人民元建て銀聯カード口座宛て送金に関する重要なお知らせ

~中国国内主要銀行の銀聯カード口座へ人民元建て送金が最短10分で着金!~ ~一回での送金上限金額は5,000米ドル相当に!~ ~送金手数料一律480円キャンペーンを2016年3月31日まで延長!~

 SBIホールディングス株式会社の子会社で国際送金サービス事業を手がけるSBIレミット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安藤伸生、https://www.remit.co.jp、以下「当社」)は、人民元建て銀聯カード口座宛て送金(以下「本サービス」)における1回での送金上限金額および送金手数料を2015年10月22日(木)より変更致しました。また、本サービスにおいて、2015年4月以降実施しております送金手数料一律480円キャンペーンが大変ご好評いただいたことを受け、従来は2015年10月31日(土)までとしていたキャンペーン期間を2016年3月31日(木)まで延長することと致しましたのでお知らせいたします。

■1回での送金上限金額および送金手数料の変更について
2015年10月22日(木)より以下の通り変更致しました。
【変更前】
送金額:送金手数料
1 円 - 送金上限額※:1,000 円
※ 1回で送金できる金額は、3,000米ドル相当までを上限とします。
【変更後】
送金額:送金手数料
1 円 - 350,000円:480 円
350,001 円 - 送金上限額※:880 円
※ 1回で送金できる金額は、5,000米ドル相当までを上限とします。

■キャンペーンについて
キャンペーン期間:2015年4月23日(木)~2016年3月31日(木)
送金額:通常の送金手数料
1 円 - 350,000円:480 円
350,001 円 - 送金上限額※:880 円
キャンペーン期間中の送金手数料:一律480円
※ 1回で送金できる金額は、5,000米ドル相当までを上限とします。

 
 本サービスは、銀行取引では難しい、日本から中国への個人間の人民元建て送金を可能としたもので、夜間(中国現地時間午後10時~午前7時)を除き、送金依頼受付より最短10分で速やかに受取人の指定口座への入金が可能です。

<本サービスの特徴>
○ ご指定の銀聯カード口座へ速やかに送金
○ 確定レートでの人民元着金
○ 受取時の追加費用は一切なし
○ 中国にあるほとんどのATM※でお引き出し可能
※銀聯マークがついているATMで直接現金を引き出すことが可能で、銀行窓口に行く手間が省けます。

<本サービスの概要>
○ 対象国:中国
○ 受取通貨:人民元(CNY)
○ 送金手数料:
送金額:通常の送金手数料
1 円 - 350,000円:480 円
350,001 円 - 送金上限額※:880 円
キャンペーン期間中の送金手数料:一律480円
※ 1回で送金できる金額は、5,000米ドル相当までを上限とします。

○ 為替レート:
送金額の受取通貨への換算レートは、送金契約成立時点におけるマネーグラム社が設定した為替レートが適用され、当該レートにて換算されます。確定された受取金額はそのままご指定の銀聯カード口座へ着金します。受取時の追加手数料は一切かかりません。
リアルタイムの為替レートは、以下のサイトでご確認いただけます。
https://www.remit.co.jp/MainCommissionSimulator_Input.jsf

○ 着金までの所要時間:
当社が送金依頼を受付後、最短10分程度でご指定の銀聯カード口座へ着金します。

○ 送金可能銀行:
以下の銀行により発行された銀聯カード宛て(デビットカード限定)
中国銀行
中国工商銀行
中国建設銀行
交通銀行
中国光大銀行
広東省農村信用社聯合社
哈爾賓(ハルビン)銀行
河南省農村信用社
湖南省農村信用社聯合社
臨商銀行
青海省農村信用社聯合社
華夏銀行
詳しくは、当社ホームページにてご確認ください。
https://www.remit.co.jp/MainAboutCNMostBanks.jsf?lang=ja

○ 注意事項:
1.  事前に当社への会員登録が必要です。
2.  本サービスは、送金先(受取人)が中国国籍で、中国国内の指定銀行にて発行された銀聯カード(15桁~19桁の口座番号)をお持ちである場合のみ、ご利用いただけます。
3.  一回の送金上限額は5,000米ドル相当まで、一日の送金上限額は10,000米ドル相当までとなります。
4.  ご入金の際、ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合があります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. SBIレミット株式会社
  4. >
  5. 人民元建て銀聯カード口座宛て送金に関する重要なお知らせ