『-使う人から創る人へ-子どもIT体験教室「プログラミング入門」』が、平成27年度「青少年の体験活動推進企業表彰」において、審査委員会奨励賞を受賞

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)が開催する、子どもIT体験教室「プログラミング入門」が、文部科学省が主催する平成27年度「青少年の体験活動推進企業表彰」において、審査委員会奨励賞(大企業部門)を受賞しました。
本活動は、平成16年度に開始したITに親しむことを目的とした小学生向けのIT体験活動から始まりました。平成26年度以降は、小学生を取り巻くIT環境の変化に合わせて、初心者でも楽しめるプログラミング教室にリニューアルし、ITを使うだけでなく、創ることへの楽しさや可能性を発見する機会提供を行う形としました。これらの取り組みが評価され、今回の受賞に至りました。
なお、表彰式は、平成27年3月9日(水)に文部科学省(東京都千代田区)にて行われる予定です。
【青少年の体験活動推進企業表彰とは】
文部科学省が主催し、社会貢献活動の一環として青少年の体験活動に関する優れた実践を行っている企業を表彰し、全国に広く紹介することにより、青少年の体験活動の機会の推進を図ることを目的としたものです。

【受賞した活動の内容】
文部科学省がオンラインツールとして提供するビジュアルプログラミング言語「プログラミン」を使い、アニメーションやシューティングゲームを題材としたプログラミング体験を行います。完成したプログラミング作品は、発表会で参加者全員に披露し、工夫した点などを学び合います。同時に、プログラミングで作られたITサービスが、子どもたちのくらしの中でどのように役立てられているかについても学びを深め、自らが体験したプログラミングが、未来のITサービスを創る可能性につながっていくことを実感できる内容としています。

図:子どもIT体験教室の様子

【今後について】

NTTデータは、小学生から社会人までの各世代に向けて、IT人材育成を柱としたCSR活動を行っています。
本活動の中でも、子どもIT体験教室「プログラミング入門」は小学生を対象とした活動として位置づけ、今後もIT環境の変化に合わせて内容を見直しつつ、定期的な開催を行っていく予定です。
また、これまでに蓄積したこれら活動の知見をもとに、このたび、書籍「遊べる!わかる!みんなのプログラミング入門 子どもたち集まれ」を株式会社リックテレコムより、平成27年3月20日に刊行します。
NTTデータでは、今後も、子どもたちがプログラミングを通じてアイデアを形にする力を育み、より豊かな未来を創造する人に成長するための取り組みを行っていきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社NTTデータ
  4. >
  5. 『-使う人から創る人へ-子どもIT体験教室「プログラミング入門」』が、平成27年度「青少年の体験活動推進企業表彰」において、審査委員会奨励賞を受賞