Infinera Cloud Xpressの導入により、データセンター間の100GbE接続が提供されたことで最初の恩恵を享受するシンガポールの科学者

Intelligent Transport Networks製品を開発・製造するInfinera社は、シンガポールの国立スーパーコンピュータセンター(NSCC)と科学・工学・研究庁(A*STAR)がInfinera社の100ギガビットイーサネット(GbE)製品であるInfinera Cloud Xpressを採用したと発表しました。
Infinera Cloud Xpressの導入により、データセンター間の100GbE接続が提供されたことで最初の恩恵を享受するシンガポールの科学者

カリフォルニア州サニーベール、2015年11月2日発表:Intelligent Transport Networks製品を開発・製造するInfinera社は、シンガポールの国立スーパーコンピュータセンター(NSCC)と科学・工学・研究庁(A*STAR)がInfinera社の100ギガビットイーサネット(GbE)製品であるInfinera Cloud Xpressを採用したと発表しました。これにより、シンガポールのBiopolisキャンパスとFusionopolisキャンパスの2つのデータセンターが高密度で省電力のネットワークにより接続されることになります。このNSCC/A*STAR機関によるCloud Xpressの採用は、公的機関として初めての採用例となります。

A*STARは、経済的に科学発展と技術革新を推進するシンガポールの公共機関です。この機関は、BiopolisキャンパスとFusionopolisキャンパスにある18の生物医学、物理学、および工学研究施設を管理しています。A*STARは現在、数台の高性能コンピュータ(HPC)を有し、これらの管理およびデータ保存機器の管理も任されていて、そのユーザは800人にも上ります。今回弊社の100GbEのCloud Xpressの採用により、A*STARとNSCCはユーザである研究者に対して、高信頼性・高密度なアプリケーション条件を満す光ネットワークを提供することが可能になりました。

Cloud Xpressは高性能データセンター間接続に理想的で、Infineraの独自技術であるフォトニック集積回路技術を採用していて、わずか2ラック構成にもかかわらず、毎秒1テラビット(Tb/s)のデータ伝送容量(入出力)をサポートしています。Cloud Xpressは外部の回線多重化装置やアンプを必要とせずに、単一光回線上に500Gb/sの回線容量のスーパーチャンネル(波長分割多重)を提供します。今回100GbEプラットフォームの追加により、Cloud Xpress製品ファミリーは10GbE、40GbE、および100GbEインタフェースに最適化された3つのソリューションになりました。現在Cloud Xpressは業界で高い伝送容量、省電力、および省スペースのラックアンドスタック構成を提供する唯一のプラットフォームであり、これらの特徴を重視するNSCCおよびA*STARなどのお客様に最適なソリューションです。

Infineraクラウドネットワーク戦略・技術副社長のスチュー・エルビー(Stu Elby)は、次のように述べています。「当社のパートナー企業であるDimension Data社と共同で、NSCCとA*STARのデータセンター間に省電力で省スペースのソリューションを提供できたことに大変満足しています。Cloud Xpressはデータセンターのプラットフォームを意識して開発された製品で、シンガポールが特に力を入れているゲノム解析と生命情報工学の分野に大いに貢献できると思います」

Dimension Data Singapore社、専務理事、パン・キム・マン氏(Png Kim Meng)は次のように述べています。「弊社は、グローバルなIT、データ、および技術プロバイダーと共に協力して、どの製品がその事業に最適化かを特定し、それを導入することを支援します。今回の光ネットワークの導入は弊社にとって初めての経験であり、Inifinera社と協力し、お客様が現在および将来のビジネスを遂行する上で、満足していただける製品を導入できたことを光栄に思います。Infinera社のCloud Xpressは、スケール、操作上の簡単さ、および省電力を実現する強力なデータセンター相互接続ソリューションであり、絶えず拡大しているシンガポール研究機関のインフラにとって最適な組み合わせです」

Infineraは、2014年にサービスプロバイダー、インターネットコンテンツプロバイダー、インターネットエクスチェンジサービスプロバイダー、および大規模データセンターオペレータ向けにクラウドWDMソリューションであるCloud Xpress製品ファミリーを発表しました。さらに、Infineraは最近、同製品ファミリーをCloud Xpress with 100 GbE.にまで拡張しました。

 ●連絡先:
報道関係者の方々:
アンナ・ビュー(Anna Vue)
Tel:.+1 (916) 595-8157
avue@infinera.com

投資家の方々:
ジェフ・ハスティス(Jeff Hustis)
Tel:+ 1 (408) 213-7150
jhustis@infinera.com

 ●Infinera社について
Infinera社(ナスダック: INFN)はIntelligent Transport Networksをネットワーク・オペレータに提供することにより、信頼でき、操作しやすい、高容量の光ネットワークを可能にします。Infinera社の独自の大規模フォトニック集積回路は、最も過酷なネットワーク環境でも使用でき、革新的な光ネットワークソリューションを提供します。Intelligent Transport Networksは、キャリヤー、クラウド・ネットワーク・オペレータ、政府機関、および企業がそれらのデータセンター、都市(メトロ)、長距離、および海底の光ネットワークを自動化し、集中管理し、スケーリングするのを助けます。Infinera社に関してはwww.infinera.com 、Twitterの場合はTwitter@Infinera 、ブログの場合はblog.infinera.com を参照してください。

InfineraとInfineraロゴはInfinera社の登録商標です。

このプレスリリースには将来を見据えた記述だけでなく、Infinera社製品に関する特徴、機能、仕様、および要件に関する記述が含まれています。これらの記述は、結果を保証するものではなく、将来の活動および性能に関する希望的な記述を含みます。実質的な結果はこれらの希望的な記述と異なる場合もあります。Infinera社のビジネスに影響するこれらのリスク、不明確性、およびその他のリスクに関する情報はInfinera社の四半期レポート(Quarterly Report、Form 10-Q)の「危険要因に関する」および他の章に記載されております。このレポートは2015年6月27日までの第一四半期を網羅していて、SEC2015年7月31日に米国証券取引委員会に提出されております。これらのレポートは次のInfinera社のウェブサイトから入手できます、www.infinera.com 。SECに関する情報は次のウェブサイトから入手できます、www.sec.gov。また、弊社はこれらの将来志向の表現を現在は変更するつもりはありません。

以上
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. インフィネラ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. Infinera Cloud Xpressの導入により、データセンター間の100GbE接続が提供されたことで最初の恩恵を享受するシンガポールの科学者