YouTubeを活用した動画マーケティング支援サービスを開始 ~ 公式チャンネルの戦略策定から最適な広告出稿まで統合的にサポート ~

ソーシャルメディアマーケティング支援の株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京都港区 代表取締役社長:池田 紀行 以下 トライバルメディアハウス)は、世界最大の動画共有サイトYouTubeを活用した動画マーケティング支援サービスを開始します。ソーシャルメディアの運用支援やWebプロモーション支援で培ったノウハウを活かしながら、戦略的な動画マーケティングを支援します。

●サービス開始の経緯

総務省 情報通信政策研究所が2013年に発表した情報通信メディアに関する報告書によると、若者の1日あたりのテレビ視聴時間は10代が102分、20代が121分であるのに対し、インターネット利用時間は10代では108分、20代で112分という結果が出ています。これは、10代のインターネット利用時間とテレビ視聴時間が逆転し、20代においてもその差が拮抗してきているということです。生活の中で接触するメディアは若年層を中心にテレビからインターネットへ着実に移行しており、従来のテレビCMではリーチできない生活者層は今後、ますます拡大していくことが予想されています。

一方、2005年にサービス提供を開始したYouTubeは、現在世界1位の動画共有サイトとなり、月間10億人が利用するサービスに成長しています。国内でも最大の動画共有サイトであり、月間利用者はデスクトップ2,512万人以上、モバイル1,861万人以上となっています。(2013年7月~9月の平均値) また、YouTubeの広告システムの整備によってマーケティングの場としても進化しており、商品プロモーション・ブランドコミュニケーションを目的とした企業利用も急速に進んでいます。

そのような背景をふまえ、トライバルメディアハウスはYouTubeの動画を活用した生活者への効率的なアプローチと、中長期的なコミュニケーションの支援を開始します。

 

●YouTubeを活用した動画マーケティングとは?

① 従来型のテレビCMだけでなく、テレビ離れが進んだ層へのリーチ拡大

現在、YouTubeは広告媒体を持つウェブサイトとして、Yahoo! Japanに次ぐ媒体規模を誇ります。また、ソーシャルメディアとしても最もユーザー数の多いサービスです。そのため、テレビ離れが進んだ生活者や若年層へのリーチが可能です。また、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアと連携することでリーチをさらに拡大できます。


② 詳細にターゲティングした広告配信による高効率なアプローチ

YouTubeに投稿した動画は、動画再生前に挿入される広告枠などに配信することが可能です。ターゲティングにはYouTube視聴データに基づいたユーザーの趣味・関心、視聴デバイス、性別・年齢・地域などのデモグラフィックデータを用いることができます。そのため、従来のテレビCMでは難しかった「20代でペットに興味のある都内の女性」や「30代で映画に興味のあるモバイルユーザー」という詳細にセグメントされたユーザーにアプローチができるため、効率的な広告配信が可能です。

 

③ 中長期的なコミュニケーションによってブランドとのエンゲージメントを深める

これまでは動画のアーカイブ場所として利用されることが多かったYouTube公式チャンネルですが、現在はチャンネル登録をしたユーザーに対して動画投稿などのアップデートを継続的に届けられます。また、Google+と連携したYouTubeのコメント機能を活用することでユーザーと会話をすることもできます。これらの機能を活用することで動画を一度視聴したユーザーと中長期的なコミュニケーションを行い、エンゲージメントの向上をはかることができます。

 

図.YouTube公式チャンネルを通じた中長期的なコミュニケーションと、広告配信/ソーシャル連携によるリーチ獲得

 

●サービスメニュー

▼開設支援

・YouTube公式チャンネルの戦略策定
・YouTube公式チャンネルの開設

 

▼運用支援

・YouTube公式チャンネルの運用支援/効果測定
・YouTube公式チャンネルの運用代行
・動画コンテンツの企画・制作
・モニタリング/コメント対応
・Twitter/Facebook/Google+などソーシャルメディアの連携運用
・コーポレートサイト・ECサイトなどの自社メディア連携

 

▼広告支援

・YouTubeにおける最適な広告出稿管理
・Twitter/Facebookにおける最適な広告出稿管理
・動画DSPを通じての最適な広告出稿
・広告の効果測定

 

===========

■トライバルメディアハウス会社概要

(社名) 株式会社トライバルメディアハウス  http://www.tribalmedia.co.jp/
(本社所在地) 東京都港区赤坂二丁目17番22号 赤坂ツインタワー本館13F
(代表者) 代表取締役社長:池田 紀行
(資本金) 3,700 万円
(事業内容) ソーシャルメディアマーケティングコンサルティング事業
ソーシャルメディアリスクマネジメント支援事業
公式アカウント開設・運営支援事業
プロモーション事業
マーケティング支援ツール提供事業
(主要株主)  ネットイヤーグループ株式会社及び当社役職員

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社トライバルメディアハウス
  4. >
  5. YouTubeを活用した動画マーケティング支援サービスを開始 ~ 公式チャンネルの戦略策定から最適な広告出稿まで統合的にサポート ~