することをお約束するものではございません。
*お問合せ後、申請される場合は、有料となります。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

***********************
​事例ご紹介:
1. ダイレクト・アプローチ - 「速い」、「大きい」、「薄い」、「軽い」などを作り出す技術力を競う

©Guinness World Records Limited

 

記録名:最小の量産可能なスチール製ボールベアリング(Smallest commercially available steel ball bearing)
記録保持者:ミネベア株式会社
記録数値:外径1.49 mm(2015年8月28日認定)
 
超精密部品量産メーカーの技術を証明する為、最も小さいボールベアリングを「量産」という枠の中で作ろうという情熱から生まれた記録。小さくても精度は日本工業規格(JIS)に準拠していなくてはならず、また、量産ができなければ精密部品メーカーとしての使命を果たす事にならない中、相反する課題をひとつずつ解決。ギネス世界記録「最小の量産可能なスチール製ボールベアリング」に認定され、その高い技術力を立証することに成功しました。

記録保持者の声:
「普段目にすることのないベアリングが、こうして世の中に目に見える形で認められ、とても嬉しいです。まだ世の中に市場のないサイズにチャレンジし、現在ではお客様の使用も始まっています。チャレンジに無駄なことはなく、やればできるということを実感します。」(ミネベア株式会社・製作チーム)


 

2. クリエイティブ・アプローチ - 技術のすばらしさを楽しく、分かりやすく表現する

©Guinness World Records Limited

 

記録名:LEDライトで作った最大のイメージ(Largest image made of LED lights)
記録保持者:丸々もとお氏
記録数値:1,529,103球(2015年6月29日認定)

 

アパリゾート上越妙高(新潟県妙高市)の27,133.97 m²の広大な敷地に描かれた二頭の龍。LEDライトを使ったアートの設計、デザインを行ったのは、夜景プロデューサーの丸々もとお氏です。大型アートでも細部の細部にまで気を配る、職人技の象徴が、ギネス世界記録に認定されました。

記録保持者の声:
「僕はイルミネーションを観光と結びつけて仕事にする、世界でも例がない仕事をしています。そこに賞も何も存在しません。しかし、ギネス世界記録に認定され、世界一ということを公的に言えようになることで、特殊で専門性が非常に高い仕事であっても、社会に対して何か伝えることができるようになるわけです。」(丸々もとお氏)


 

記録名:最も長いプラスチック製のおもちゃの電車レール(Longest plastic toy train track
記録保持者:EVOLTA(パナソニック株式会社)
記録数値:5608.44m(2013年12月認定)

©Guinness World Records Limited

パナソニック株式会社は、記録「最も長い単三型アルカリ乾電池」(Longest lasting AA alkaline battery cell)を2008年から保持(2014年再認定)。2013年にはタカラトミーのプラレール®とタイアップし、アプローチを変えて新たな記録にも挑戦。一本の乾電池のみ使用し、世界一の長さのプラレール®を走りきることで、ブランドと性能、そして一番伝えたい「電池が長持ちである」というメッセージを、閉校となる小学校を舞台に41人の在校生や卒業生の協力の下で発信しました。


※TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。JR東日本商品化許諾済 
 
***
ギネス世界記録とは:

©Guinness World Records Limited

 

ギネスワールドレコーズは、世界記録を記録し、毎年世界記録をまとめた書籍を発行している組織です。現在データベースにある記録はおよそ4万件。書籍『ギネス世界記録』は英国で1955年に初版が発売されて以来、世界的ベストセラーとして親しまれてきました。記録挑戦の申請は、公式ホームページにて受付しており、ギネスワールドレコーズ公式認定員は世界中に赴き、世界記録の認定を行っております。

ギネス世界記録の歴史について:
1951年、アイルランドはウェックスフォード州で狩猟を楽しんでいた当時ギネス醸造所の最高経営責任者だったヒュー・ビーヴァー卿が投げかけたある質問―――「 ヨーロッパで最も速く飛ぶ狩猟鳥はどれか? 」をきっかけに、世界記録を集めた本が誕生いたしました。1955年の出版から始まり、毎年刊行される『ギネス世界記録』はこれまでに累計1億3千4百万部販売され、現在は21か国語に翻訳され、100か国以上にて販売されています。

また書籍から始まったギネス世界記録は現在、より多くの形で世界の皆様にお楽しみ頂いています。世界各地で放送されているギネス世界記録の番組は年間7億5千万人の方々に視聴され、Facebook(英語版)のファン数は約900万人となります。申請受付および最新の情報を提供しているホームページ(英語版)では、サイト閲覧者数が年間1千4百万人以上となります。GWR Live! もイギリスをはじめとするヨーロッパ各地、ドバイ、クエートなど世界各地で行われており、日本でも今までに東京、名古屋、岐阜、金沢にて開催されてきております。

ギネス世界記録公式ホームページ:http://www.guinnessworldrecords.jp/

ギネス世界記録®は、ギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Guinness World Records Japan株式会社
  4. >
  5. 日本の技を世界へ発信!ギネス世界記録®『匠ニッポン』キャンペーン開始のお知らせ