100人に聞きました!「妊娠中のお酒」に関するアンケート結果を発表

95%の女性がアルコールは控えるべきと回答、ストレスを心配する声も・・・

ノンアルコールワインの魅力を情報発信していくWEBマガジンで、妊娠中のお酒に関するアンケート結果を公開。
株式会社湘南貿易 (本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:橋本 則夫)では、暮らしに役立つワイン生活向上を目的としたWEBマガジン(オウンドメディア)『MELLOW(メロウ)』(URL:http://wine-mellow.com)を公開しております。その中で当社が輸入販売している、革新的な製法により“ありのままの”ワインの風味や香りが楽しめるノンアルコールワインの魅力について、より多くの方に身近に感じていただける情報発信を展開中です。今回の情報発信では、「妊娠中のお酒」に関するアンケート結果を発表しました。

◆アンケート「妊娠中にお酒を飲むことに抵抗はある?ない?」
URL: http://wine-mellow.com/media/2015/10/27/32
 

 

妊婦にアルコールが良くないことは世間的には良く知られていることで、妊娠中や授乳中に飲用を控えるように促しているアルコール商品がほとんどです。アルコールは胎児の発育に悪影響を与えると言われているため、健康な赤ちゃんを産むために摂取を控えることは必要なことでしょう。しかし妊娠期間はおよそ10ヶ月あり、お酒が大好きな女性にとっては長すぎる期間のようです。少しだけなら許されるのではないかと考えたことがある人もいるのではないでしょうか。そこで全国の子供がいる女性100人にアンケートを取って、妊娠中のアルコール摂取についての意見を聞いてみました。

【質問】
妊娠中にお酒を飲むことに抵抗はある?ない?

 

【回答数】
ある:95
ない:5


◆妊娠中のアルコールは控えるべき!95%の女性が子供を最優先

アンケートの結果から95%の女性がアルコールは控えるべきだと考えていることが分かりました。

・一般的にダメと言われているのと、缶にも妊娠中・授乳中の方はお控えください。と書いてあるので、飲まなかった。早産や流産になったら嫌なので。(30代/女性/会社員)
・母子手帳にも妊娠中、授乳中の飲酒は控えるように書いてあるので。(40代/女性/自営業(個人事業主))
・お酒を飲まなかったとしても無事に生まれてくる可能性は100パーセントではないのに、敢えてリスクを負う必要はないと思うからです。(40代/女性/会社員)
・妊娠中は血液の中のアルコールがそのまま胎盤を通して胎児に摂取されると聞いたので。グラス単位で飲むことはないが、初めの一口を飲んだことはある。(30代/女性/専業主婦)

ほとんどの女性が妊娠中にはアルコールの摂取はするべきではないとの回答を選び、胎児への影響や早産、流産を懸念していることが分かりました。お酒の缶や母子手帳にも妊娠中の飲酒は控えるように促してあることも理由のようで、お酒が胎児に悪影響を及ぼすのは一般常識となっていることも窺えました。多くの女性が自分の欲求よりも子供が無事に産まれてくることを最優先に考えており、少しでも健康に産むために飲まないことを当然のように選択する傾向があるようです。

◆医者の指導のもと少しだけ‥。ストレスを溜めるのも良くない

5%の女性は飲酒をすることに抵抗がないと回答していました。

・グラス一杯程度のビールであれば、問題無いと産科の医師に言われていたので。(30代/女性/専業主婦)
・産院でいただいたお産のしおりには1日1缶(350ml?)は問題ないと書いてあったので、毎日ではないが実際に飲んだりしていた。2人出産しているが五体満足で生まれてきている。お酒よりも煙草のがよっぽど問題。(30代/女性/その他専門職)
・実際妊娠中は飲まないが、飲まない事がストレスになるなら飲んだ方がいいと思いました。(40代/女性/その他専門職)

この回答を選んだ女性も多量の摂取を認めているわけではなく、医師や産婦人科の指導の元、少しのアルコールなら摂取しても問題ないと判断しているようです。ストレスの方を心配する声もあり、少しアルコールよりも大きなストレスにより胎児や妊婦自身が悪影響と考える傾向も見られました。摂取量をきちんと守れるならお酒を飲んでも良いとする産院や医師がいることからも、妊娠中のアルコールの摂取は絶対に禁止ではないと言えそうです。

◆お酒は出来るだけ控えて!どうしても我慢できなければ医師と相談

アンケート全体の結果から、胎児を健康に育てるためや無事な出産のためにはお酒は必要ないと考える女性がほとんどであることが分かりました。その一方で適量のアルコールなら摂取しても問題ないとする医師や産科があることも分かり、実際にその指導のもとお酒を口にした女性も見られました。妊娠中のアルコールが絶対に悪いというわけではなさそうです。しかし、一口飲んでしまうと誘惑に負けたり、お酒のせいで気が大きくなって飲む量が増えてしまうことも考えられるので出来るだけ控えた方が賢明と言えるでしょう。どうしても我慢できない場合には、妊娠生活が辛いものにならないように医師に相談するのも良いかもしれません。

調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【子供】有り
調査期間:2015年9月25日~10月9日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:100サンプル


WEBマガジン(オウンドメディア)『MELLOW(メロウ)』では、カラー&ビューティー トータルアドバイザーであり、2歳女の子の母でもある筧沙奈恵さんによる、ノンアルコールワインでストレスの無いマタニティーライフに関する記事も公開しております。

◆妊婦さんも飲めるワイン!?
URL:http://wine-mellow.com/media/2015/09/29/19

【筧沙奈恵 Profile】
カラー&ビューティー トータルアドバイザー(色彩検定1級保有)
学生時代から読者モデルとして注目を浴び、雑誌・テレビ・CM・イベントなど様々なメディアで活躍。立教大学卒業後、損保会社に勤務する傍らパーソナルカラーについて学び、2012年よりフリーランスに。
現在も読者モデルとして活躍する中、学生時代に化粧品メーカーのビューティーアドバイザーに携わった経験を活かし、現在はマンツーマンレッスン講師・セミナー講師として活動。女性がファッションやメイクの中に溢れるカラーを通して、毎日を楽しく、自分に自信を持てるような提案を行う。
プライベートでは、2歳女の子の母。

■WEBマガジン(オウンドメディア)『MELLOW(メロウ)』 毎週3~4回ほど情報更新
URL:http://wine-mellow.com
1.革新的な製法によりノンアルコールワインがお食事と一緒に楽しめる特長があることから、「オリジナルレシピ」や「グルメガイド」をご紹介。もちろん、アルコールワインでもお楽しみいただけます。
2. 美容ライターや著名人などがライフスタイルにおける(意外な!?)飲用シーンをご紹介。
3. ワインエキスパートやソムリエによるワインの豆知識、アンケート発表、エンタメ動画など配信。

MELLOW(英語)の語意:[酒が]芳醇な、[人が](経験を積んで)円熟した、[口語](酒を飲んで)陽気な・一杯機嫌の。語尾のLOWは、「low calorie wine」のイメージ醸成も兼ねております。

ノンアルコールワインの特長である芳醇な味、WEBマガジンを通じてのワインに関する円熟な経験を疑似体験、皆様が陽気な気分になる情報発信を目指していく意味をタイトルに込めております。

■会社概要
株式会社湘南貿易は、「人々と感動を共有したい」という基本姿勢のもと、基軸の軟包材関連機械の輸出入のほか、ワインの輸入、リサイクル関連ビジネスを手がけています。

会社名   :株式会社湘南貿易
本社住所 : 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-15-1 東武横浜第2ビル5階
創業   : 1997年1月17日
資本金  : 1,120万円
従業員数 : 34名(エレマ・ジャパン株式会社含む)
代表者  : 代表取締役社長 橋本 則夫
URL   : http://www.shonantrading.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社湘南貿易
  4. >
  5. 100人に聞きました!「妊娠中のお酒」に関するアンケート結果を発表