【イベントレポート】早稲田大学学生による「日本ワイン」と「シャトー・メルシャン」のマーケティグ実践方法のプレゼンテーション大会を開催!

早稲田大学グローバルエデュケーションセンターの講座に課題を提供 2015年12月18日(金)@早稲田大学

メルシャン株式会社(社長 横山清)は、 早稲田大学グローバルエデュケーションセンター(以下、GEC)が提供する単位を付与しない教育プログラム(My Vision Program)の講座に課題提供を行いました。同講座を受講する学生と「日本ワイン」や国産ブドウを100%使用した日本ワインブランド「シャトー・メルシャン」のマーケティング実践方法についてのプレゼンテーション大会を、2015年12月18日(金)に開催しました。

 

 

 本取り組みは、GECが提供する講座「問題解決の理論と実勢(ブランディング&マーケティング編)」の講義テーマに、シャトー・メルシャンから「どうすればもっと日本で日本のワインが飲まれるようになるか。またその中でシャトー・メルシャンが選ばれるにはどうすればいいか」という課題を提供し、約2ヶ月をかけて学生に解決方法を考えてもらいました。
 プレゼンテーション大会当日は、学生約20名が4チームに分かれプレゼンテーションを実施し、「日本芸術と日本ワイン」を発表したチームが優勝しました。

 ワイン市場の好調に伴いお客様のニーズも多様化する中、日本産ブドウを100%使用した日本ワインが特に注目を集めています。今回の取り組みは、「シャトー・メルシャン」をより深く知っていただくことを目的とし、実施致しました。

 メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、さまざまな提案を続けていきます。







■選定理由
メルシャン株式会社 営業本部 ワイン事業部
シャトー・メルシャングループ長
池田 真人

 

 


ー本日の感想

今日は、学生の皆さまから、本当にいいものを
得ることができました。今後もこの感性を大事に進んでいただければと思います。
ー優勝チームを決めた理由
「日本芸術」という切り口での提案内容が、
シャトー・メルシャンの世界観を描けていたと
感じました。また、プロモーションターゲットを具体的に落とし込めている点も評価したポイントです。


■優勝チームコメント

 

 

ー企画を考えるうえで工夫した点
プロモーションターゲットが自分たちとは違う
世代だったので、想像ができなかったため、足を運んで多くの話を聞くようにしました。現在開催されているワイン展や売り場である百貨店に実際に行き、ターゲットとなる人約20名ほど
にインタビューを行い、企画の参考にしました。


■実施風景

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. メルシャン株式会社
  4. >
  5. 【イベントレポート】早稲田大学学生による「日本ワイン」と「シャトー・メルシャン」のマーケティグ実践方法のプレゼンテーション大会を開催!