【業界初】東大も始める!スマホ学習塾が「推薦・AO入試対策模試」を実施

2016年度より東京大学でも始まる「推薦・AO入試」が昨今注目を集めています。今までは首都圏の一部予備校でのみ対策講座が設けられていましたが、この度業界初となる推薦・AO対策模試をリリースします。

無料で学べるスマホ学習塾「アオイゼミ」(https://www.aoi-zemi.com/)を運営する株式会社葵(本社:東京都新宿区、代表取締役:石井 貴基)は、株式会社Prima Pinguino(本社:東京都中央区、代表取締役:藤岡 慎二)と共同で、スマホ学習塾業界で初となる「推薦・AO入試対策模試」を実施することになりましたので、お知らせします。

特設サイトTOPイメージ

 

■実施の背景について
昨今、文部科学省を中心として大学入試制度改革に関する議論が盛んに行われています。特にセンター試験制度改革は各メディアなどでも報道されており、今後の大学入試のあり方は教育現場にとどまらず関心を集めております。

そのような背景で、現在では国公立大学・私立大学においても独自に入試制度の見直しが行われており、特に「暗記中心から思考力重視の入試制度への移行」として、推薦・AO(アドミッション・オフィス)入試※1が急速に伸びており、今や私立大学入学者の約5割が推薦・AO入試合格者となっています。また、2016年度入試から東京大学でも推薦入試を実施することが決まっており、いま注目を集めている入試制度です。

このような背景で、高等学校の教育現場にとどまらず、学習塾・予備校業界においても各社が推薦・AO入試対策に向けた取り組みを強化しておりましたが、推薦・AO入試の性質上、対面形式での指導が主流となっており、学習塾・予備校が少ない地方都市では推薦・AO入試対策が行われにくかったという現状がございました。

この度弊社運営のスマホ学習塾アオイゼミでは、推薦・AO入試対策において強い合格実績・指導経験を誇る株式会社Prima Pinguino(プリマ・ペンギーノ・旧社名:株式会社GGC)と共同で、全国どこからでも受講できる業界初※2の「推薦・AO入試対策模試」を実施することになりました。

※1:AO(アドミッションズ・オフィス)入試とは、志願者を各大学が求める学生像(アドミッション・ポリシー)に合っているかどうかや、学びへの意欲や関心、適性を重視して選考する入試。
※2:オンライン学習塾、スマホ学習塾では初。2016年1月当社調べ。


■模試の内容について
今回の模試では推薦・AO入試で求められる「志望理由書」「活動報告書」「小論文」の3つに関する模試となります。問題文は郵送または公式サイトからのダウンロードにて配布し、受験生は期間中に問題を解いて、自分の答案用紙を返送します。
その後、株式会社Prima Pinguinoの持つ独自のノウハウによって「志望理由書」「活動報告書」「小論文」の3つに対する診断を行い、総合評価によって各大学の合格判定も行います。
また、今回の模試受験者には映像授業が受講できる特典もあり、まだ推薦・AO入試についてよくわからない、または対策を本格的に行っていない高校1・2年生にとって役立つ内容となっております。

<推薦・AO入試対策模試で受講できる内容>
 【模試:3点】
 ー志望理由書・活動報告書・小論文の3つに関する模試を行い、その結果を元に診断書を送付します。
 【診断書:1枚】
 ー特設サイトにサンプルがございます。
 【解説授業動画:5点】
 ・「推薦・AO入試対策とは?」(特設サイトに掲載。誰でも無料で受講可能:約13分)
   —推薦・AO入試制度を知らない高校1・2年生に向けて、入試制度の概要を解説します。
 ・「志望理由書・活動報告書・小論文の書き方講座」(約21分)
   —模試を受ける前に志望理由書・活動報告書・小論文の書き方のポイントを解説します。
 ・「志望理由書の解説授業」(約10分)
  「小論文の解説授業」(約14分)
  「活動報告書の解説授業」(約14分)
   —模試を受けた後に、各模試の評価ポイントなどを解説する授業動画になります。

<解説授業:講師略歴>
吉家智子(きっか・ともこ) :岩手県出身。海外留学の後、飲食業や英会話業を経て、株式会社Prima Pinguino(旧社名:株式会社GGC)に入社。 高校生への推薦・AO入試対策やキャリア教育の指導や、教員への指導法講義なども実施。


■受験方法
受験にあたり、アオイゼミへの会員登録(無料)が必要となります。
アオイゼミ公式サイト、アオイゼミ公式アプリから会員登録を行っていただき、「推薦・AO入試対策模試」特設ページ(https://www.aoi-zemi.com/plan/ao_mock_exam2015)よりお申し込みください。


■「アオイゼミ」について

 

アオイゼミ(https://www.aoi-zemi.com/)は、全国の中学生/高校生20万人以上が利用する日本最大級の学習サービスです。平日19時から配信される「ライブ授業」を無料で受講できることが最大の特徴で、中学生・高校生向けの学習塾/予備校の授業を日々リアルタイムで配信しています。 

ライブ授業をリアルタイムで配信するため、オンライン上の教室に全国から毎日3,000人以上の中高生が集まります。生放送の利点を活かして、実際の教室にいるかのようにその場で講師に質問できたり、他の受講生とコミュニケーションしながら学習を進めることができます。 

 

【アオイゼミの紹介PV】 https://youtu.be/B2giaw74Igo

アオイゼミは基本無料でご利用いただけるサービスで、さらに学習したいユーザ向けに有料プラン(1ヶ月あたり900円より)の提供を行っている、フリーミアムモデルの学習塾です。


■株式会社葵について

株式会社葵ロゴ

2012年2月創業。「教育の格差をゼロにすること」をミッションに、スマホ学習塾アオイゼミの運営・開発を行っております。

コンテンツ(教材)とシステムの両方を内製している世界でも数少ない教育×ITベンチャー企業で、正社員のうち約半数は講師や教材作成といったコンテンツ開発スタッフ、残りの半数はシステム開発エンジニアという構成で成り立ち、「スマホ学習塾」という次世代の学習サービスに最適化されたコンテンツとシステムを開発しています。
2015年11月、KDDI株式会社の運営するコーポレートベンチャーキャピタルおよび、株式会

 

社マイナビ、株式会社電通デジタルホールディングスなどより総額2.8億の資金調達を実施し、ミッションの実現に向けて経営基盤を強化しております。


■株式会社Prima Pinguino(プリマ ペンギーノ)について

Prima Pinguino社ロゴ

代表取締役である藤岡 慎二が、2005年10月に教育コンサルティング企業として株式会社GGC(現・株式会社Prima Pinguino)を創業。大手通信教育企業などと協業しつつ、キャリア教育、推薦・AO推薦入試事業を中心に事業を拡大。2009年から島根県海士町にある島根県立隠岐島前高校魅力化プロジェクトに参画。全国的に知られたプロジェクトとなり、その後も大阪府立能勢高校・沖縄県久米島高校魅力化プロジェクトなど、教育からのアプローチによる地方創生事業に参画。2015年、社名を株式会社Prima Pinguinoと変更。ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士が認めるソーシャル・ビジネス企業となる。



■会社概要
会社名:株式会社 葵(英語表記:Aoi.co)
本社住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷一丁目1番地 四谷見附ビルディング6F
設立年月日:2012年3月28日
資本金:39,968万円(資本準備金含む)
代表:代表取締役社長 石井 貴基 
主な事業内容:スマホ学習塾アオイゼミの運営・開発
中高生向けコンテンツマーケティング支援
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 葵
  4. >
  5. 【業界初】東大も始める!スマホ学習塾が「推薦・AO入試対策模試」を実施