成果報酬型の交通事故削減サービス「TARaaS(タラーズ)」を販売開始

フリート車両の衝突保険損害額「50%削減」にコミットする画期的なプログラム

世界初の「交通事故損害率削減」を「成果報酬」としたサービスを開始。イスラエルの自動車企業の先進テクノロジーとコンサルティングを組み合わせて、フリートの前方衝突事故被害額50%削減にコミットします。交通事故損害額の削減率に応じて料金が変動し、損害率が25%以上削減されない場合には、翌年の月額利用料は「無料」になります。

 ジャパン・トゥエンティワン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:加藤充、略称J21)は、衝突防止補助システム「モービルアイ」とフリート管理システム「イトラン」、J21のコンサルティングを組み合わせた三位一体サービスで、交通事故損害額の削減率に応じて料金が変動する「成果報酬型事故削減プログラム『タラーズ』」の販売を開始します。

TARaaS月額料金の成果報酬額イメージ

 

 交通事故削減サービス「TARaaS(Traffic Accident Reduction as a Service・タラ-ズ)」は、バス、トラック、営業車などを50台以上保有する事業者を対象に、世界最先端のADAS装置とFMS装置を導入し、警報ログのビッグデータ解析などのコンサルタントサービスで最適化、統合化した交通事故防止サービスを提供するプログラムです。
 本契約では保険会社から提供される過去3年間における前方事故損害総額(平均)の50%削減値を基準(標準価格)として、その達成率に応じて月額サービス料金を設定します。交通事故損害金額削減率が25%以下の効果しかない場合には翌年の月額費用は無償となり、同75%削減では標準の2倍の料金を請求する成果報酬型の料金体系になります。
 本サービスの初年度計画販売数は、5,000台を計画しています。

TARaaSのサービス概要

■第一のステップ:モービルアイの先進運転支援システム(ADAS)による確実な事故削減効果

 J21では2011年の発売以来、モービルアイ社の単眼カメラとセンサーを搭載した後付け衝突防止補助システムをバス、トラックなどの運輸・運送事業者、大口の社用車ユーザーを中心に約5万台を出荷してきました。
 モービルアイ製品の事故削減効果は、従来のデジタコ、ドラレコなどからは、確実に一線を画しており、イスラエル政府の調査によると、イスラエルでのモービルアイ搭載車と非搭載車の比較で、モービルアイ搭載車の自賠責保険のクレーム件数が57%低かったとしています。また、北米の冷凍トラックの事例(4,000台)ではモービルアイ取付車が事故件数30%減、事故被害額で半減という報告もあり、日本国内では損害金額が80~90%も削減された例もあります。

モービルアイの大型観光バスでの衝突警報


■第二のステップ:イトランのフリート管理システム(FMS)による可視化

運転評価レポートの例

 本サービスでは、モービルアイの衝突防止に加え、フリート管理システム「イトラン」を導入します。独自の車載装置から集める車両の位置、速度、加速度、燃費といった情報を、携帯電話ネットワークを利用しクラウド側で管理・分析するサーバークライアントシステムです。ドライバーごとの日報、週報、月報の作成、動態管理、データ蓄積(1~3年)のほか、フリート全体としての管理も可能となります。

 モービルアイと連携することで、管理者はモービルアイの警報ログや車間秒数情報をクラウド側に集約し、ドライバーの運転状況(ヒヤリハットの発生、車間距離の取り方など)を「可視化、見える化」することができます。そのデータを保存して分析することで、1年あるいはそれ以上の期間での運転傾向、運転の癖、安全・燃費グレードなどを把握します。安全グレード別にドライバーを管理し、適切な対策を取ることで事故削減に貢献する仕組みです。


■第三のステップ:タラーズ・コンサルタント
 イトランシステムの情報に加え、モービルアイ社やイトラン社、他国の代理店からの情報、知識、知恵を総合し、本サービスの司令塔としてお客様と連携しながら日々の事故防止活動を行うのがコンサルタントの役割です。システムからのログデータは、リアルタイムの行動を要求する場面もあれば、各ドライバー個人の1~3年のログを解析して導き出す結論もあります。交通事故の原因となるスピードの出しすぎ、車間距離の詰めすぎ、車線逸脱、そして追突などのヒヤリハット、これらのログを蓄積、日報、週報、月報で報告、ドライバーごとに安全運転グレード、燃費グレードを提供します。また、加齢による運転能力の衰え、疾病、過労・睡眠不足、これらの事象がどう警報ログに影響を及ぼすか、といったテーマも扱うことになります。
 今後はログのビッグデータ解析、交通心理学的アプローチなども検討し、世界最先端の技術と知識で一件でも多くの衝突事故を減らすことができるよう進化してまいります。

J21代表取締役社長、加藤充のコメント
「タラーズは、事故防止に高い実績のある「モービルアイ」を核に、お客様であるフリート事業者の皆さまと当社がWIN-WIN関係となれるように設計されたビジネスモデルです。当社も限られた範囲ではありますが、お客様と一緒に事故リスクをシェアさせていただきます。事故が減らなければお代(翌年の月額費用)はいただきません。その代わり、事故が予想以上に減れば、追加のお代をいただきます。モービルアイとイトランは、イスラエルの自動車関連企業では東西の両横綱、このエクセレントカンパニー両社の協力を得ながら、このようなサービスを始めることに喜びを覚えます」


■料金体系
初期加入費用:1台当り98,000円(税別) 5年契約・月額サービス料金1台当り5,000円(税別)
※契約に当たっては、お申込み・守秘義務契約を締結後、弊社での審査がございます。詳しくはサービス条件をご参照ください。

TARaaS成果報酬の料金推移イメージ

モービルアイ(Mobileye)社について

イスラエルのエルサレムに本社を置く、先進運転支援システム(ADAS)の専門企業。独自のチップセットとアルゴリズムによる同社特有のビジョンベースを基盤にしたシステムで、世界で卓越した存在感。自動車メーカー向けの衝突防止補助半導体(OEM)およびそれを使った一般市場向けシステム製品(AM)と自動運転向け半導体が主な製品分野。衝突防止では、累積1,000万台の出荷実績で、世界70%のシェアを誇る。2014年にNYSEへ上場し、イスラエル企業史上最大のIPOを達成した。
参考URL: http://www.mobileye.com/ (英語)、http://www.imobile.bz/ (日本語)

イトラン(ITURAN)社について
イスラエルのテルアビブ市に本社を置き、1995年の設立以来、車両管理システムの開発・販売に専業。北米NASDAQ市場に上場、100万台規模の車両を全世界で管理し、年間20万台のシステムを販売する世界のフリート管理システム最大手の一つ。モービルアイとの連携による組み合わせは現在までに世界で2万台程度の実績。
参考URL: http://www.ituran.com/en/ (英語) 、http://www.japan21.co.jp/ituran/ (日本語)

ジャパン・トゥエンティワン株式会社(J21)について
ジャパン・トゥエンティワン株式会社は、1998年7月に創業し、”イノベーションを市場化する”を掲げ、イスラエルを中心に世界最先端のハイテク企業の技術や製品のビジネス展開を日本で展開。本件に関わる「モービルアイ」と「イトラン」は、同社が国内のマスターディストリビュータとして、現在まで市場展開。その他の取り扱い製品としては、タブレットの盗難防止製品「コンピュロックス」、プログラミング学習ゲーム「コードモンキー」などがある。
参考URL:http://www.japan21.co.jp/

※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。

お問い合わせ先
ジャパン・トゥエンティワン株式会社
東京都渋谷区恵比寿西1-26-7
TEL:03-5456-8520 Email:taraas@japan21.co.jp Web:http://taraas.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ジャパン・トゥエンティワン株式会社
  4. >
  5. 成果報酬型の交通事故削減サービス「TARaaS(タラーズ)」を販売開始