JDA、オムニチャネルのフルフィルメントに高度な革命をもたらす新WMS機能をリリース

最新版JDA倉庫管理システムにより、ユーザーは今日のオムニチャネル倉庫業務で必要とされる スピードと多様性の管理が可能に

JDA
JDA Software Group, Inc.は、昨今のオムニチャネル時代の倉庫業務の課題に迅速に対応するために必要な機能を継続的に提供するために、JDAの Intelligent FulfillmentTMソリューションを構成するJDA® Warehouse Management(倉庫管理ソリューション)の機能を更に強化することを発表いたしました。
JDA倉庫管理ソリューションは、包括的でリアルタイムの倉庫および物流センター(DC)管理システムであり、実世界の問題を巧みに対処し、結果として業績の向上、競争力の強化、物流センターの価値の最大化、サプライチェーンの投資回収の改善を実現します。
* このプレスリリースは、2016年1月13日、アリゾナ州スコッツデール発のプレスリリースの抄訳です。

最新版JDA Warehouse Management(倉庫管理ソリューション)は、JDA Configuration Managerの機能拡張により、管理・監督の役割を超え業務・運用の役割まで含むペルソナ(個人の担当・役割)ベースのユーザー体験、完全にモバイル対応したフレームワーク、最適化された使い易さを提供します。これらの機能は、メーカー、小売企業、物流業者やサードパーティロジスティクスプロバイダー(3PLs)が戦略的かつ機敏な対応で変化に迅速に適応し、在庫を最適化・実行し、作業やリソース効率化を最大化するために必要な情報を提供します。

JDAのインテリジェント フルフィルメントソリューション戦略バイスプレジデントのFabrizio Brascaは次のように述べています。「この1年、弊社は新たなペルソナベースのユーザー体験を運用および機能レベルにまで拡大することに誠意注力しています。役割やロケーションに基づいて、必要な方法で柔軟に操作ができるソリューションをユーザーに提供するためです。実際、最新版ソリューションの早期導入企業は、既にパイロットを実施している、あるいは本番稼動を間近にひかえています。このことは、改善されたユーザー体験の強みだけでなく、展開期間の短縮化し、価値の実現を早期化する使いやすい機能が強化されたことを証明しています。このような新規機能は、高度なフルフィルメント戦略の一環としてポートフォリオ全体に強靭な拡張機能を搭載するというJDAのコミットメントにつながるものであり、常に変化しているハイペースなオムニチャネルの世界で導入企業が成功することを支援するものです。」

【強化された機能】
  • モバイル対応:場所にとらわれない作業の監督・確認、実行
JDAの顧客中心主義のビジョンに従って、JDA倉庫管理ソリューションは、ユーザーの主体的使用と効率にも注力しつつ、物流センター内の重要課題を解決するために予見可能な情報を提供します。また、倉庫担当者に業務プロセスを主導できるペルソナベースの司令塔を提供するので、組織の効率が向上し、業務担当者の仕事に対する満足感も高まります。担当者は、倉庫業務のパフォーマンス全体をモバイルで把握しつつ、役割に応じた直観的ワークフローを使用して急を要する倉庫の業務問題に直ちに対応することが可能になります。

倉庫管理ソリューションのすべての面にモバイル性を組み込んだことにより、施設の内外でもユーザーはワークステーションに縛られず、ビジネス要求に対応することが可能になりました。倉庫内であれ、出張先であれ場所に関わらず本ソリューションを使用できる機能により、管理者は従業員の倉庫での作業を確認・監督することができるようになります。一方倉庫の担当者は現場でタッチスクリーンや視覚ガイドを使って作業を実行することが可能となります。
  • オムニチャネル対応フルフィルメント:返品管理プロセスの迅速化、フルフィルメントサービスの高度化
JDA倉庫管理ソリューションはJDAのIntelligent Fulfillment(高度な供給体制)戦略に不可欠であり、顧客が今日のオムニチャネル環境の要件を満すことを支援しており、価値の実現までの時間を短縮し、返品管理プロセスを迅速化します。オムニチャネル小売業では、返品量が膨大に増加し、その返品はサプライチェーンの中に留まりがちであり、原価割れでの販売も往々にして発生しているため、返品プロセスの迅速化は非常に重要です。返品量とそれに伴うコストは、倉庫業務と収益性に多大な影響を及ぼしています。最新版ソリューションは、返品のトラッキング、ルーティング、処理および返品された在庫の処分を効率的に処理する重要な機能を提供します。返品から販売可能在庫へ商品を移すために要する時間を短縮することにより、利益を確保し、顧客需要を充足する機会を増やすことができます。

また、JDA倉庫管理ソリューションは、最近統合を発表したIBMコマースの注文管理システムをはじめとする発注管理システムと緊密に統合することで、高スピードで発注処理に対応しなければならないオムニチャネルフルフィルメントの要件を充足します。この統合により、小売企業がクリック&コレクト(オンラインで購入し、店外のピックアップポイントで受け取り)やバイオンライン・ピックアップインストア(BOPIS:オンラインで購入し、店頭で受け取り)等の店内フルフィルメントサービスを顧客に提供するために必要な物流センターやハブからの迅速な対応が可能になります。サプライチェーン上流の需要・補充計画ソリューションとの統合で在庫を削減し、柔軟性を最大限に生かせるようになります。JDA倉庫管理ソリューションとJDA輸送管理ソリューションの統合により、出荷の集約やルートの最適化が自動化され、輸送資産を最大化することで採算性が担保されます。

Kenco社のITシニアバイスプレジデントのSteve Hitchings氏は次のように話しています。「JDA倉庫管理ソリューションを短期間で本番稼働させ、わずか2週間で生産性を上げることができました。ソリューションの使いやすさ、設定力、Kencoの有する実装専門知識の証です。JDA倉庫管理ソリューションの導入後は、補充プロセスは改善され、自動化も新たなレベルまで図ることができたため生産性も向上し、顧客に対しても顧客が注文した商品の在庫や注文管理プロセスをより可視化して提供できるようになりました」
  • 短期間で価値を創出:ワークフロー沿った簡単な操作で効率向上
JDA Fast Track NOW servicesの一環として、JDA Configuration Manager および JDA WMSNOW の機能を強化した最新版JDA 倉庫管理ソリューションは、導入企業に短期間で価値を実現します。JDA Configuration Managerには、わかりやすく、簡単に慣れることができるステップバイステップのワークフローが用意されており、そのワークフローに従えば本ソリューションを完全かつ正確に設定することができます。また、Configuration Managerはプロセス変更を簡素化し、今日の複雑な倉庫業務要件をサポートするために必要な高度なビジネスロジックから外れることなくユーザーが倉庫の複雑性に対応することを支援します。

さらにJDA 倉庫管理システムをより短期間に導入することで、JDA WMSNOWは導入企業がコスト全般を削減し、投資回収の短期化を実現することも支援します。同ソリューションを2,000以上導入した経験をもとに培ったベストプラクティスを活用し、あらゆる規模の顧客向けに標準的ソリューション機能を備えた設定済みの環境を構築しています。JDAクラウドサービスを活用する場合は、非常に短期間でJDAソリューションを本番稼働させることが可能です。導入企業は、より早期に投資回収を得られるだけでなく、全体の導入費用も大幅に削減できます。オンライントレーニングと併せて設定済みのドキュメントやテンプレートを活用することで、ユーザーも短期間でシステムが使えるようになります。

調査会社ARC Advisory GroupのSupply Chain ManagementバイスプレジデントであるSteve Banker氏は次のように話しています。 「かつて私は、倉庫管理システムは成熟した製品なので新規リリースにアップグレードしてもさほど大きな改善は得られないという見解を持っていましたが、JDAに関してはこの見方は間違っていました。JDAは、新規Eフルフィルメント機能、13のモバイル倉庫の役割をサポートする簡素化された直観的に使えるユーザーインターフェース、新たなサプライチェーン効率を生むJDA Intelligent Fulfillmentとの統合改善といった主要取組みにフォーカスした最新版に大きな投資を行っていたことがわかりました。」

【JDAソフトウェアについて】JDA® Softwareは、サプライチェーン、製造計画、小売計画、ストアオペレーション、及びコラボレーティブカテゴリマネジメントソリューションの大手プロバイダです。JDAの革新的なソリューションと他社の追随を許さない業界に対する高い専門性は、企業のサプライチェーン、在庫、人員及び顧客サービスレベルを最適化し、収益向上を促進します。その実績により、JDAソリューションは、世界有数の4,000社を超す小売業者、製造業者および流通業者の標準となっています。詳細については、jda.comをご覧ください。 JDAソフトウェア・ジャパン株式会社は1997年に設立され、60名強のスタッフが活躍しております。詳細については、ホームページjapanese.jda.comをご覧ください。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. JDA
  4. >
  5. JDA、オムニチャネルのフルフィルメントに高度な革命をもたらす新WMS機能をリリース