JMOOCにて、東京外国語大学「新タイ経済発展論」の受講受付を開始

~微笑の国「タイ」の多様な経済発展のあり方を学ぶ~

JMOOC公認のプラットフォーム「OpenLearning, Japan」(ネットラーニング提供・運営)において、本日より、東京外国語大学「新タイ経済発展論」の受講受付を開始
JMOOC[※1]公認のプラットフォーム「OpenLearning, Japan[※2]」において、本日より、東京外国語大学 宮田 敏之 教授による「新タイ経済発展論」の受講受付を開始いたします。

日本とは古くから交流が盛んで海外の旅行先としても人気が高い、微笑みの国「タイ」。グローバル化が進む中、ASEANに加盟する「タイ」は世界経済のダイナミックな動きに対応しながら、製造業と農業を中心に著しい成長を遂げてきました。経済成長に伴って新中間層が拡大し、タイ国内では日本食ブームが巻き起こり、来日する観光客も増加しています。しかし、工業化が進む一方で農業も着実に成長しており、タイ農業は現在も「屋台骨」としての重要性を失っていません。

本講座では、タイ社会経済研究、東南アジア経済研究を専門とする講師が、歴史的な視点を踏まえ、日本との関係を織り交ぜながら、様々な課題を抱えつつ発展を続けるタイの経済を明らかにしていきます。 

■主な受講対象者
タイを含む東南アジアの経済に関心のある高校生、社会人。前提知識は不要。

■宮田教授のコメント「受講を検討されている皆さんへ」
日本とタイは深いかかわりあいを持っています。この講座を通じて、タイの経済の多様な発展のあり方とその課題を、皆さんといっしょに考えていきたいと思います。

■講座概要

 

講座名: 新タイ経済発展論
講師: 東京外国語大学 宮田 敏之 教授
受講期間: 2016年1月12日~2月16日
受講料: 無料

講座内容の詳細については、以下のウェブページよりご覧いただけます。
講座案内: https://open.netlearning.co.jp/lecture/index.aspx?cid=00005J11
プロモーションビデオ: https://www.youtube.com/watch?v=2w-k62fUto0


[※1] JMOOCについて
JMOOCは「Japan Massive Open Online Courses」の略で、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会の英語名です。2012年に米国を中心立ち上がったMOOC(ネット上でだれでも無料で受講できる大規模でオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービス)の日本版を普及・拡大するため、2013年10月に設立されました。
http://www.jmooc.jp/

[※2] JMOOC公認プラットフォーム「OpenLearning, Japan」について
OpenLearning, JapanはJMOOCで3つ目の公認プラットフォームとして、2014年9月25日に開設されました。これまでに14の大学・法人等と提携し10講座を開講、現在10講座を開講準備中です。eラーニング専業で国内最大手の株式会社ネットラーニング(代表取締役:岸田 徹、本社:東京都新宿区)が提供、運営しています。
https://open.netlearning.co.jp/

 

【報道関係者様お問合せ先】
一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会 事務局   TEL:03-3295-3555
株式会社ネットラーニング  高木 清、加藤 ゆい       TEL:03-5338-3011
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ネットラーニング
  4. >
  5. JMOOCにて、東京外国語大学「新タイ経済発展論」の受講受付を開始