入社辞退のピンチを防ぐ!“内定通知のベストタイミング”とは?

「anレポート」がアルバイト採用における“理想の内定通知”を調査

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営するアルバイト求人情報サービス「an」<http://weban.jp/>は、人事・採用担当者のための情報サイト「anレポート」にて、アルバイト・パート従事者200人を対象に「内定通知のベストタイミング」について調査を実施しましたので、結果を報告いたします。
■内定連絡は、面接当日~2日後までの実施を心がけ、具体的な選考理由や、「あなたに来てもらいたい」という思いを伝えることが重要
 

 

 求職者に望ましい結果連絡のタイミングについては、面接の「翌日~2日後」が最も多く、全体の半数以上を占めました。<図表1> 続いて、スピードを重視する「面接の場で」という回答が21%、「当日中」という回答が19%を占める結果となりました。早めの連絡を望んでいるとはいえ、あまりにも早すぎる結果通知は「極端に人手不足なのではないか」「ちゃんと選考しているのだろうか」と、不安を覚える人もいるようです。

さらに、希望するタイミングより早く連絡が来た際の印象について聞いたところ、約9割の方が「印象が良い」と回答しました。<図表2>「早すぎる」と感じる応募者の心情をケアしつつ、選考理由を明確に伝え、「あなたという人材にぜひ働いてほしい」という思いを伝えるようにしましょう。

※詳しくはこちらからご確認ください。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/trend/20160118.html

 ■「anレポート」について http://weban.jp/contents/an_report/
「anレポート」は人材採用・育成に携わる人事・採用担当者のためのメディアサイトです。人材採用に関連したオリジナルの統計・データや平均賃金、採用のプロによる面接や教育ノウハウ、アルバイトを生かす企業の取り組みなど、採用・育成に役立つ情報をお届けしています。

■「an」について http://weban.jp/
「an」は、1967 年、「日刊アルバイトニュース」として創刊された求人媒体で、以降 40 年以上にわたり、主に若年アルバイト層の支持を受け、全国でアルバイトを中心とした求人情報提供を行ってきました。現在は、スマートフォン・PCの Web サイト、フリーペーパー、アプリのメディアミックスによるサービスを展開。より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アルバイト求人情報サービス「an」
  4. >
  5. 入社辞退のピンチを防ぐ!“内定通知のベストタイミング”とは?