【株式会社アミノアップ化学】≪医師・薬剤師をはじめ医療従事者が集結!≫第4回 エビデンスに基づく統合医療(eBIM)研究会事後レポート

2015年8月1日(土)・2日(日)於:リーガロイヤルNCB(大阪市)

=======================================
≪医師・薬剤師をはじめ医療従事者が集結!≫
第4回 エビデンスに基づく統合医療(eBIM)研究会
事後レポート
2015年8月1日(土)・2日(日)於:リーガロイヤルNCB(大阪市)
=======================================
 2015年8月1(土)・2日(日)、リーガロイヤルNCB(大阪市)において、一般財団法人エビデンスに基づく統合医療研究会(理事長:伊藤壽記 大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 特任教授)主催による第4回エビデンスに基づく統合医療(eBIM)研究会が開催されました。
 アミノアップ化学(本社:北海道札幌市 代表取締役社長:藤井 創)は、この研究会において、AHCCによる抗ストレス作用の研究結果を発表。また、「統合医療における機能性食品の利用と薬剤師、薬局の役割」と題してランチョンセミナーを開催いたしました。

----------------------------------------------------------
第4回エビデンスに基づく統合医療(eBIM)   研究会
----------------------------------------------------------
この研究会は、患者と医療従事者、現代西洋医学とCAM(補完代替医療)、医療と社会の架け橋となり、“統合された信頼される窓口”を提供すべく、統合医療のエビデンスの構築を目指して2012年8月から毎年開催されています。(http://www.ebim.or.jp

------------------------

AHCCのポスター発表
------------------------
「AHCCが心理的ストレス負荷時のNK細胞に及ぼす影響」
演者:前田哲宏(株式会社アミノアップ化学)
研究:久島達也、脇英彰(帝京平成大学)ら

 健常者13名を対象に、AHCCとプラセボ(偽薬)を用いた、無作為化比較二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験を実施。その結果、①睡眠調査では、「入眠と睡眠維持」に優位な差が確認された。②暗算負荷試験後のノルア

 

ドレナリン値は減少した。③暗算負荷試験後の知覚閾値は上昇した。④アンケートの結果、うつ傾向が強かった被験者において、NK細胞活性値は増加した。
 この結果から、AHCCは不快ストレスへの応答に有効に作用し、特に抑うつ傾向を有する人においては、弱った免疫力を高めてくれる可能性が示された。






-----------------------
ランチョンセミナー
-----------------------
「統合医療における機能性食品の利用と薬剤師、薬局の役割」
座長:平井みどり(神戸大学医学部附属病院)                                           
演者:狭間研至(ファルメディコ株式会社)

 機能性食品の役割を自身の体験(アトピーがよくなった、やせたなど)を踏まえ薬局経営者の視点で講演をしていただいた。機能性食品の重要性ならびにニーズが高い訴求とは何かについて話をした後、エビデンスの必要性を

 

説き、AHCC、Oligonol、ETASを例に取り上げて解説いただきました。聴衆側は必ずしも専門知識を有している人ではありませんが、わかりやすい説明で、機能性食品の有効性を効果的に伝えることができました。








-------------------------------------------------------------------------------
AHCC(Active Hexose Correlated Compound:活性化糖類関連化合物
-------------------------------------------------------------------------------
   シイタケ(Lentinula edodes)属に属する担子菌の菌糸体培養液から抽出されたα-グルカンに富んだ植物性多糖体の混合物です。 これは、医薬品ではなくいわゆる健康食品として、開発国の日本のみならずヨーロッパ、アメリカ、アジア、オセアニアなど広範囲で販売されており、現在では統合医療の一手段としても取り入れられています。
 AHCCの製造工程およびマネジメントはISO9001:2008,ISO22000:2005を含む国際的な品質や安全の標準化を厳守しています。また、日本国内では公益財団法人日本健康・栄養食品協会の健康補助食品GMPを取得し、製造設備は医薬品製造に用いられる設備を導入するなど、厳格なシステムによって品質管理をしています。

------------------------------------------------------------------
オリゴノール(ライチ由来低分子化ポリフェノールOligonol)
------------------------------------------------------------------
  アミノアップ化学が長崎大学と共同開発した特許技術により、生体への吸収が低いとされるポリフェノールを世界で初めて“低分子化”し、生体への吸収性を格段に高めた素材です。国内のみならず、海外でも機能性素材としてサプリメント、一般食品、化粧品などに幅広く利用されています。
 米国ではFDAに新規食品成分として登録され、FDA GRASも取得。安全性も確認されています。

================
株式会社アミノアップ化学
================
 1984年設立以来、「身近な天然素材から健康に役立つ製品をつくる」という理念のもと、科学的に裏付けられた機能性の高い素材の開発を行っています。
 2011年9月に工場と事務所棟を新設。事務所棟は「エコハウス棟」と呼ばれ、太陽光発電、地中熱ヒートポンプ、雪冷房システムなど70項目の環境技術を導入し、CO2排出量50%削減を達成しています。

商号  :  株式会社アミノアップ化学
所在地 :  北海道札幌市清田区真栄363番地32

 

代表者 :  代表取締役社長 藤井 創
資本金 :  3億6900万円
事業内容:
・バイオテクノロジー(微生物大型タンク培養法)による植物生育調節物質、担子菌由来抽出物等の製造及び販売
・天然物由来の生理活性物質の開発・製造及び販売
・タンク培養、生理活性物質抽出の技術を用いた試験製造
・天然由来の農業資材、食品添加物、健康食品素材、医薬品原料の生産
 HP:http://www.aminoup.co.jp
・ISO 9001:2008認証取得 ・ISO 22000:2005認証取得 ・健康補助食品GMP認証取得
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アミノアップ化学
  4. >
  5. 【株式会社アミノアップ化学】≪医師・薬剤師をはじめ医療従事者が集結!≫第4回 エビデンスに基づく統合医療(eBIM)研究会事後レポート