仏Netatmo(ネタトモ)社、スマートフォン連動型「ウェザーステーション」用アクセサリー 風速計『ウインドゲージ』日本発売開始!

2016年2月12日 東京―より良いライフスタイルを目指してスマートデバイスを応用した家電を開発するイノベーションカンパニーNetatmo(ネタトモ)社は、2月11日(木)に、現在販売中のスマートフォン連動型モジュール「ウェザーステーション」のアクセサリーとなる風速計『ウインドゲージ』の日本発売開始を発表しました。『ウインドゲージ』はamazon.jpで購入できます。
『ウインドゲージ』は「ウェザーステーション」と連動させることにより、屋外の風速や風向きを測定することが可能になります。超音波技術を使用しているため、従来の3杯型風速計より正確な計測ができ、突風などの強風の場合でも信頼性の高い計測値を得ることが可能な上、可動部がないためメンテナンスも不要です。『ウインドゲージ』は、このような洗練された技術を個人向けに実現した初の風速計となります。

記録された正確な風データは、WiFiでNetatmoのアプリ「ウェザーステーション」に伝えられ、この局地的データが、体感気温などのウェザーステーションの測定値を精緻化します。

Netatmoの「ウェザーステーション」とそのアクセサリーは、気象条件観測のための完全なソリューションを提供します。気温、湿度、気圧、二酸化炭素濃度、騒音など、屋内、屋外の環境要素をモニタリングし、ユーザーのスマートフォンとペアリングすることで、屋内の環境改善などに役立ちます。このほか、「ウェザーステーション」のアクセサリーの一つとして現在発売中の雨量計『レインゲージ』は、植木の水遣りの計画や屋外活動のスケジュール調整などにも役立ちます。

【販売価格】12,960円(税込)
【販売チャネル】Amazon.jp

■Netatmoオフィシャルウェブサイト
www.netatmo.com

 ■Netatmo社について
仏Netatmo 社(創立 2011 年)は、より良いライフスタイルを目指してスマートデバイスを応用した家電を開発するイノベーションカンパニーです。Netatmo社は、その製品の機械構造、電子部品、内蔵ソフトウェアを注意深く設計し、それらを最高の品質規格で製品化し、機能を最大限に発揮するモバイルアプリとウェブアプリを設計します。

Netatmo社のスマート製品は、防犯、環境、暖房の三種類に分類されます。
Netatmo社から最初に発表されたスマートフォン用Weather Station(ウェザーステーション)は、170か国でオーナーの皆さまの環境監視を支援しています。これは、クラウドソーシングによる世界の天候観測ネットワークです。2013年11月には、Netatmo社は、欧州市場に特化したスマートフォン用サーモスタット(日本未発売)を発表しました。フィリップ・スタークが設計したこの製品により、ユーザーは家庭用暖房の消費エネルギーを37%節減しています。Netatmo社は、2015年、Welcome(ウェルカム)を発表しました。これは、家族成員を認識し、侵入者を即座に通報する画期的な顔認識技術を搭載した屋内防犯カメラです。

CES 2016で、Netatmo社は、画期的な深層学習アルゴリズムを採用し、人、車、動物を検知して報告できる初めての屋外防犯カメラPresenceTM(プレゼンス)を発表しました。

Netatmo 社の製品は、栄えあるCES Innovations Design and Engineering 賞で毎年、表彰されています。2016年には、PresenceTMが、CESアワードを4部門で受賞しています。

■本プレスリリースのダウンロードはこちら
http://prtimes.jp/a/?f=d14244-20160212-8686.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Netatmo社
  4. >
  5. 仏Netatmo(ネタトモ)社、スマートフォン連動型「ウェザーステーション」用アクセサリー 風速計『ウインドゲージ』日本発売開始!