セキスイハイム東海が社内SNSアプリ「WowTalk」を導入

~顧客とのコミュニケーションに活用!クローズドなSNSで工事の進捗もリアルタイムに共有~

 キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁永飆 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、セキスイハイム東海株式会社(代表取締役社長:加藤正明 本社:静岡県浜松市 以下、セキスイハイム東海)が各施工担当者とお客様を繋ぐコミュニケーションツールとして、社内SNSアプリ「WowTalk(ワゥトーク)」を導入したことを2015年11月27日付で発表いたします。

■WowTalk製品紹介   : https://biz.kingsoft.jp/wowtalk/
■事例公開ページ     : https://biz.kingsoft.jp/wowtalk/case/sekisuihaimu-tokai-co-ltd.html

 「WowTalk」はコンセプトである「直感的に誰もが使いやすい操作性」を追求し、業種や規模を問わず新しい働き方を実現するコミュニケーションプラットフォームとして、利用率・定着率No.1の社内SNSを目指します。


導入事例


■ 導入の背景・課題 : お客様とのコミュニケーション頻度を保ちたい
 セキスイハイム東海は、ひとつの家を建てるために、営業・工事・設計・インテリア・エクステリア(庭)各担当者がチームを組み、アフターサービスまで担当します。まず、営業担当がお客様と話し合い、建てたい家のイメージやご要望を伺い、設計担当やインテリア担当にバトンを渡して作り上げていきますが、基礎工事期間に入るとお客様とのコミュニケーション頻度が減ってしまう傾向がありました。そこで、お客様とその後もどのようにコミュニケーションを取っていくかが課題でした。

■ 「WowTalk」を選んだ理由 : 説明不要な使いやすさ
 メールや電話だけでは成し得ない、通じ合うコミュニケーションツールの必要性を感じるなか「WowTalk」を選んだ一番大きな理由は説明不要な使いやすさです。「WowTalk」の機能のうち1対1の「トーク」(チャット)と「グループトーク」、あとはメンバーを探すための「社員リスト」のみをお客様とのやりとりで利用していますが普段利用しているチャットアプリと同じような使用感で難しい操作は一切必要ありません。

■ 活用方法とその効果 : リアルタイムなコミュニケーションで、お客様の安心感を醸成
 家を建てている現場に中々足を運ぶことのできないお客様でも、現場の写真や担当者の写真をチャットトークで共有することで安心していただけるようになりました。セキスイハイム東海、及びグループの各担当者とお客様にひとつの共通アカウントを発行して利用しているので、お客様同士がアプリ内で繋がってしまったり、情報が漏えいしてしまったりする心配もありません。「WowTalk」を導入したことで一方通行のコミュニケーションではなくリアルタイムな報告や情報共有、相互のコミュニケーションが可能になり、社内の業務に対するモチベーションも向上していると感じます。

■製品概要
製品名: WowTalk
販売価格: 1ID 300円(税抜)
※最低利用ユーザID数 30ID~
製品紹介ページ: https://biz.kingsoft.jp/wowtalk/
お問い合わせ: (TEL)03-3582-8232  (メール) wowtalk.sales@kingsoft.jp
対応OS: iOS7.0以上、Android3.0以上、PCブラウザ
      (Internet Explorer 9以降 Chrome 10以降 Firefox 5以降)

■セキスイハイム東海株式会社
http://www.816t.jp/
設立:1971年9月
代表取締役社長 加藤正明
静岡県浜松市中区板屋町111-2 アクトタワ-25F
TEL: 053-453-4560 FAX: 053-453-4537

------------------------------------------------------------
キングソフト株式会社について
------------------------------------------------------------
キングソフト株式会社は2005年、中国の大手IT企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして設立されました。日中の高度な技術力を結集し、無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「KINGSOFT Office」を展開。業界でトップクラスのシェアを獲得し、新たなビジネスモデルを確立させました。現在ではターゲットとなる市場をパソコンからスマートフォンへシフト。GooglePlayツールカテゴリランキングにおいて1位を獲得し続けているAndroid向けスマホ最適化アプリ「Clean Master」、高精度のOCR機能を備えた名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」をはじめ、革新的なアプリを次々とリリースし、特にスマートフォンの分野においては広告事業におけるイノベーションを加速させています。グループ会社であり、スマホ広告市場で世界トップクラスのモバイルインターネット企業「Cheetah Mobile(チーターモバイル、NYSE上場:CMCM)」とタッグを組み、2015年6月に世界的モバイル広告プラットフォーム「Cheetah Ad Platform(チーター アド プラットフォーム)」の日本市場向け提供を開始。『スマホ×広告』という新たな市場に大きなインパクトを与えようとしています。

キングソフト株式会社
URL:       http://www.kingsoft.jp
本社:      東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立:      2005年3月
資本金:   6億1920万円(資本準備金含む)
従業員数:87名(2015年1月現在)
代表者:   代表取締役 翁 永飆

【本リリースに関するお問い合わせ先】
キングソフト株式会社 広報担当 松山
TEL:03-3582-8230
FAX:03-3582-8231
E-Mail:press@kingsoft.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キングソフト
  4. >
  5. セキスイハイム東海が社内SNSアプリ「WowTalk」を導入