遺伝子検査キットのパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社 三井物産、Founders Fundに第三者割当増資決定

遺伝子検査キットのパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社(東京都渋谷区:代表取締役 佐藤バラン伊里)はこの度、約6億2000万円の第3者割当増資を三井物産株式会社及び米国ベンチャーキャピタルファンドのFounders Fund(代表ピーター・ティール氏)に行いました。両社に対し総額約6億2000万円の新株を割り当て、ジェネシスヘルスケア株式会社の総発行済株数の約6%の株式に該当致します。今回の増資に伴い、弊社の資本金は、資本準備金を含め約7億2000万円に増加します。
遺伝子検査キットのパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社(東京都渋谷区:代表取締役 佐藤バラン伊里)はこの度、約6億2000万円の第三者割当増資を三井物産株式会社及び米国ベンチャーキャピタルファンドのFounders Fund(代表ピーター・ティール氏)に行いました。両社に対し総額約6億2000万円の新株を割り当て、ジェネシスヘルスケア株式会社の総発行済株数の約6%の株式に該当致します。今回の増資に伴い、弊社は資本準備金を含め約7億2000万円に増加します。
 

ジェネシスヘルスケア株式会社は日本における遺伝子分野の啓蒙と発展を目的とし、技術開発の強化、遺伝子分野への啓蒙活動の一環として広告活動の強化、人材開発・育成の強化を積極的に行ってまいります。現時点で40万人超す日本最大の遺伝子データベースを2018年までには人口の1%の100万人に達することを目標としております。

 

出資を受け、三井物産株式会社とはB to Cの領域、特に民間向け遺伝子検査キット「ジーンライフ」の販路の拡大や食品分野の商品開発でパートナーシップを構築していきます。

 

続いて、フェイスブックを発掘した米国の著名ベンチャーキャピタリスト、ピータティールさん率いるファンダーズファンドに対しても第3者割当増資が既に終了済みです。元PayPalの創業者を株主に迎える事で、弊社のイノベーション力を高めつつ、保有技術を世界に普及させたいと思います。

 

引き続き、日本における遺伝子分野のリーディングカンパニーとして、我が国における遺伝子研究及び検査の発展を追求し事業拡大を邁進する所存でございます。

 

平成27年7月7日

 

ジェネシスヘルスケア株式会社
代表取締役 共同創業者
佐藤バラン伊里

HP:http://genesis-healthcare.jp/
 

 





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ジェネシスヘルスケア株式会社
  4. >
  5. 遺伝子検査キットのパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社 三井物産、Founders Fundに第三者割当増資決定