ニコンスピードライトで初めて電波制御に対応したハイエンドモデルスピードライト「SB-5000」を発売

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンスピードライトの新たなハイエンドモデル「SB-5000」を発売します。
株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンスピードライトの新たなハイエンドモデル「SB-5000」を発売します。
なお、本製品は、2015年11月18日に開発発表を行っています。

「SB-5000」は、ニコンスピードライトで初めて、電波制御によるワイヤレス増灯撮影が行える「電波制御アドバンストワイヤレスライティング」※や、連続発光回数を大幅に向上させる「クーリングシステム」などを搭載。光を駆使して思い通りの写真表現を求めるプロフェッショナルやハイアマチュアユーザーのクリエイティブな撮影を強力にサポートします。
なお、同時発表のニコンデジタル一眼レフカメラ「D5」「D500」にも対応しています。

※ 対応カメラは「D5」、「D500」(2016年1月6日現在)。ワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」
(別売)とWR用変換アダプター「WR-A10」(別売)が必要です。
「WR-R10」はファームアップにより「電波制御アドバンストワイヤレスライティング」に
対応します。詳細はニコンのホームページでご確認下さい。
 

スピードライト「SB-5000」

 


●発売概要
商品名    スピードライト「SB-5000」
希望小売価格    ¥72,500(税別)
発売時期    2016年3月予定

● 主な特長
1.「電波制御アドバンストワイヤレスライティング」を初搭載
ニコンスピードライトで初めて、電波制御によるワイヤレス増灯撮影が行える「電波制御アドバンストワイヤレスライティング」を搭載。電波制御のため、従来の光制御では難しかった、リモートフラッシュが物陰や遠くにある場合や周囲が非常に明るい場合でも容易にライティングすることができます(通信距離最大約30m)。自由度の高いライティングを可能にし、よりクリエイティブな作品づくりをサポートします。
2.初搭載の「クーリングシステム」により連続発光回数が大幅に向上
新開発の冷却機能「クーリングシステム」の搭載によってフラッシュヘッド内部の過熱を抑え、連続発光回数を大幅に向上させました。より快適かつ積極的な撮影が可能となります。

3.小型化と高い操作性を実現
小型化を実現すると同時に、「ロータリーマルチセレクター」に多くの機能を集約することで操作性をさらに向上させました。使用頻度の高い機能に素早くアクセスできる「iボタン」も搭載しています。


●リリース全文は添付PDFファイルをご参照ください。
http://prtimes.jp/a/?f=d16573-20160106-4492.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ニコンイメージングジャパン
  4. >
  5. ニコンスピードライトで初めて電波制御に対応したハイエンドモデルスピードライト「SB-5000」を発売