エターナル青春系ブラウザ「Kinza」を公開

~シンプルで使いやすいブラウザを作りたい!答えは意外と簡単でした~

 インターネットサービスやソフトウェアの開発・提供を行う Dayz株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:玉城 朝)は、Google Chromeが採用しているウェブブラウザのオープンソースプロジェクト「Chromium(クロミウム)」をベースに開発した、シンプルで軽快なウェブブラウザ「Kinza(キンザ)」を5月22日にリリースいたしました。Kinzaのご利用は無料で、本日公開いたしましたKinzaのオフィシャルサイトよりダウンロードすることができます。
Kinza URL: http://www.kinza.jp/
Kinzaのダウンロードはこちらから: http://www.kinza.jp/download/


■Kinzaの開発背景

 現在、日本国内で多くのユーザーに利用されている主要なブラウザは、果たして本当に使いやすいでしょうか?多くの機能が搭載され、複雑化しているウェブブラウザは、その一方で動作が遅くなったり、不具合が発生しやすくなったり、ユーザーにとっての使いやすさを阻害してしまうケースが少なくありません。


Dayzが2013年11月に全国1,182名を対象に行った調査でも、使用しているブラウザへの不満として「動作が重い・フリーズする」「わからない/使わない機能が多い」「ウェブサイトの表示が遅い」といった声が数多く挙がっています(右表参照)。
 そこでDayzは、「ウェブサイトを閲覧する」というウェブブラウザの基本的な価値を徹底的にシンプルに追及することで、ユーザーに快適にインターネットを活用してもらいたい、ユーザーが考える理想のブラウザを提供したいという思いで、「Kinza」の開発を行うことになりました。

 

■Kinzaの特長
 Kinzaには他のブラウザにはない独自機能などはありません。ウェブブラウジングの快適性を邪魔するような余計な機能をすべて削ぎ落として、「ウェブサイトの閲覧を快適にする」という価値を、Google Chromeと同じオープンソースプロジェクト「Chromium」を活用して実現しています。その上で、Google Chromeと同等の拡張性を備えているため、ユーザーの利用動向に合わせたカスタマイズが柔軟にできるのも特長です。
 また、KinzaはDayzの開発チームだけで開発するものではありません。Kinzaのユーザー掲示板をKinzaオフィシャルサイト内に用意し、ユーザーからの意見や機能要望を幅広く募集することでユーザーの声を開発に反映できる体制を作って参ります。
 「Kinza」はインターネットユーザーの幅広いニーズに応えるために、今後も更なる開発を進めて参ります。


■スクリーンショット

 

- 新規タブを開いた場合 -

 

 

- 登録RSSの管理画面 -




<Kinzaの主な特徴>
■ アドレスバーで、全てを検索する

 Kinza を使用したウェブ閲覧は、アドレスバーから全てが始まります。検索キーワードを入力すると、主要な検索エンジンや登録したRSS、ブックマークなど様々な検索結果にアクセスできるショートカットを瞬時に表示し、ワンタッチで気になる検索結果を閲覧できるようになります。

■ Google Chromeと同等の機能を実現
 Kinza のベースとなるのは、人気ブラウザ Google Chrome を支える「Chromium」。拡張機能の追加、テーマ設定、Google アカウントでのログインとデータ同期など、Google Chrome と同じ拡張性を実現しており、ユーザーの好きなようにカスタマイズすることが可能です。

■ スパイウェア、アドウェアをインストールしません
 ユーザーのアクティビティを無許諾に送信するスパイウェアやアドウェアはもちろんのこと、ユーザーの許諾なしにKinzaと無関係なソフトウェアを追加インストールや許諾を求めない自動アップデートによる機能追加をすることはありません。ユーザーの情報が外部に送信されることはなく(各検索サービスのサジェスト機能は除く)、ユーザーは安心してKinzaでブラウジングをお楽しみいただけます。

■ 高性能なRSSリーダーを搭載
 Kinza にはRSSリーダーを搭載しており、気になるニュースやブログに簡単にアクセスすること可能です。他の RSSリーダーで管理していた RSS の一覧を OPML形式でインポートすることができます。初回のインストール時には、楽天株式会社が運営するニュースサイト「Infoseekニュース」のRSSが登録されています。

■ ユーザーの声から新機能を開発
 「こんな機能があればいいのに」「ここを使いやすいしてほしい」といったKinza に対するご意見・ご要望をウェブサイト内のユーザー掲示板で募集。頂きましたご意見を踏まえて、ユーザーの皆様にとって使いやすくアップデートしていきます。

<Kinzaの名前の由来>

 東京だけでなく各地の繁華街につけられている「銀座」という呼び名は、江戸時代に銀貨を鋳造していた場所を由来としています(諸説あり)。有名なのは東京都中央区の銀座ですが、実は「銀座」と同じように金貨や小判を鋳造する場所「金座(きんざ)」が私たちDayzのオフィスがある日本橋に存在していました。

 私たちは、この日本橋の街で生み出した国産ブラウザを通じて、たくさんのユーザーの皆様に金貨や小判に匹敵するような多くの価値やエクスペリエンスを得て頂きたいと考え、日々開発を続けています。「Kinza(キンザ)」の名称にはそのような想いを込めました。
また、Kinza のロゴは「金座」の“金”と日本橋の麒麟をモチーフに、日本製のブラウザらしく和のテイストを取り入れたデザインにしました。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Dayz株式会社
  4. >
  5. エターナル青春系ブラウザ「Kinza」を公開