世界を魅了する秩父産ジャパニーズウイスキー「 イチローズモルト」ボトルフェア

美しい夜景が望める19Fトップラウンジにて

浦和ロイヤルパインズホテル(さいたま市浦和区仲町2-5-1 総支配人: 繁治 英志)では、3月31日(火)まで19階の「トップラウンジ」において「イチローズモルト ボトルフェア」を開催いたします。
 

 

 
テレビドラマが追い風となり、現在人気沸騰中のウイスキー。なかでもスコッチ、アイリッシュ、バーボン、カナディアンと並ぶ世界5大ウイスキーのひとつジャパニーズに、大きな注目が集まっています。

埼玉県秩父市で造られるイチローズモルトは、世界でも高い評価を受けているジャパニーズウイスキーの一つです。このたび、入手困難なイチローズモルトの人気シリーズ「リーフラベル」が入荷したため、その素晴らしさを少しでも多くのお客様に味わっていただこうと、数量限定でご提供いたします。

緑・赤・金の美しいリーフ型ラベルの個性あふれる3種は、いずれも豊かな秩父の自然と人の手によって造り出された極上の美酒ばかりです。

美しい夜景を望む落ち着いた雰囲気のラウンジで、心やすらぐひとときをお過ごしください。

[イチローズモルト ボトルフェア]
■場所:  トップラウンジ (19階)*レストラン「RPR」に併設
■期間:  2015年3月31日(火)まで
■時間:  11:00~23:00 (ラストオーダー 22:30)
■料金:   1ボトル 18,000円(税金・サービス料別)
【数量限定】なくなり次第終了いたします。

【赤】(写真左)
Wine Wood Reserve [ワイン ウッド リザーブ]
赤ワインの熟成に使用した樽をウイスキーの後熟用に使用したものです。熟成期間中に樽を入れ替えるというひと手間がウイスキーに華やかさと豊潤さが加わり長い余韻が特徴です。

【金】(写真中央)
MWR [ミズナラ ウッド リザーブ]

ウイスキーの熟成は樽ごとに異なります。ミズナラというジャパニーズオークならではのフレーバーを感じられ  る味わいをお楽しみください。

【緑】(写真右)
Double Distilleries [ダブル ディスティラリーズ]
羽生蒸留所と秩父蒸留所のふたつの原酒を使用したダブルディスティラリーズ。 まろやかさと複雑さを併せ持つ個性をお楽しみください。

イチローズモルトウイスキーについて
埼玉県秩父市にある酒造会社「ベンチャーウィスキー」が製造するジャパニーズシングルモルトウイスキー。
創業者の肥土伊知郎(あくと いちろう)氏は、本場スコットランドを視察するなど地道な営業と調査活動を重ねて研究し、熟成樽に日本古来の木材であるミズナラを用いる等、独自の方法を導入。
個性豊かでまろやかな味は、品質の高さからヨーロッパや北米を中心に世界中のウイスキー愛好家から高い評価を
得ている。

  
◆トップラウンジ

 

浦和ロイヤルパインズホテル19階に位置するラウンジで、レストラン「RPR」に併設する。天井高6mの伸びやかな空間で、美しい夜景を眺めながら、オリジナルカクテルや世界の銘酒、ワイン等をお楽しみいただけます。毎夜素敵な生演奏もお届けしています。
営業時間: 11:00~23:00 (ラストオーダー 22:30)

 


 

 

ご予約・お問合せは:
浦和ロイヤルパインズホテル
トップラウンジ
TEL.(048)827-1165(直通)


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 浦和ロイヤルパインズホテル
  4. >
  5. 世界を魅了する秩父産ジャパニーズウイスキー「 イチローズモルト」ボトルフェア