KARTE、サイト外のお客様への接客も可能にする「KARTE TALK」を提供開始

チャットやSMSでの接客が可能に

株式会社プレイドは、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の新機能として、サイト内だけでなくサイト外のお客様とのコミュニケーションを可能にする「KARTE TALK(カルテトーク)」の提供を3月17日より開始しました。まずはエンタープライズプランの契約企業を対象に段階的に提供していきます。
株式会社プレイド(東京都品川区:代表取締役社⻑ 倉橋健太)は、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の新機能として、サイト内だけでなくサイト外のお客様とのコミュニケーションを可能にする「KARTE TALK(カルテトーク)」の提供を3月17日より開始しました。まずはエンタープライズプランの契約企業を対象に段階的に提供していきます。

ウェブサイト外のお客様に接客が可能に

「KARTE」は、ウェブサイトに数⾏のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や⾏動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービスです。これまではウェブサイト上に表示する「ポップアップメッセージ」を唯一の接客手段として提供してきましたが、これを一気に拡充します。

「KARTE TALK」では、KARTE上からLINEへのコミュニケーションを可能にする「CLINE by KARTE」(2015年5月に提供を開始)に加え、ウェブサイト上のチャット、SMS、メール、Facebook通知、ブラウザ通知、スマホ通知を利用した新たなコミュニケーション手段を6つのプラグインとして提供します。


これまでは、「ポップアップメッセージ」によるサイト内での接客に限られていましたが、「KARTE TALK」により、メールやプッシュ通知などを利用したサイト外のお客様とのコミュニケーションが可能になります。
また、これらの異なるコミュニケーションを1つのタイムラインで一元管理することが可能です。これにより、より円滑なコミュニケーションを実現します。

「KARTE TALK」はこれらのプラグインの中から必要なものだけをオプションとして選択可能で、企業ニーズに合わせてご利用いただけます。

話しかけたいお客様に様々な手段でコミュニケーションが可能に

「KARTE TALK」では、来訪者を特徴で絞り込んだうえでコミュニケーション手段を選択し、入力したメッセージをすぐに一括送信できるほか、一人のお客様にメッセージを送信することも可能です。
SMSやプッシュ通知でメッセージを送るには、事前にお客様から許可を得ている必要があり、メッセージは許可を得ているお客様にしか送信できない仕様になっています。
また、特定の条件に合致したタイミングでメッセージを送信するトリガー配信も可能です。
 


チャットの続きをSMSやメールで行うことも可能です。チャットでお客様から質問いただいて、すぐに回答できない場合に、返答をメールなどで行うことが可能です。
お客様が希望する連絡手段を選択することができ、お客様を待たせることなく、最適な方法でコミュニケーションを続けることができます。
また、記載したリンクにアクセスしていただくことで、ウェブサイトに再訪いただき、チャットの続きを再開することも可能です。

サービス提供の背景

LINEやメール、SNSなど、ウェブにおけるコミュニケーションは多様化しており、今後もさらに増加していくことが推測されます。
企業がこれらのコミュニケーションツールに対して個別に対応していくことは困難であるほか、複数のツールに分散してお客様の情報を管理することになり、お客様との関係性を深める障害になりかねません。
「KARTE TALK」により、分散するコミュニケーションの一元管理を可能にするだけでなく、お客様一人ひとりをしっかりと理解しながらコミュニケーションが行える環境を提供していきます。

今後は、「KARTE TALK」に自動応答機能を追加していくほか、その他の外部サービスとの連携も進めてまいります。
「KARTE」はこれからも様々な接客手段を拡張していき、ウェブの可能性をも広げていくような世界観を実現していきます。

KARTE TALK(カルテトーク)
https://karte.io/talk.html

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. プレイド
  4. >
  5. KARTE、サイト外のお客様への接客も可能にする「KARTE TALK」を提供開始