ソラスト、医療・介護ビジネスのイノベーションに向けて大東建託・東邦ホールディングス・インフォコムと資本提携カーライル・グループ、持分の一部譲渡によりソラストの更なる企業価値向上を支援

 本日、グローバルに展開するオルタナティブ投資会社であるカーライル・グループ(日本共同代表:安達保/山田和広、本社:米国ワシントンD.C.、以下「カーライル」)の投資ファンドであるCJP NC Holdings, L.P.(以下「CJPファンド」)は、大東建託株式会社(以下「大東建託」)、東邦ホールディングス株式会社(以下「東邦HD」)およびインフォコム株式会社(以下「インフォコム」)との間で、CJPファンドが保有するソラスト株式の一部を譲渡することに合意いたしました。これに伴い、株式会社ソラスト(本社:東京都港区、社長:石川泰彦、以下「ソラスト」)は、大東建託、東邦HDおよびインフォコムとの間で資本提携を行うこととなりました。この資本提携は、株式譲渡の手続が完了する2015年12月18日に効力が生じる見込みです。
 ソラストは、大東建託、東邦HDおよびインフォコムとの協業により、医療関連受託事業および介護事業の更なる成長と、事業運営プロセスの改善、サービスクオリティーの向上を実現し、更に企業価値を高めることができるものと考えております。これに関連して、ソラストは、大東建託およびインフォコムとの間で本日付で業務提携契約を締結しており、東邦HDとの間でも今後業務上の協力関係について検討していく予定です。ソラストの代表取締役社長の石川 泰彦は、本件に関し次のようにコメントしております。「今回、地域包括ケアに即した介護事業の展開の強化、医療関連受託事業と介護事業におけるITを活用した生産性とクオリティーの向上、さらには両事業の営業強化に資するパートナーを迎えることができ、大変嬉しく思います。3社との協働を通じて、医療・介護ビジネスの業界リーダーとして信頼される会社となることを目指してまいります。」

 カーライルは、2011年11月に投資を実施して以来、ソラストと協働し、医療関連受託事業の強化と介護事業の拡大による中長期の成長を実現すべく積極的な支援活動を展開してまいりました。この度、ソラストが、カーライルとの強力な信頼関係のもとで、事業構造の変革と事業基盤の確立の目的を相当程度達成したものと考え、ソラストの次なる成長に向けて新たなパートナーシップを支援することといたしました。カーライル・ジャパン・エルエルシーのマネージング・ディレクター の富岡隆臣は、本件に関し次のようにコメントしております。「カーライルはソラストとの4年間の取組みにおいて、事業基盤強化に繋がる数多くの施策を経営陣とともに迅速に実行してまいりました。今回新たなパートナー3社を迎え入れることで、ソラストの次なる将来ビジョンを描くことができたと考えております。カーライルは、引続きソラスト株式の50%超を保有する筆頭株主として、新たなパートナー3社と共にソラストの更なる企業価値向上をサポートいたします。」

【大東建託とのパートナーシップの概要】
 大東建託がCJPファンドから取得するソラスト株式の数と取得後の株式所有割合:35,339株(37.5%)
 ソラストと大東建託は、本日付で業務提携契約を締結しました。両社は、地域のニーズに即した形で両社グループの事業の拡大・強化を図り、企業価値の向上を目指してまいります。具体的には、ソラストは、大東建託が建築する高齢者住宅・介護施設などに対する介護サービスの提供などによる大東建託グループとの協業や、両グループが保有するリレーションシップ、物件情報、介護・教育・採用のノウハウの共有などにより、介護事業の収益拡大を加速化します。

【東邦HDとのパートナーシップの概要】
 東邦HDがCJPファンドから取得するソラスト株式の数と取得後の株式所有割合:4,712株(5.0%)
 ソラストと東邦HDは、双方が有する医療機関とのネットワークと、それぞれが有する介護事業と調剤薬局事業の連携により、相互の企業価値の向上を目指し、今後業務上の協力関係について検討していく予定です。具体的には、ソラストは、東邦HDが有する医療機関のネットワークを活用した医療関連受託事業の営業強化、東邦HDが展開する各種医療機関向けサービスを活用した医療関連受託事業のサービスメニューの拡充および地域包括ケアの実現に向けた介護事業と調剤薬局事業の営業・サービス連携を検討してまいります。

【インフォコムとのパートナーシップの概要】
 インフォコムがCJPファンドから取得するソラスト株式の数と取得後の株式所有割合:2,828株(3.0%)
 ソラストとインフォコムは、本日付で業務提携契約を締結しました。両社は、医療・介護の現場力とITの融合により、相互の企業価値の向上を目指してまいります。具体的には、ソラストは、インフォコムが提供する情報共有システム、ITソリューションを活用することで、医療介護連携を含む地域包括ケアを推進すると共に、介護現場におけるサービスクオリティーの向上および業務効率化を実現し、医療事務・介護分野におけるイノベーションリーダーとなることを目指します。

■ソラスト(旧社名:株式会社日本医療事務センター)について
 1965 年に日本初の医療事務教育機関として創業し、2015 年10 月に創業50 周年を迎えました。
 24,000人を超える社員を擁するソラストは、医療事務受託サービスをはじめ、介護・保育サービス、医療・介護関連の人材を育てる教育サービスなど、幅広くご提供しています。2012 年10 月に株式会社日本医療事務センターから社名変更いたしました。2015 年3 月期の売上高(連結)は601 億円です。

 コーポレートサイト:http://www.solasto.co.jp/
 介護サービスサイト:http://solasto-kaigo.com/
 保育サービスサイト:http://solasto-hoiku.com/

■カーライル・グループについて
 カーライル・グループ(CG:NASDAQ)は、グローバルに展開するオルタナティブ(代替)投資会社で、2015年6月30日現在、128のファンドおよび159のファンド・オブ・ファンズを運営し、その運用額は総額で1,930億ドルにのぼります。カーライルの目的は、多くが年金基金である投資家のために、賢明な投資を行い価値を創造することです。カーライルは、アフリカ、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、中東、北米、南米において、4つの分野「コーポレート・プライベート・エクイティ」「リアルアセット」「グローバル・マーケット・ストラテジー」「インベストメント・ソリューション」で投資活動を展開しています。カーライル・グループは、航空・防衛、ガバメントサービス、消費財・小売、エネルギー、金融、ヘルスケア、一般産業、不動産、テクノロジー、サービス、通信、メディア、輸送など、幅広い業界における知見を有しています。現在世界6大陸の35のオフィスに1,700名以上の社員がいます。

 ウェブサイト:www.carlyle.com
 ビデオ:http://www.carlyle.com/news-room/corporate-videos_new
 ツイッター:www.twitter.com/onecarlyle
 ポッドキャスト:www.carlyle.com/about-carlyle/market-commentary

■大東建託について
会社名:大東建託株式会社
設 立:1974年6月
資本金:29,060百万円
代表者:代表取締役社長 熊切 直美
本店所在地:東京都港区港南二丁目16番1
主要株主:日本トラスティサービス信託銀行、日本マスタートラスト信託銀行、および、STATE STREET BANK AND TRUST COMPANYなど
事業内容:建設事業、不動産賃貸業、不動産仲介業、および、不動産管理業など
売上高:608,973百万円(2015年3月期)

■東邦HDについて
会社名:東邦ホールディングス株式会社
設 立:1948年9月
資本金:10,649百万円
代表者:代表取締役社長 濱田 矩男
本店所在地:東京都世田谷区代沢五丁目2番1号
主要株主:塩野義製薬株式会社、田辺三菱製薬株式会社など
事業内容:医薬品卸売事業、調剤薬局事業など
売上高:1,162,148百万円(2015年3月期)

■インフォコムについて
会社名:インフォコム株式会社
設 立:1983年2月
資本金: 1,590百万円
代表者:代表取締役社長 竹原 教博
本店所在地:東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号 住友不動産原宿ビル
主要株主:帝人株式会社
事業内容:
 ・携帯電話事業者、一般企業、医薬医療関係の機関や官公庁、教育研究機関の顧客向けに情報システムの企画・開発・コンサルテーションなどの各種ITソリューションや、情報通信システムの企画・運用・管理などの各種サービスの提供
 ・消費者が利用する携帯電話やスマートフォンへのコンテンツ配信やeコマースなどのサービスの提供
売上高:40,309百万円(2015年3月期)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ソラスト
  4. >
  5. ソラスト、医療・介護ビジネスのイノベーションに向けて大東建託・東邦ホールディングス・インフォコムと資本提携カーライル・グループ、持分の一部譲渡によりソラストの更なる企業価値向上を支援