東日本豪雨被災地の中高生にスマホ家庭教師mana.boを無償提供

関東地方および東北地方で発生した台風18号に伴う豪雨災害の被害に遭われた皆さまに、 心よりお見舞い申し上げます。

​株式会社マナボ(以下、当社 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三橋克仁)は、東日本豪雨により被災された地域にお住まいの中高生を対象に当社の教育サービス「スマホ家庭教師mana.bo」を無償で提供いたします。当社としては、今回の豪雨によって被災された地域の中高生が学習環境を維持できるよう応援したいと考えております。加えて、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

■対象:本人またはご家族、居住する家屋、通学している学校、利用している学習塾等が何らかの被害を受け、学習環境に悪影響を受けている方。

■提供サービス:スマホ家庭教師mana.bo 「きき放題プラン」1ヶ月間(通常 税込24,750円)相当を無償提供します。

■受付期間:2015年10月9日(金)まで

■受付方法:「スマホ家庭教師mana.bo」をスマホ、もしくはタブレットにインストール後、下記問い合わせ先までお電話にてご連絡ください。

⇒スマホ家庭教師mana.bo 運営事務局:0120-370-090

※先着順で受付致しますが、希望者多数の場合はお断りする場合もございます。

 
○スマホ家庭教師mana.boについて

「スマホ家庭教師mana.bo」は、スマートフォンアプリでどこからでも気軽に講師に質問ができる新感覚の教育サービスです。東大・早慶・医学部など難関大学の現役大学生による講師陣から、チャットや通話、ホワイトボードを使用して1対1で個別指導を受けることができます。「自宅の近くにレベルが合う塾や予備校がない」「通信教育は続かない」「部活や学校で忙しく時間がない」「分からない問題はすぐ解決したい」「志望大学や難関大学の現役大学生に勉強の相談をしたい」といった、高校生や受験生が潜在的に抱えるニーズを解消する新しい教育サービスです。

https://mana.bo/


◯株式会社マナボとは

東大・早慶・国公立・各大学医学部などの現役大学生を中心とした講師陣から、1対1の個別指導が受けられるスマートフォンアプリ「いま聞ける、すぐわかる。スマホ家庭教師 mana.bo(マナボ)」を提供しています。2013年4月にサイバーエージェント・ベンチャーズなどから総額約3,800万円の出資を受け、2014年4月からは株式会社ベネッセコーポレーションと共に「リアルタイム家庭教師」を共同で運営。2014年5~8月にベネッセホールディングスなど3社を対象とし総額約3.3億円の第三者割当増資を行いました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社マナボ
  4. >
  5. 東日本豪雨被災地の中高生にスマホ家庭教師mana.boを無償提供