全店初出店となる12店舗発表!日替わり店舗も!『ラーメン女子博’16 -Ramen girls Festival-』店舗発表!

2016年3月17日(木)~21日(月・祝) 於:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場

 2016年3月17日(木)~21日(月・祝)、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて開催される「ラーメン女子博 ’16 –Ramen girls Festival-」の出店店舗が決定!ラーメン大好き女子のため、“女性”に特化したラーメンイベント「ラーメン女子博」は、2015年3月に第一回目を開催し、売切れ続出の2日間で29,675人の来場者数を記録。大好評を博し、第二回開催が決まりました。

 第二回目の開催となる今回は、出店ラーメン店を総入れ替え!前回とは異なるバリエーション豊かな12店舗が軒を連ねます。また、そのうち1店舖は日替わりで店舗が変わるスペシャルブースとなり、合計15店舗が、“ラーメン女子に捧げるラーメン”をコンセプトにアレンジしたメニューを提供します。

 総入れ替えとなる出店ラーメン店は、本イベントプロデューサーの森本聡子氏が選りすぐった名店がずらり。
 










 

ミシュランガイド掲載の有名店①『黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン』(市ヶ谷)はじめ、フカヒレ専門中華料理店②『蔭山樓』(恵比寿)、森本氏自身が“ラーメン女子”になるきっかけとなった、ラーメンイベント初出店の③『元祖タンメン屋』(岐阜)、「美人すぎるラーメン店主」友紀乃店主が作る「汁なし担々麺」が看板の④『自家製麺 ほうきぼし』(赤羽)、鶏の卵巣「きんかん」独特のしっとりした手もみ麺が売りの⑤『新旬屋 麺』(山形)、カルト的な人気を誇る高級ラーメン店⑥『中華そば すずらん』(恵比寿)など、ラーメンツウにも嬉しい店舗が連ねます。
他にも、Japanese Artな内観や女性スタッフの浴衣が海外の方にも人気の⑦『チラナイサクラ』(御徒町)や、和の味噌とエスニックなカレーを融合させ、野菜たっぷりの「美」を追求した一杯が人気の⑧『Miso Noodle Spot 角栄 (KAKU-A)』(代々木)、日本各地のラーメンイベントで売上杯数1位を獲得してきた伝説の塩ラーメンを提供する⑨『麺屋宗』(高田馬場)や、ハワイアンカフェをイメージした店内で、独創的なメニューが魅力の女子ウケ抜群の⑩『麺屋 Hulu-lu』(池袋)、“ガッツリ系”を欲する女子へ捧げる、優しい店主が作るこだわりの体育会系ラーメン⑪『ラーメン神豚』(横須賀)など、女子のハートをつかんで離さない店舗の出店が決まりました。
また、今回初の試みとなる⑫女子博スペシャル企画『日替わりブース』も決定!『らーめん香月』(六本木)(17日出店)、『地球の中華そば』(横浜)(18日出店)、『麺屋 翔』 (新宿)(19日・20日出店)、『ラーメンダイニングJingu』 (原宿)(21日出店)という名店が、会期中入れ代わり立ち代わり出現!友達と、家族で、彼氏と、会期中何度でも、毎日足を運びたくなるはず!


 普段一人でラーメン店に入りにくい女性でも思う存分ラーメンを楽しんで頂けるように…という想いで企画された本イベントは、前回同様、多くの“ラーメン女子”に楽しんでもらえる仕掛けを散りばめます。人目を気にせずラーメンを食べられる女性限定の飲食スペースでは、ブランケットやレンゲ、ヘアゴム等女性に嬉しいホスピタリティも用意。更に、“美”を意識したドリンクや美容コンテンツ、女子たちの心も温める“IKE麺(イケメン)”がやさしくおもてなし・・など女性が喜ぶコンテンツが満載となります。

 そして、累計50万部を突破した、本格派ラーメングラフィティ『ラーメン大好き小泉さん』(鳴見なる著・竹書房出版)とのコラボレーションが大決定!ラーメン大好き女子高生・小泉さんと、リアル・ラーメン女子の森本聡子氏との絡みはあるのでしょうか。コラボレーション詳細は後日発表いたします。

 とことん女子に特化した、史上初のラーメンイベント『ラーメン女子博 ’16-Ramen girls Festival-』。もちろん、男性も入場可能なので、是非家族やカップルで訪れ、美味しいラーメンを堪能してください。


<「ラーメン女子博 ’16 -Ramen girls Festival-」実施概要>
■タイトル: ラーメン女子博 ’16 -Ramen girls Festival- 
     (読み:ラーメンジョシハク ニセンジュウロク ラーメンガールズフェスティバル)
■日程: 2016年3月17日(木)~3月21日(月・祝) 11:00~21:00(L.O 20:30)
     ※21日のみ20:00終了。(L.O 19:30)
■場所: 横浜赤レンガ倉庫 イベント広場 
■飲食券:詳細は後日発表
■入場料:無料  ※飲食の際には、飲食券購入が必要となります。 ※男性も入場可能です。
■主催: ラーメン女子博実行委員会(TEL: 03-5545-9704/音声ガイダンス)
■後援: 公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー 
■協力: 辺見プロモーション
■公式HP:     http://www.ramengirls-fes.com 
■公式Instagram:http://instagram.com/ramengirlsfes
■公式Facebook:  https://www.facebook.com/RamengirlsFestival
■公式twitter:    @RamengirlsFes 
■公式LINE ID:  @ramengirlsfes  (アカウント名: ラーメン女子博)



◇森本聡子プロフィール:
『女性が一人でもラーメンを食べる事の出来るカルチャーを広めたい。』 そんな思いから食べ歩きを開始してから12年。
年間600杯以上食べるラーメン女子。男性中心のラーメンフリークが多い中、タレントとしても活動しながら、体型維持も視野に入れたラーメンライフにも注目。ラーメンに対する知識も豊富で「ラーメン女子会」を主催しメディアにも注目され始めています。


◇出店ラーメン店詳細:

①『黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン』(市ヶ谷) http://www.dueitalian.jp/

 

ミシュランガイド掲載の有名店。森本氏が“ご褒美ラーメン”と呼ぶ名物「生ハムフロマージュのラーメン」は、鶏と野菜の旨味の詰まった塩スープにチーズが溶け合い、女子の心をリッチな気持ちにさせてくれる逸品。


②『蔭山樓』(恵比寿) http://www.kageyamarou.com/

 

森本氏の“My Best鶏白湯”として君臨。フカヒレ専門の中華料理店のため日ごろから女性客が圧倒的に多く、おひとりさまラーメンにもオススメなありがたいお店。森本氏の念願叶ってイベント出店!

 

 

③『元祖タンメン屋』(岐阜) http://ganso-tanmen.com/

 

森本氏自身が“ラーメン女子”になるきっかけとなった「岐阜タンメン」。東海地区で“タンメン”のパイオニア的存在といえばココ!森本氏のために地元・東海地区からラーメンイベント初出店!


 

④『自家製麺 ほうきぼし』(赤羽) http://houkibosi.dip.jp/

 

「美人すぎるラーメン店主」として、メディアを賑わせている若干20代という若さの友紀乃店主が作るラーメンは、中毒性の高い「汁なし担々麺」が看板メニュー。1度食べたら病みつきのビリビリ魔法をお試しあれ!

 

⑤『旬屋 麺』(山形)  http://shinsyun.net/

 

「イベントだからって妥協無し!」実店舗と差を感じないほど完璧と森本氏が感動。鶏の卵巣「きんかん」独特のしっとりした手もみ麺が病み付きに!森本氏がラーメン巡りをする大好きな東北エリアより出店。

 

⑥『中華そば すずらん』(恵比寿) https://twitter.com/suzuranshibuya

 

通の間では、カルト的な人気を誇る高級ラーメン店。森本氏曰く、ラーメンというよりも、“高級日本料理”として食べて欲しい1杯。ラーメンイベント初出店!
 


 

⑦『チラナイサクラ』(御徒町) http://bond-of-hearts.jp

 

長野県を中心に信州のラーメン界を牽引する塚田店主がプロデュースの新店。Japanese Artな内観に合わせ、女性スタッフを中心に浴衣で接客など、女子だけでなく、海外の方にも喜ばれるだろうお店。

 

⑧『Miso Noodle Spot 角栄 (KAKU-A)』(代々木) http://gamushara.tokyo/

 

オシャレな内外観で女性にも話題のお店。和の味噌とエスニックなカレーを融合させ、野菜たっぷりの「美」を追求した一杯が人気。森本氏曰く「計算され尽くした国産小麦100%のモチモチ麺とのバランスが何より魅力!」。


 

⑨『麺屋宗』(高田馬場) http://www.menya-sou.com/

 

日本各地のラーメンイベントで売上杯数1位を獲得してきた伝説の塩ラーメンを提供する麺屋宗がラーメン女子博に登場!!今回、柳店主が『ラーメン女子』に向け、こだわりの新たな一杯に挑戦!!是非お試しあれ!!

 

⑩『麺屋 Hulu-lu』(池袋) http://www.hulu-lu.com

 

古川店主のハワイ好きが高じ、ハワイアンカフェをイメージした店内は、まさに“ALOHA♪”な空間。独創的なメニューが魅力な上、自家製麺にはハワイの水を使用する等のこだわりも。女子ウケ抜群なお店です。

 


⑪『ラーメン神豚』(横須賀) http://ootsuya-631.co.jp/kamibuta/

 

カロリーが心配・・。男性に交じって並ぶのが恥ずかしい・・・。ホントは女子だって食べたい“がっつり系”。そんな女子の本音に応え、G系ラーメン登場!優しい店主が作るこだわりの体育会系ラーメンは、やみつきに!



⑫女子博スペシャル企画『日替わりブース』
(1)『らーめん香月』(六本木)  ※3月17日出店


1975年に屋台で創業した老舗店が約3年の休業を経て六本木にて復活。“ノスラー(ノスタルジックラーメン)”にして新店。元祖背脂チャッチャ系らーめんは、こってりに見えるのに後味はさっぱり。是非老舗の味をご賞味あれ!




(2)『地球の中華そば』(横浜) ※3月18日出店 https://twitter.com/hoshichuu

 

愛妻家の樋上店主が奥様の旧姓(ほしの)を店名にしたというロマンチックなエピソードに劣らない美味しい塩ラーメンは、業界権威のTRY新人大賞を受賞!イベント限定メニューで参戦予定!


(3)『麺屋 翔』(新宿) ※3月19日・20日出店 http://www.menya-syo.com/

 

“新宿エリア最強の塩ラーメン”と森本氏が豪語する店舗では、毎週限定ラーメンを求めて行列が。「清湯(クリア)と一口には言えないコクのある鶏スープは飲んだもの全てを魅了する。」


(4)『ラーメンダイニングJingu』(原宿) ※3月21日出店 http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13148379/

 

今や全国300名以上の会に成長した、森本氏が開催する「ラーメン女子会」の第1回開催店は、「王様のブランチ」等で躍中のラーメン研究家・石山勇人氏プロデュース。 牛の旨味がギューっと詰まった贅沢な一杯は、肉食女子にオススメ!


 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社
  4. >
  5. 全店初出店となる12店舗発表!日替わり店舗も!『ラーメン女子博’16 -Ramen girls Festival-』店舗発表!