『#まつ育アカデミー』が全国のまつ毛事情を徹底分析!47都道府県“ブスまつ毛”調査 1位「岡山県」・2位「徳島県」・3位「福井県」の結果に!

“美まつ毛”な都道府県TOP3は「奈良県」「福岡県」「長崎県」

まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」をはじめ、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山熊裕)は、まつ毛に関する情報をまとめたWEBサイト『#まつ育アカデミー』を公開中です。今回当社では、『#まつ育アカデミー』において、全国47都道府県の女性を対象として、「47都道府県“ブスまつ毛”調査」を行いました。

※「47都道府県“ブスまつ毛”調査」の全都道府県のランキング結果を含めた詳しい調査結果については、別紙資料もご参照ください。

■負担&ケアから調査… “美まつ毛県”の秘訣は「負担の少なさ」×「ケア意識」にあり!
 

日常的なまつ毛メイクにケア不足が重なって、負担がかかっている女性たちのまつ毛。今回の調査では、まつ毛メイクでかかっている「負担」と、まつ毛美容液などで行っている「ケア」の2つの側面より総合ポイント(以下Pt)を算出。総合Ptが低い順に並べ、ランキングを作成いたしました。その結果、“ブスまつ毛”調査において1位となったのは「岡山県」(総合-36.86Pt)。次いで2位は「徳島県」(総合-35.14Pt)、3位は「福井県」(総合-34.80Pt)となりました。これらの都道府県はまつ毛への「負担」が大きく、同時にまつ毛ケアに対する意識が低いことが要因だと考えられます。

反対に、まつ毛の負担が少ない状態の“美まつ毛”TOP3は、奈良県(総合-19.16Pt)、福岡県(総合-20.56Pt)、長崎県(総合-22.22Pt)の順に。TOP3はいずれも「負担Pt」が低く、「ケアPt」が高い、ケアへの意識の高さが美まつ毛のポイントであることがうかがえる結果となっています。

ただし、“美まつ毛”TOP3の都道府県も総合Ptはマイナスと、全国的に見てもまつ毛ケア不足であることが否めない結果に。まつ毛に対する意識が低いままで、日々のケアも手を抜いてしまう状態が続けば、“ブスまつ毛”調査上位の都道府県だけでなく、そのほかの都道府県、さらには“美まつ毛県”ですら、ダメージによる傷みや悩みが多い“ブスまつ毛”状態になってしまう可能性があると考えられます。


■全国的なまつ毛ケア意識の低さが判明!まつ毛から悲鳴!?“ブスまつ毛”の理由とは

“ブスまつ毛”調査の総合Ptの全国平均は-29.13Ptとマイナス値。全国的に見てもまつ毛に負担がかかっていることが分かる結果になりました。ダメージをかかえた残念な“ブスまつ毛(ブスま)”である女性は地域を問わず多いようです。

さらに詳しく見ると、ランキング総合1位の岡山県は、「ホットビューラー」の使用率が26%と全国平均(13%)の約2倍。「負担Pt」が全国2位の東京都は、マスカラの使用率が全国1位の96%で、平均(79%)を上回る結果が出ています。

 
■メイク落としのひと手間がポイント?“美まつ毛県”はまつ毛ケア意識が高い傾向に

今回の調査において、47都道府県の中で最もまつ毛が美しく保たれている“美まつ毛”1位は奈良県(総合-19.16Pt)。2位は福岡県(総合-20.56Pt)、3位は長崎県(総合-22.22Pt)となりました。

1位の奈良県は「ケアPt」が全国1位、「負担Pt」は42位と、普段からの負担の少なさとケアへの意識の高さが“美まつ毛”TOP1となった理由だと考えられます。TOP3の都道府県はいずれも「ケアPt」が全国平均を上回り、かつ、「負担Pt」も平均を下回る結果になりました(ケアPt全国平均: 23.66Pt・負担Pt全国平均 -52.79Pt)。

負担が少ないからといって、まつ毛メイクをあきらめているわけではなく、これらの“美まつ毛県”も他の都道府県と同じくまつ毛メイクを日常的に取り入れている人がほとんどです。ただし、1位の奈良県はまつ毛美容液の使用率(33%)だけでなく、まつ毛メイクを専用のリムーバー(ポイントメイクリムーバー)の使用率が44%と全国平均(28%)を大きく上回りました。普段からケアの習慣がついていることに加えて、ひと手間かかるケアをきちんとしていることで、“美まつ毛県”1位に輝いたと言え、ケアの重要性が改めて明らかになったとも捉えられます。

 ちなみに、最後に、まつ毛事情に都道府県の特性が反映されているかどうかを探るべく、周囲の女性のまつ毛を見てどのような傾向があると感じるかについて調査を行ったところ、「夏はかなり暑く湿気も多いので、ビューラーをしても5分後には元に戻っている。」(41歳・鹿児島県)といった気候に関連したコメントが目立ちました。また、「温泉が豊富で身近なためか、美肌・美髪・美まつ毛の人が多い。」(34歳・鳥取県)など、都道府県ならではの声も寄せられています。


■女性に正しいまつ毛ケアの知識を…まつ毛の情報サイト『#まつ育アカデミー』

「47都道府県“ブスまつ毛”調査」からも明らかになった通り、日々まつ毛メイクにいそしむ現代女性のまつ毛は、大きな負担を強いられていると言えます。

まつ毛美容液市場シェアNo1*の「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ」を展開するアンファーでは、現代女性に対して正しいまつ毛ケアの情報を提供することを目的としたまつ毛の情報サイト『#まつ育アカデミー』を公開中。サイト内では、今回の「47都道府県“ブスまつ毛”調査」の結果を含め、過去に行ったまつ毛に関する様々な調査とともに、まつ毛の正しい知識を問う「まつ育統一テスト」、簡単にまつ毛年齢が分かる「ブスま診断」など、まつ毛をテーマにしたコンテンツを幅広くご用意しています。

当社は今後も、女性のみなさまに「まつ育」を通じてイキイキとした美しいまつ毛を目指していただくべく、まつ毛に関するさまざまな情報を配信してまいります。
*トリートメント・マスカラ市場(ブランドシェア)2013年実績(富士経済調べ)

▼『#まつ育アカデミー』WEBサイト
 http://sd-beaute.angfa-store.jp/matsuge/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アンファー株式会社
  4. >
  5. 『#まつ育アカデミー』が全国のまつ毛事情を徹底分析!47都道府県“ブスまつ毛”調査 1位「岡山県」・2位「徳島県」・3位「福井県」の結果に!