浴衣デートをしたい女性多数!女性の4割以上はお祭りなどでパートナーへの和装を希望。全体の約半数は和装に興味アリ。しかし、着付けの面倒さや動きにくさが懸念点に。

和装に関する調査

日本の伝統的な装いである『和服』。一言で和服と言っても、浴衣や振袖、袴など、その種類は多くあります。そのような和服を着ること、つまり『和装』は、日常生活から冠婚葬祭まで、現代でも様々な場面で行われております。その和装に対して、人々はどのような意識を持っているのでしょうか。
そこで今回の調査では、18~39歳の若い男女に焦点を絞り、和装に対する興味・関心や和服の所有率、和装時の不満、パートナーへの和装願望など、性別や居住地域などとの比較も行いながらその実態と意識について明らかにしました。
main image
平成26年8月18日
株式会社 クロス・マーケティング

-------------------------------

浴衣デートをしたい女性多数!
女性の4割以上はお祭りなどでパートナーへの和装を希望

全体の約半数は和装に興味アリ
しかし、着付けの面倒さや動きにくさが懸念点に

和装の魅力ポイントは、「気品」 「涼しげ」 「着慣れ感」

-和装に関する調査-

-------------------------------
◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒https://www.cross-m.co.jp/report/ws20140818/

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東圏(1都3県)・関西圏 (2府2県)に在住する18歳~39歳の男女を対象に、「和装に関する調査」を実施しました。

■調査背景・目的

日本の伝統的な装いである『和服』。一言で和服と言っても、浴衣や振袖、袴など、その種類は多くあります。そのような和服を着ること、つまり『和装』は、日常生活から冠婚葬祭まで、現代でも様々な場面で行われております。その和装に対して、人々はどのような意識を持っているのでしょうか。
そこで今回の調査では、18~39歳の若い男女に焦点を絞り、和装に対する興味・関心や和服の所有率、和装時の不満、パートナーへの和装願望など、性別や居住地域などとの比較も行いながらその実態と意識について明らかにしました。

■調査結果 (一部抜粋)

・和装をすることへの興味は、全体のうち約半数が和装をすることに興味を持っており、男性(約30%)よりも女性(約60%)の方が和装に対する興味が深い
・パートナーに和装をしてほしいかどうかでは、男性よりも女性がパートナーへの和装を期待している。特にお祭りや遊園地などへのお出かけ時での和装願望は18~24歳の女性で46%と高い。対して同年代男性の和装願望は22%と低く、男女での期待と現実の差が顕著に表れている。また、関東居住者と関西居住者とで比較をすると、関西在住者の方がパートナーへの和装願望が低い。これは、関西居住者の方が普段の生活の中で和装に対してなじみがあるために、デートなどといった日常のシーンでは和装をしてもらうことを特別だと感じにくいからだと推測される
・和装をする際に気になることは、「自分で着ることができない」「動きづらい」といった着用に関する事項が多い
・和服姿がおしゃれと感じるときは日常生活からお祭りや初詣など特別な機会まで様々。若い女性に対しておしゃれと感じている傾向が強いが、男性や年輩者に対してもおしゃれだと思う意見も多く、性別や年齢よりもその人自身が和服を着こなしているかどうかが焦点になっていると考えられる

■調査内容

□ 属性設問(性別・年齢・居住地・婚姻状況・子の有無・職業)
□ 和の習い事/趣味の経験・意向(MA)
□ 和装をすることへの興味(SA)
□ 周囲の人の和装(MA)
□ 和服に関する言葉の認知/理解 (SA)
□ 浴衣着用での祭り等への外出経験(今夏)(SA)
□ 独力での浴衣の着用可否(SA)
□ 和服の所有枚数(SA)
□ 和服の入手経路(MA)
□ シーン別の和装経験/頻度/意向(MA)
□ 和装をした(してみたい)理由(MA)
□ 浴衣着用での祭り等への外出の際の不満(FA)
□ 和装をする際に気になること(MA)
□ シーン別のパートナーへの和装願望(SA)
□ 和装をしている人に対して「おしゃれだな」と感じる場面(FA)

■調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域 : 関東圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良)
調査対象 : 18~39歳の男女
調査期間 : 2014年7月26日(土)~7月27日(日)
有効回答数 : 1,200サンプル

【会社概要】
会社名 :株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地 :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立 :2003年4月1日
代表者 :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :マーケティングリサーチ事業

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社クロス・マーケティング
  4. >
  5. 浴衣デートをしたい女性多数!女性の4割以上はお祭りなどでパートナーへの和装を希望。全体の約半数は和装に興味アリ。しかし、着付けの面倒さや動きにくさが懸念点に。