スマートフォンで乾電池をコントールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」アプリケーション機能強化

〜クリスマスシーズンに最適!ツリーやイルミネーションのライトを自由に操作可能に〜

ノバルス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 岡部顕宏)は、スマートフォンでコントロールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」において、2016年11月30日、アプリケーションの新機能を追加いたしました。
 乾電池型IoT「MaBeee」は、Bluetoothでスマートフォンと連携し電池の出力を制御できる単三電池型の製品です。2016年8月より、希望小売価格4,980円(税別)で販売しています。MaBeeeの中に市販の単四電池を入れ、専用のスマートフォンアプリで電池の出力を操作します。ミニ四駆、電車玩具、LEDライトなどの単三電池駆動の製品にMaBeeeを入れると、玩具の走るスピードやライトの明るさなどをスマートフォンで直感的に操作できるようになります。

【新機能でクリスマスをもっと楽しく】
今回、アプリケーションの機能強化(※1)により、主にLEDライトなどの照明製品をコントロールするモードが新たに加わりました。これにより、明るさの強弱と点灯のタイミングをアプリで自由に設定いただけます。

 


 現在、乾電池式のクリスマスツリーやイルミネーション用のライトが数多く市販されています。これらにMaBeeeを使用し、フラットモードで点灯するライトの明かりを緩やかにして空間を演出したり、ウエーブモードでライトの点滅を設定しイルミネーションを楽しんだりできます。また、従来の声モードで音楽に合わせてライトの明るさが変わるのを楽しんだり、時計モードでサプライズの演出時にスマートフォンでライトを操作できます。クリスマスならではのさまざまな演出が可能です。

◆商品についてはこちら
http://light.mabeee.mobi


【取り扱い店舗が約500店舗まで拡大】
 2016年8月発売当時MaBeee取り扱い店は全国で約140店舗でしたが、2016年12月には新たに数多くの店舗が加わります。取り扱い店舗総数は約500店舗に上り、全国の様々な店舗でお買い求めいただけるようになります。
 また、クリスマスシーズンにあわせ、トイザらス港北ニュータウン店・ツクモデジタル.ライフ館・日本橋三越本店本館7階Hajimarino cafeにおいては体験コーナーを設置しております。

◆2016年12月末までに展開(予定含む)の販売店舗一覧

◇店舗など(五十音順)
エディオン/コジマ/上海問屋/ソフマップ/ツクモ/トイザらス/ドンキホーテ/ノジマ/ビックカメラ/ポポンデッタ/三越日本橋本店 ※2/リブロ

◇ECサイトなど(アルファベット順、五十音順)
amazon.co.jp/AppBank Store/Makuake EC/アスキーストア/コープデリ(コープネット事業連合)/ヨドバシ・ドット・コム

取り扱い店舗最新情報
http://mabeee.mobi/shops/
※リリース文中に記載の店舗で、HPに記載のない店舗は今後お取り扱い開始次第、順次更新します。

ノバルス株式会社では、乾電池型 IoT MaBeee を通して、子どもから大人まですべての世代が IoT の世界を誰でも簡単に楽しく体験できるよう、商品開発に努めてまいります。

※1:iOS8以上/Android4.4以上
※2:本館7階Hajimarino cafeにて、2016年11月30日~12月13日の期間限定で販売されます。


■会社概要
社名:ノバルス株式会社
本社:〒102-0082 東京都千代田区一番町6番地相模屋ビル7F
代表者:代表取締役 岡部 顕宏
設立:2015年4月24日
Tel:03-4405-8866   Fax:03-5210-3240   Mail:info@novars.jp
事業内容:IoT製品企画開発・販売/コミュニティ企画運営


※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ノバルス株式会社
  4. >
  5. スマートフォンで乾電池をコントールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」アプリケーション機能強化