協和精工株式会社の国産腕時計「ミナセ」 3月31日開業「東急プラザ銀座」の「藤巻百貨店」リアル店舗第1号店で販売開始、限定復刻モデルも発表

精密工具メーカーとして創業した総合時計製作メーカー、協和精工株式会社(本社:秋田県雄勝郡、代表取締役社長:鈴木豪、以下、協和精工)の自社オリジナル国産腕時計ブランド「MINASE」(ミナセ)は、この度、「MINASE・藤巻百貨店限定復刻モデル」の発表及び発売を致します。

 

東急プラザ銀座「藤巻百貨店」限定復刻モデル MINASE FIVE WINDOWS VY03-K03PD

 

本製品は、3月31日に開業の新施設「東急プラザ銀座」に「藤巻百貨店」(株式会社caramoが運営)が初のリアル店舗出店を記念しての数量限定のコラボレーションモデルとなります。


藤巻百貨店は、日本をテーマにした珠玉の逸品に出合える通販サイトで、商品にまつわるストーリーや職人のこだわりを大切に、生活が豊かになる逸品を販売しています。「MINASE」はこれまでも藤巻百貨店の通販サイトでの販売実績があり、この度、設計開発から製作までを自社で行うという、クラフトマンシップにあふれた姿勢と高い技術が同店・同フロアのコンセプトに合致し、また、発信したいという思惑が共有できたことにより実現致しました。

 

「東急プラザ銀座」は銀座・数寄屋橋交差点に誕生する銀座エリア最大級の商業施設となり、「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。」というコンセプトのもと、「伝統」と「革新」を体験・体感させるテナントを集結。「藤巻百貨店」が出店する6階は、世界に誇る日本の“本物”に出会えるフロアとなっており、“こだわり”を持った本物志向な大人に向けたファッション・雑貨のマーケットです。


協和精工は、今後も、高級感や個性を大切にする男性層を中心に、夫や恋人等パートナーに特別なプレゼントを贈りたい女性層の需要も開拓していきます。

 

【藤巻百貨店 限定復刻モデルVY03-K03PD】
・人気シリーズのFIVE WINDOWSの中でもとりわけ再発売の要望の高かったVY03-K03PD ピンクゴールド色モデルを、藤巻百貨店東急プラザ銀座店オープン記念モデルとして限定復刻いたします。ステンレス316Lにイオンプレイテッドとして見事にピンクゴールド色を再現しており、質感の高い逸品としてよみがえりました。革ベルトはブラック クロコベルトとブラウン クロコベルトをご用意いたしました。

税抜価格:¥350,000 (税込価格:¥378,000)


【MINASEに関する問い合わせ先】
協和精工株式会社 担当:三木電話:04-7157-4649(MINASE専用電話回線)、
FAX:04-7147-7772、メール:miki@kyowaseiko.co.jp

 

【取扱店舗】
リアル店舗:藤巻百貨店 銀座店
住所:東京都中央区銀座5丁目2番1号 東急プラザ銀座6階 ※実際に展示品があり実物をご覧いただけます。
URL:http://fujimaki-select.com/ext/shop/ginza/index.html

オンラインストア: 藤巻百貨店 http://fujimaki-select.com/
商品ページ http://fujimaki-select.com/item/174_0007.html

 

【MINASEとは】http://www.minase-ks.co.jp/
2005年に協和精工が自社ブランドとして立ち上げた国産腕時計ブランド。設計開発から製作までを協和精工が行う。ブランド名の「MINASE」(ミナセ)は、秋田県湯沢市皆瀬のアトリエで、クラフトマンシップにあふれ製造を行う人々に敬意を表し皆瀬(みなせ)の地名からつけたもの。「第二回ものづくり日本大賞 東北経済産業局長賞」ならびに「平成20年 東北地方発明表彰 秋田県支部長賞」を受賞。
「MINASE」の大きな技術的特徴が、ザラツ研磨とMORE構造。ザラツ研磨は、卓越した研磨技術を持つ技術者のみが行うことができる研磨作業で、高級腕時計の製造に欠かせない。現在スイスの時計でもこの手法を施しているところはほとんどない。MORE構造とは、Minase Original Rebuilding Equation の頭文字を並べた造語で、「独自の再生方式」という意味。日本の組木細工にインスパイアされた、ケースやブレスレットなど外装部品を何度でも分解組立できる設計。


 現在、「MINASE」は、アヴァンギャルドとクラフトマンシップと日本的美意識が融合したHiZ(ヒズ)と、すみずみまで職人の技と手仕事が堪能できるオーセンティックなMaster Craft(マスタークラフト)の2つのシリーズを展開。

 

【協和精工とは】http://www.kyowaseiko.co.jp/
協和精工株式会社は、1963年東京で精密工具メーカーとして創業し、1973年に秋田県湯沢市に工場を設立。同社が製造する、精密微細工具、cBN工具、PCDダイヤモンド工具などは金型業界や部品加工メーカーをはじめ、軽量化が進むスマートフォン、携帯電話、そして自動車のエンジン、航空機、医療機器、注射針の穴開けなどの製造現場で普及。時計製造にもその技術力は活かされ、特にリューズ部分の穴開けに用いる特殊な段付ドリルは時計業界をはじめ広く浸透。時計のケース製造でも確固たる地位を確立し、1996年には、時計の設計開発から製作までの総合時計製作メーカーとなり、2005年「MINASE」(ミナセ)ブランドを創設。精密加工と研磨技術の融合により、世界に誇る高品位の時計を製作。日本独特の匠の技で秋田県皆瀬から世界を目指す。


商号:協和精工株式会社
設立:1963年8月
代表取締役社長:鈴木豪
本社: 〒012-1103 秋田県雄勝郡羽後町林崎字三ツ盛34-1
事業内容:精密刃工具製造販売、腕時計製造販売

 

【報道関係者問い合わせ先】
MINASE広報代理:エンカツ社 宇於崎(うおざき)、浅井
電話:03-6417-1887、FAX:03-3772-3711、携帯:080-1155-8519(宇於崎)
メール:press@enkatsu.jp

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 協和精工株式会社
  4. >
  5. 協和精工株式会社の国産腕時計「ミナセ」 3月31日開業「東急プラザ銀座」の「藤巻百貨店」リアル店舗第1号店で販売開始、限定復刻モデルも発表